キーワードを探す
検索

「仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

ワイヤレスジャパン 2021にて、NTTドコモの谷直樹氏が「社会・産業のデジタル変革を加速する5Gの進化」と題して講演を行った。5G通信を安定させるためには、有線区間での低遅延や仮想化、無線アクセスネットワークのオープン化が重要になる。6Gに向けては、カバレッジの拡張、さまざまな産業向けの低遅延、高信頼通信は短期的な課題と認識している。

()

IoT/クラウドロボティクス時代のシステム開発を加速化する仮想環境の活用について解説する本連載。第1回は、IoTのシステム開発/サービス構築の難しさや、その原因になっているIT分野と組み込み分野の相克について紹介する。

()

目まぐるしく移り変わる業務ニーズや市場変化に対応するためには、高性能で柔軟性の高いITインフラが求められる。ケーブルテレビ事業者のJ:COMが取り組んだ全社仮想化基盤の再構築事例から、先進的なインフラ環境を構築する方法を探る。

()

DXを推進するためにはエンドポイントからデータセンター、クラウドサービスまでをつなぐデータの流れをどう設計するかが重要だ。Equinixが提唱するアーキテクチャとそれをシンプルに実現するための新しいサービスとはどのようなものか。

()

仮想化アプリケーションが幅広く活用される中、ストレージには単に仮想化機能をサポートするだけでなく、VMware vSphereのような主要な仮想化テクノロジーとの統合機能が求められる。次世代ストレージはこのニーズにどう対応しているのか。

()

ストレージ刷新に当たりデータ移行は重要なポイントとなるが、その成功にはネイティブな機能やツールの理解が欠かせない。そこで定番製品を取り上げ、仮想環境の移行やブロックデータの移行などケースごとに、注意点や注目技術を解説する。

()

東京大学と早稲田大学、富士通および、日立製作所の4機関は、開発した「有無線ネットワーク仮想化の自動制御技術」に関する実証実験を行い、無線周波数の利用効率を大幅に向上できることを確認した。今後、プライベートLTEやローカル5Gなど、IoTに関わる広範な分野への適用を目指す。

()

AIなど最新技術の導入、基幹システムの脱・レガシーなどを実現するにはITインフラの進化が欠かせない。その現実解となり得るハイブリッドクラウドを無理なく実現する手段として注目したいのが、データセンターを段階的に仮想化する方法だ。

()

「プライベート5G」はスライシングという仮想化技術を使って企業専用の5Gネットワークをサービスとして提供するものだ。すでにKDDIが2020年12月からプライベート5Gの先取りともいえるサービスを提供している。コストと運用面の壁が高い「ローカル5G」よりもメリットが大きい。

()

情報系システムや仮想デスクトップ環境を仮想化基盤で自社運用していた札幌中央信用組合。拡張性の不足や管理/メンテナンスの複雑化、コストの増大といった課題を抱える中、解決策として選ばれたのがHCIだった。その理由と導入効果とは?

()

5G(第5世代移動通信)における無線アクセスネットワーク(RAN)の変革と仮想化は、オープン化されたRAN(Open RAN)によって可能となる。ネットワーク事業者に大きなチャンスをもたらす一方で、テストエンジニアには新たな課題も生じ、また無線エンジニアはOpen RANに関して多くの疑問を抱えている。本稿では、無線通信業界でOpen RANが必要とされる理由、機能の仕組み、そしてどのような課題があるのかを説明する。

()

シトリックスは、日本国内の専用環境で提供するクラウドサービス「Citrix Cloud Japan」を開始した。政府の情報セキュリティ基準「ISMAP」準拠を見据えた高セキュリティ、高可用性を備える。併せて、同クラウド上で利用できる仮想化アプリケーション/デスクトップのSaaSサービスも提供する。

()

自動運転システムや次世代AD/ADASの開発において、映像データや実走行での検証のみでは限界があると言われている。そのためには3D CGを活用した仮想環境を用いてシミュレーションをフル活用するには3D CGのノウハウだけでなく、車載ソフトウェア開発の知見との融合が欠かせない。

()

ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第1弾は、「Windows Serverとネットワーク仮想化技術」を深掘りする。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る