ITmedia NEWS >
ニュース
» 2024年02月08日 20時13分 公開

家電の運転データから症状を診断する機能、日立がスマホアプリに追加 修理依頼も

日立GLSは8日、家電ユーザー向けスマートフォンアプリ「ハピネスアップ」に、ネット対応家電の診断機能を追加すると発表した。

[ITmedia]

 日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS)は2月8日、家電ユーザー向けスマートフォンアプリ「ハピネスアップ」(iOS、Android)に、ネット対応家電の診断機能を追加すると発表した。ダウンロードは無料。

ネット対応家電の運転データを分析した解決のヒントを表示する

 アプリに登録済みの冷蔵庫や洗濯機を選択し、症状の事例一覧から気になるものを選ぶと、運転データを使った診断を行い、解決につながるヒントや長く使うためのメンテナンス方法を表示する。メーカーへの問い合わせや修理依頼も行える。

 家電のソフトウェア更新の案内や、修理部品の保有期限に関する告知を受信する機能も追加した。ただし実際のソフトウェア更新は各家電の専用アプリを起動する必要がある。

家電のソフトウェア更新の案内や、修理部品の保有期限に関する告知を受信する機能もある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.