ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年10月03日 11時45分 公開

「Tポイント」と「Vポイント」統合へ CCCとSMBCが正式発表

三井住友フィナンシャルグループ、三井住友カードとカルチュア・コンビニエンス・クラブ、CCCMKホールディングスが資本業務提携を結ぶ。両社のポイントブランド「Tポイント」と「Vポイント」を統合し、新たなポイントブランドを創出する。

[山川晶之ITmedia]

 三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)、三井住友カードとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)、CCCMKホールディングス(CCCMKHD)は10月3日、両社で資本業務提携に関し、基本合意書を締結したと発表した。両社のポイントブランド「Tポイント」と「Vポイント」を統合し、新たなポイントブランドを創出するとしている。

「Tポイント」と「Vポイント」が統合へ

 Tポイントは、名寄せ後の利用会員数が7000万人、提携店舗数15万店舗のネットワークを抱えている。Vポイントは、2020年6月に開始したSMBCグループの共通ポイント基盤。三井住友カードが発行するクレジットカードなど、SMBCグループのサービス利用で貯めたポイントを世界中のVisa加盟店で利用できるのが強みとしている。統合で、両サービスの強みを融合した新ポイントサービスを目指す。

TポイントとVポイントの強みを生かした新ポイントサービス創出へ

 資本提携として、決済・ポイント事業を共同運営するために、CCCMKHDをSMBCグループとCCCグループの共同事業会社(株式保有はCCCが6割、SMBCが4割)にする。資本業務提携は2022年12月31日までに締結する予定。

 統合後の具体的なサービスについては、両ポイントユーザーに不利益がないよう慎重に協議するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.