キーワードを探す
検索

「ハッキング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

兵庫や大阪などで高級車195台(10億3000万円相当)を盗んだとして、兵庫県警捜査3課が窃盗などの疑いで、男子2人を逮捕、送検していたことが分かった。2人は特殊な端末を車に接続して制御システムをハッキングし、エンジンを始動させる手口を利用。この手口の摘発は、全国で初めてという。

()

イスラエル企業が犯罪者追跡のために開発したスパイウェア「ペガサス」が、世界各国の政府関係者や記者、人権活動家ら多数へのハッキングに不正使用されていた可能性が浮上し、国際的な問題になっている。

()

【台北=矢板明夫】台湾の政治家や当局高官ら100人以上の無料通信アプリ「LINE(ライン)」の個人アカウントがハッキングされていたことが29日までに明らかになった。複数の台湾メディアが伝えた。被害者のアカウントに保存されていた一部の通信情報が流出した恐れがあるという。捜査当局は機密情報の窃取を狙った可能性もあるとみて捜査を開始した。

()

IDaaS基盤の「Auth0」に新機能「アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)」が追加され、セキュリティが強化された。リスクを伴うと判断されたログイン時にのみ適用されるコンテキストベースのセキュリティにより、ユーザー体験を維持しながら、ハッキングやデータ漏えいの脅威を軽減できる。

()

Apple公式やビル・ゲイツ氏など、多数の認証済みアカウントが乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートを投稿した問題について、FBIが捜査に乗り出したとReutersが報じた。Twitterは24時間体制で調査中として経過をツイートで報告している。

()

組み込みシステムの多くがIoT(モノのインターネット)に移行し、ハッキング攻撃やマルウェアの脅威にさらされるようになりセキュアなストレージの必要性が高まっている。そうした中で、メモリ容量を気にすることなく、高性能な暗号化処理やその他の重要な機能をセキュアに実装できる新しいセキュアフラッシュについて紹介する。

()

サイバーセキュリティツールベンダーのPortSwiggerは、2019年の新しいWebハッキング技術についてトップ10を発表した。Googleの検索ボックスだけを使うといった全く新しい攻撃手法はもちろん、既存の複数の手法を組み合わせて新たな攻撃を作り上げたものなど、「価値ある」攻撃手法を取り上げた。

()

仮想通貨を取引所のプラットフォーム上で保管しない方がいい。米仮想通貨取引所Krakenのジェシー・パウエルCEOが改めてこう警告した。インターネットに接続されているアプリケーションやプラットフォームはハッキングされる可能性を排除しきれないという。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る