ニュース
» 2020年08月04日 07時00分 公開

太陽光:パナソニックと中国GSソーラー、協業契約が破談に

パナソニックが中国の太陽光パネルメーカーであるGSソーラーとの太陽電池事業における協業契約を解消すると発表。GSソーラーが契約で定めた期限を超え、さらに新型コロナウイルスによる影響を考慮した期間を過ぎても、協業開始に必要な要件を満たさなかったためとしている。

[スマートジャパン]

 パナソニックは2020年7月30日、中国の太陽光パネルメーカーであるGSソーラーとの太陽電池事業における協業契約を解消すると発表した。GSソーラーが契約で定めた期限を超え、さらに新型コロナウイルスによる影響を考慮した期間を過ぎても、協業開始に必要な要件を満たさなかったためとしている。

 パナソニックとGSソーラーは、ともにヘテロ接合型太陽電池の開発を手掛けている。そこでお互いの技術や生産ノウハウを有効活用し、より高付加価値なヘテロ接合型太陽電池などの開発を進めることを目的に、2019年5月に協業を発表していた。具体的にはGSソーラーと太陽電池の研究開発機能を分離して新会社を設立し、共同で出資・運営するとともに、ソーラー事業の子会社であるSun Everywhere(旧パナソニック エナジー マレーシア)を譲渡する計画としていた。

 今回の契約解消についてパナソニックは、GSソーラーが契約で定めた期限を超え、さらに新型コロナウイルス感染症による影響を考慮した期間を過ぎてもなお、協業開始の要件を満たさなかったためとしている。

 パナソニックでは今後、当社は新たな協業先との提携を含めたさまざまな手段を検討し、太陽光発電システムとHEMS、蓄電池などを組み合わせたエネルギーソリューション事業を強化し、ソーラー事業の2022年度の黒字化を目指す方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.