ニュース
» 2020年11月09日 11時00分 公開

エネルギー管理:水素を「仮想発電所」で利用可能に、竹中工務店がVPP制御システムを開発

竹中工務店は、水素エネルギーを活用できる新たなVPP制御システムを開発し、実証実験を実施した。同社のVPP制御システムは、以前より太陽光発電や蓄電池、発電機などの電源リソースに対応しており、今回水素エネルギーが新たに加わっている。

[スマートジャパン]

 竹中工務店は2020年10月28日、水素エネルギーを活用できる新たなVPP(バーチャルパワープラント)制御システムを開発し、実証実験を実施したと発表した。

 同社は以前から、太陽光発電や蓄電池、発電機、電気自動車など複数の電源リソースを統合制御し、VPP機能も構築できるエネルギーマネジメントシステム「I.SEM」を開発している。今回これにあ新たに水素エネルギーシステムを電源リソースとして追加した。

VPPシステムの構成 「VPPシステムの構成 出典:竹中工務店

 同社は経済産業省の「平成31年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」に参画し、東京都江東区のTAK新砂ビルにて同システムの実証実験を実施した。需給調整市場にて求められる制御スピードや正確性を満たすことが確認されている。

VPP制御システムの実証結果 VPP制御システムの実証結果 出典:竹中工務店

 従来のI.SEMでは、電力会社やアグリゲーターからの要求に従って目標値が設定され、30分間の電力量を目標値以下とすべく制御されていた。今回のシステムでは、需給調整市場のルールにのっとり、1分ごとに受電電力を目標値の±10%以内に制御する。

 同社は今後も、水素エネルギーをはじめとしたさまざまな電源リソースを活用したソリューション開発を推進する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.