ニュース
» 2021年10月28日 14時30分 公開

船が排出するCO2を純度99.9%で回収、洋上でのCO2回収実証に成功省エネ機器

三菱造船、川崎汽船、日本海事協会らは2021年10月20日、洋上用CO2回収装置の検証プロジェクトで開発したでもプラントにおいて、船舶エンジンからのCO2の回収純度99.9%以上を達成したと発表した。

[スマートジャパン]

 三菱造船、川崎汽船、日本海事協会らは2021年10月20日、洋上用CO2回収装置の検証プロジェクトで開発したでもプラントにおいて、船舶エンジンからのCO2の回収純度99.9%以上を達成したと発表した。

 このプロジェクト「CC-Ocean(Carbon Capture on the Ocean project)」は、石炭運搬船などの船舶のエンジンから排出されるCO2の分離回収技術の開発を目指したもの。陸上プラント用のCO2回収装置を転用し、その上で洋上システムに求められる小型化など、求められる仕様要件の策定を目的としている。

実証で利用したCO2回収装置 出典:川崎汽船

 今回、川崎汽船が運航するの東北電力向けの石炭運搬船 「CORONA UTILITY」に対し、CO2回収用の小型デモプラントを搭載した。その後、同船のエンジンの排ガスからCO2を分離・回収した結果、回収CO2純度が99.9%以上と計画通りの性能を達成したという。

 このプロジェクトは2021年の8月上旬にCO2回収小型デモプラントを搭載後、三菱造船の専門技師が同乗し、プラントの運転、メンテナンス、本船乗組員への機器の操作訓練に加え、排ガス及び分離・回収したCO2の計測・分析、評価などを実施した、9月中旬からは同船乗組員がプラントの運転、計測、及びメンテナンスを実施しており、引続き安全性、操作性の評価を蓄積していく事で、今後の商用実機へ向けての課題整理、研究開発に取り組むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.