スマートエネルギーWeek 2019 特集
ニュース
» 2019年02月28日 09時00分 公開

スマートエネルギーWeek2019:太陽光発電の注目技術「MLPE」、オムロンとSolarEdgeが国内展開で協業

オムロンとSolarEdge Technologiesが日本国内における太陽光発電向け製品の販売で協業。2019年夏からオムロンが低圧案件向けに、SolarEdge Technologiesの単相パワーコンディショナーとパワーオプティマイザーの提供を開始する。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 オムロンとSolarEdge Technologies(イスラエル、以下ソーラーエッジ)は2019年2月27日、日本国内における太陽光発電向け製品の販売で協業すると発表した。2019年夏からオムロンが低圧案件向けに、ソーラーエッジの総代理店として単相パワーコンディショナーとパワーオプティマイザーの提供を開始する。

 ソーラーエッジはイスラエルに本社を構える企業で、強みとするのが「MLPE(Module Lebel Power Electronics)」だ。MLPEは太陽光パネル1枚もしくは2枚ごとに制御・最適化を行う製品・技術。例えばこのMLPEに含まれる同社のパワーオプティマイザーは、MPPT(最大電力点)制御と、DC/DC変換器の機能を備えており、太陽光パネルの裏面に取り付けることで、パネルごとに最大電力点で出力(MPPT制御)が行える。

 通常の太陽光発電では、影などの影響で出力が低下している太陽光パネルがあった場合、パワーコンディショナー側で出力の低いパネルに合わせてMPPT制御が行われる。その際、高出力が可能な太陽光パネルの発電能力も抑えられてしまい、発電ロスが生まれてしまう。パワーオプティマイザーを導入すれば、こうした発電ロスを軽減でき、影のかかる場所や斜面など、従来導入が難しいとされていた場所にも太陽光発電所を設置しやすくなるという。

 オムロンは今回の協業により、日本国内でソーラーエッジのJET認証を受けた単相パワーコンディショナーと、パワーオプティマイザーの販売を行う。なお、ソーラーエッジの単相パワーコンディショナーの日本国内における独占販売権を取得したのは、オムロンが初という。

ソーラーエッジの「パワーオプティマイザー」
オムロンが展開するソーラーエッジの単相パワーコンディショナー(5.5kW)。住宅向けモデルの展開も検討中だという

 今回の協業について、オムロン 執行役員 環境事業本部の立石泰輔氏は「オムロンのパワコンのルーツが電力系統向けの保護継電器にあるように、われわれは交流(AC)側のオリジナル技術に強みがある。一方、今後国内のエネルギー市場では蓄電池などの活用にも注目が集まっており、ソーラーエッジの強みであるDC(直流)側の技術も重要になってくる。こうした両社の強みや製品を組み合わせることで、幅広いソリューション提案ができるようになる。同社の商品というは非常にフレキシブルに設置できるかつ、発電量の向上という高い価値を提供できる。そういった点をきっちりと訴求していきたい」と話す。FIT制度下にある太陽光発電だけでなく、自家消費向けも含め、幅広く提案を進める方針だ。

 一方、ソーラーエッジのVP Global Salesを務めるZivi Lando氏は「日本市場に参入するに当たり、まず提携先として思い浮かんだのがオムロンだった。われわれの持つ技術の価値を理解してくれるテクノロジー企業であり、サービス提供においてもプレゼンスがある。両社が協力すれば日本の太陽光発電市場で成功できると考えている」と語っている。

オムロン 執行役員 環境事業本部の立石泰輔氏(左)とSolarEdge Technologies VP Global SalesのZivi Lando氏(右)記者会見を開いた「スマートエネルギーWeek2019」の会場にて

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.