ITmedia NEWS > 製品動向 >

「iPhone 15」シリーズ徹底比較 USB-C以外に何が変わった? 前モデルと比べてみた(3/4 ページ)

» 2023年09月13日 14時30分 公開
[山川晶之ITmedia]

無印よりもアップデートもりもり? 「iPhone 15 Pro」の進化点

 iPhone 15 Pro/Pro Maxの方を見ていこう。こちらもさまざまな部分にアップデートが入っている。

「iPhone 15 Pro/Pro Max」のスペック概要

 まず外観からだが、Appleがたびたび採用しているチタニウムをボディ素材としてチョイスした。強度を保ったまま軽量化と薄型化を達成しており、Proはシリーズ史上最軽量となる187g(14 Proは206g)、Pro Maxも221g(同240g)を実現している。サイドフレームは、前モデルで採用していたステンレススチールのきらびやかな光沢ではなく、チタニウムと特殊コーティングを施した鈍い光沢がうかがえる。なお、チタニウムボディは、昨今の「修理する権利」の流れを受けてか、バックパネルが交換しやすい構造に見直されているという。

分解しやすい構造に見直されている

 インタフェースは、無印/Plusと同じくUSB-Cを採用しているが、Pro/Pro Maxは最大10Gbpsの転送速度をほこるUSB 3をサポートした。15/Plusだけでなく、14 Pro/Pro Maxと比べても最大20倍速くデータ転送できる。2世代前からProRes撮影を実装したりと年々動画機能を強化しているProシリーズだが、肝心のデータを取り出す際にUSB 2仕様のLightningが障壁となり、ユーザーからも不満が上がっていた。今回USB 3をサポートすることで、この辺のボトルネックがようやく解消されることになる。

USB-Cポートは最大10Gbps仕様

 また、サイドにあった着信/サイレントスイッチがアクションボタンに置き換えられている。消音モードや集中モード、カメラ、フラッシュライト、ボイスメモ、翻訳、ショートカットなどさまざまな機能を一発で呼び出すことができる。

着信/サイレントスイッチはアクションボタンに置き換わった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.