ITmedia NEWS >

テック・イン・ワンダーランド

老若男女の笑顔があふれるテーマパーク。その裏側には、AR/VR、ビッグデータ分析など来園者をもてなす最新テクノロジーの数々が隠れています。人々を魅了するエンターテインメントは、どのようにして創られているのでしょうか。

テック・イン・ワンダーランド:

2019年に米ディズニーランドにオープンしたテーマエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。ここでは、ゲストのスマートフォンを使い、行列ゼロを実現している。ディズニーの大ファンであるITジャーナリストの宮田健氏が、その仕組みと魅力を徹底解説する。

【宮田健 , ITmedia】()
テック・イン・ワンダーランド:

世界のテーマパークではVRを活用したアトラクションが増えてきている。しかし、VRアトラクションを定着させることは難しい?

【宮田健 , ITmedia】()
テック・イン・ワンダーランド:

ディズニーのテーマパークには、来園者の視線を強制的に誘導する仕掛けが多数隠れている。「言われなければ全く気が付かない」レベルの技術を解説。

【宮田健 , ITmedia】()
テック・イン・ワンダーランド:

USJが新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」に、スマホ連携するリストバンドを導入すると発表しました。こうしたウェアラブル端末の導入は、テーマパークをどう変えるのか。ディズニーの先行事例から探っていきましょう。

【宮田健 , ITmedia】()
新連載 テック・イン・ワンダーランド:

トヨタ自動車が静岡県に実験都市を建設する──筆者は、そんな報道に少し既視感を覚えました。いまから50年以上前、ウォルト・ディズニーが「EPCOT」という計画を打ち出していたのです。

【宮田健 , ITmedia】()