ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2023年03月17日 11時26分 公開

最新AI「GPT-4」利用殺到か 受付メッセージ数半減 4時間100問→50問に

話題の「GPT-4」は、ChatGPTの有料版「ChatGPT Plus」で利用できる。当初は4時間当たりの100メッセージまで受け付けていたが、50に半減した。

[岡田有花ITmedia]

 米OpenAIが3月14日(現地時間)に公開した最新の大規模言語モデル「GPT-4」が、「精度が高すぎる」と話題だ。ChatGPTの有料版「ChatGPT Plus」(月額2400円/20米ドル)で試すことができる。

 GPT-4は、4時間当たりの受付メッセージ回数に上限があり、当初は100だったが、3月17日午前10時(日本時間)時点で、50に半減している。利用する人が想定以上に多かく、回数を絞らざるを得なかったのかもしれない。

画像

 GPT-4は、従来のGPT-3/3.5より推論性能が向上している他、画像入力に対応するなどマルチモーダル化。テキストの要約やアイデア出し、プログラミングなど幅広い分野で活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.