ニュース
» 2020年06月02日 07時00分 公開

太陽電池:期待のペロブスカイト太陽電池を開発、三菱マテリアルが京大発ベンチャーに出資

三菱マテリアルは、次世代太陽電池として注目のペロブスカイト太陽電池の開発を手掛ける京都大学発のスタートアップ企業エネコートテクノロジーズに出資した。

[スマートジャパン]

 三菱マテリアルは2020年5月20日、MMCイノベーション投資事業有限責任組合を通じて、ペロブスカイト太陽電池の製品化を目指す、京都大学発のスタートアップ企業であるエネコートテクノロジーズへ出資したと発表した。

 ペロブスカイト太陽電池は、ペロブスカイト結晶の層などを基板に塗布して形成する太陽電池である。結晶シリコン太陽電池よりも軽量で厚みを約100分の1にできるほか、折り曲げて多様な場所に設置できるため、次世代の太陽電池として普及が期待されている。

ペロブスカイト太陽電池の構造 出典:エネコートテクノロジーズ

 エネコートテクノロジーズでは、現在、より高い発電効率と耐久性を併せ持つペロブスカイト太陽電池の開発に取り組む一方、同太陽電池に含まれる鉛を代替材料に置き換える、鉛フリーの太陽電池の開発も進めている。

 三菱マテリアルは、エネコートテクノロジーズへ出資するとともに、ペロブスカイト太陽電池の耐久性の向上に貢献する技術や鉛フリー化に必要な周辺材料などの開発に関して協業していくことで、環境負荷低減を考慮したモノづくりの徹底に取り組んでいく。

 なお、MMCイノベーション投資事業有限責任組合は、三菱マテリアルが2019年3月1日に日本材料技研の100%子会社であるJMTCキャピタル合同会社と共同で設立した、材料技術を有するベンチャー企業を投資対象とするコーポレート・ベンチャーファンドである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.