ITmedia NEWS > 速報 >
SaaSビジネス研究所

契約管理SaaSの「Contract One」、GPT-4活用研究開始 対話で契約の検索や要約など

» 2023年04月04日 11時19分 公開
[斎藤健二ITmedia]

 Sansanは4月4日、契約書管理SaaS「Contract One」にて米OpenAIが提供するGPT-4の利用研究を開始したと発表した。APIを製品に組み込むことで、チャット形式で契約書の内容を検索したり、契約内容を要約する機能の提供を目指す。

 Contract Oneは、契約書をデータベース化しビジネスにおける資産として管理できるサービス。言語処理に長けたGPT-4を活用することで、専門知識を持たない一般のビジネスパーソンでも、契約書情報を活用できるようになると見込む。

 企業向けSaaSでのGPT系APIの利用は、入力したデータが学習に利用される可能性があり、機密情報の取り扱いに向いていなかった。しかしOpenAIのデータ利用ポリシーが3月に改訂されたことや、Microsoftが提供する「Azure OpenAI Service」ではデータが学習に利用されず、安全に利用できる環境が整備されてきたことから研究開始に至った。

 今後は日々発生するリスク情報と契約情報をひも付け、リスクの自動検知機能などへの応用も目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.