キーワードを探す
検索

「アルゴリズム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

AIスタートアップのSakana AIは、LLMによって発見、記述された新しい選好最適化アルゴリズムである「DiscoPOP」を発表した。「DiscoPOPの研究は、AIの自己改良プロセスを実現するために最新のAIを利用するアプローチが大きな可能性を持つことを示している」と述べている。

()

LLMの「忠実さ」を向上させるための学習で使う「インストラクションデータ」はこれまで人力で作られてきたが、この作業を自動生成するアルゴリズム「Evol-Instruct」が注目を集めている。ビジネス視点からメリットを解説します。

()

Instagramは、クリエイターの収益を守る取り組みの一環として、他のユーザーのコンテンツを再投稿するいわゆるアグリゲーターの投稿が「おすすめ」に表示された場合、オリジナルに置き換えると発表した。また、パクリ常習者のコンテンツは「おすすめ」から削除する。

()

東芝は、量子コンピューティング技術を基に、5G通信の特徴とされる1ms以下の低遅延の実現に求められるリソース制御アルゴリズムを開発したと発表した。同社の「シミュレーテッド分岐マシン」を用いて開発されたもので、1ms以下の低遅延で求められる0.5ms以下での20端末のリソース割り当てを行うことに世界で初めて成功したという。

()

用語「BM25」について説明。各文書中の各単語の重要性をバランスよく評価する尺度で、主に検索クエリに最も一致する文書を特定するのに用いられる。キーワード検索以外にも、類似文書の検索やレコメンデーションにも活用できる。計算式は「(ある単語の文書間でのレア度)×(ある文書における、ある単語の出現頻度、の正規化された値)」で、正規化するための調整パラメーターを持つ、tf-idfの発展版と見なせる。

()

東北大学と米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校らの研究チームは、確率的なアルゴリズムを効率よく実行でき、製造も比較的容易な「近未来版の確率論的コンピュータ」を開発、その動作を検証した。「最終形態の確率論的コンピュータ」では、現行の半導体コンピュータに比べ、面積を約4桁、エネルギー消費を3桁、それぞれ削減できることを確認した。

()

PFUは、廃棄物の分別を自動化する「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの第1弾として、ビンの色選別を自動化する「Raptor VISION BOTTLE」の提供を開始する。世界シェアトップのイメージスキャナー開発で培った独自アルゴリズムによる99.8%という高い認識精度が最大の特徴だ。

()

2016年の米大統領選で問題とされたFacebookなどのソーシャルプラットフォームの「エコーチェンバー」問題は、アルゴリズムを排除しても解決できないという複数の論文が公開された。これらの論文はMetaの協力により、多数のユーザーデータの分析に基づいたものだ。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る