ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
SaaSビジネス研究所
インタビュー
» 2023年08月30日 15時00分 公開

バックオフィスSaaSは生成AIをどう取り入れるべきか マネーフォワードの現状と今後の課題(3/4 ページ)

[吉川大貴ITmedia]

ラグ、UI、機密情報……課題は山積み

 ただし、解決すべき課題はまだまだあると杉田さん。例えば、よりユーザーにとって価値の高い提案などができる機能を開発するには、顧客のより詳細な情報が必要になる点だ。

 「ユーザーにとって便利な機能を実現するには、会社の状況などをものすごく詳細に把握しているのがベスト。ただ、それらをAIに全部学習させるのは無理がある」(杉田さん)。まずは、同社が提供する別のソリューションと連携させることである程度解決できないか、試みを続けているという。

 もう一つはUXだ。外部のAPIを活用している都合上、テキストを入力してから反応があるまでにはラグがある。未来の予測など、より大規模なことをすればさらにラグが大きくなる可能性もある。そうすると利用が快適でなくなるので「AIの内製化など、大きな判断のポイントかなと考えている」(今井社長)という。

photo 今井義人社長

 さらに今井社長は「現状のUI・UXはあんまりイケてない」とも自己批判する。「ChatGPTもそうだが、テキストを入力する形式はやれることがたくさんある反面、(ユーザーからすれば)何をやっていいか分からず力が引き出せない。自分たちも分かりやすいのでテキスト入力から始めたが、(業界では)もっと『実は裏でAIが使われているんです』というのが増えていくのではないかと思っている。その上で『じゃあどう組み込んでいくか』が難しい」(今井社長)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.