ニュース
» 2021年06月30日 06時00分 公開

太陽光は縮小し風力発電が拡大――再エネ設備市場は2035年に大きな構造変化も自然エネルギー(1/2 ページ)

富士経済が再生可能エネルギー発電システムの国内市場に関する調査結果を発表。2035年に再生可能エネルギー発電システム市場は1兆7651億円になるとの予測を発表した。これは2020年度の市場規模見込み1兆7986億円から微減となる予測だ。

[スマートジャパン]

 富士経済は2021年6月24日、再生可能エネルギー発電システムの国内市場に関する調査結果を発表した。それによると、同市場は2035年に再生可能エネルギー発電システム市場は1兆7651億円になるとの予測を発表した。2020年度の市場規模見込み1兆7986億円から微減となる予測だ。

再生可能エネルギー発電システム市場の推移予測 出典:富士経済

 太陽光発電システムは2014年度に導入ピークを迎え、以降は縮小が続く。2020年度は、2020年度は新型コロナウイルスの影響を受け、前年度比11.8%減の1兆7651億円の見込みで、再エネ全体の約75%を占める。2025年度までにFIT事業認定案件の導入はほぼなくなるが、以降は非FITやFIT(Feed in Premium)による導入が進む。しかし、導入コストの急速な下落により、2035年度には2020年度見込比6割弱まで市場規模が縮小すると予測した。

 一方で今後大きな成長を見込んでいるのが、風力発電市場だ。FIT案件の稼働が本格化し、2020年度の市場規模は前年度比1.2%増の1781億円と予測。ただし今後は、大型の環境アセスメント手続きが終了した陸上風力案件の他、洋上風力の着工が2022年度から2023年度にかけて本格的に立ち上がるため、2025年度以降は洋上風力が市場を牽引していくと予想。2035年度の市場規模は、2020年度見込比4倍以上に拡大するとしている。

 こうした背景から、太陽光発電システムの減少分を風力発電システムがカバーする形となり、2035年度の市場は2020年度見込比微減となる1兆7651億円と予想。また、太陽光発電システム以外の再エネ発電システムが市場の6割近くを占め、FIT開始以降、太陽光発電システムがけん引してきた再エネ市場の構造が大きく変容するとしている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.