キーワードを探す
検索

「小説・詩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2020年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第6回は「ブレードランナー」だ。

()

LINEの小説アプリ「LINEノベル」が1年でサービスを終了することになった。漫画配信アプリのような作品公開の仕組みが受け入れられず、思うように収益が上がらなかった。小説アプリの成功にはスマホ小説専門の作家が育てられるか否かがカギになりそうだ。

()

 ユーザーが自由に小説を投稿でき、有名作家の作品も読める−。無料通信アプリLINE(ライン)が昨夏スタートさせた小説アプリ「LINEノベル」が8月末でサービスを終了することになった。漫画アプリの“小説版”を目指してきたが、漫画の手法が既存の小説の配信にはなじまず、利用者数が伸び悩んだようだ。一方、出版界は新たな読者層の開拓につながる小説アプリの登場に期待を寄せている。LINEノベルの挑戦を受け継ぐ「次なるアプリ」の成功のカギはどこにあるのか? (文化部 篠原那美)

()

 フリマアプリを運営するメルカリが公式ツイッターで、伊坂幸太郎さんら有名作家10人による「モノ」をテーマにした短編小説を無料配信し、人気を集めている。4月下旬から毎週1作品ずつ公開し、6月30日に最後の作品が配信された。出版社を介さず、IT企業が小説を配信する新たな取り組みに、専門家は「本が売れない時代に、物語の面白さを幅広い層に伝える取り組みだ」としている。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る