ニュース
» 2019年09月17日 07時00分 公開

蓄電・発電機器:需要広がる定置用蓄電池、世界出荷量は2025年までに7倍以上に拡大か

矢野経済研究所は、定置用蓄電池の世界市場の調査結果を発表した。2025年のESSの世界出荷容量を2018年比で約7.1倍の6万9892MWhと予測している。

[スマートジャパン]

 矢野経済研究所は2019年8月30日、定置用蓄電池(Energy Storage System、以下ESS)世界市場の調査結果を発表した。2025年のESSの世界出荷容量を2018年比で約7.1倍の6万9892MWhと予測している。

 同調査によると、2018年のESS世界市場は前年比265.5%の9909MWhとなった。従来のバックアップ電源用途に加えて、再生可能エネルギーの導入の増加に伴った電力系統の安定化対策、電力の安定供給対策、大口ユーザーの自家消費電力用途がけん引した。

 矢野経済研究所は、平均すると電力料金が上昇する傾向にあること、FIT買い取り価格が下落することで余剰電力の自家消費につながること、電力の安定供給のための需要などが拡大することなどから、今後のESS市場の高成長を予測している。2025年のESS世界出荷容量6万9892MWh(予測)のうち、住宅用ESS世界市場規模はメーカー出荷容量ベースで1万1943MWhと予測した。

photo 定置用蓄電池(Energy Storage System)の設置先別世界市場規模推移・予測 出典:矢野経済研究所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.