キーワードを探す
検索

「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

コロナ過から1年、米ハイテク大手グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの2021年1-3月期の決算が出そろった。ロックダウンやリモートワークに伴うオンライン活動の活発化に伴い、各社ともに好調な決算となった。

()

GoogleはAIと機械学習を利用した統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」プラットフォームと、これに基づく住宅ローンドキュメント処理の高速化ソリューション、大規模な調達関連データ収集処理の自動化ソリューションの一般提供をGoogle Cloudで開始した。

()

Google ChromeのブラウザペインにURLをドロップすると、新しいタブが開いてWebページが表示される。これは、「新しいタブページ」の場合も同様だ。そのため、不要な「新しいタブページ」を後から閉じなければならず、少々面倒である。そこで、現在開いているタブでWebページを表示する方法を紹介しよう。また、主なWebブラウザのURLをドロップした際の挙動についても調べてみた。

()

家系ラーメン町田商店グループを展開するギフトは、Googleマップの店舗情報を管理するため、Googleマイビジネス一元管理ツールのCanly(カンリー)を導入する。Canlyの導入によって、Googleマップ上の各店舗の情報管理が可能となり、消費者に正しい店舗情報を伝えることができる。

()

Googleが、日本における「Google Play」の取り組みに関する説明会を開催した。その中でセキュリティに関する話もあったが、AppleはiOS 14の次のアップデートで「トラッキング」の許諾をユーザーに求めることを義務化する。これからのスマホアプリは“何を”情報として取得するのか透明化を求められそうだ。

()

これまで、個人アカウント向けの「バックアップと同期」と主に企業アカウント向けの「ドライブファイルストリーム」と2つに分かれていたGoogleドライブのクライアントソフトウェアが、「パソコン版Googleドライブ」に統一される。そこで、現在提供されている「パソコン版Googleドライブ」の使い方を紹介しよう。

()

Alphabet傘下、Google系列の自動運転企業Waymoを5年半率いてきたジョン・クラフシックCEOが辞任を発表した。後任は、立ち上げ当初からのベテランでCTO(最高技術責任者)と4年前に入社したCOO(最高執行責任者)が共同CEOになる。

()

Wordの文書ファイルに変更履歴やコメントを付けて回覧するケースも多い。利用頻度が低い場合でも、こうした用途のためにOfficeのライセンスを購入して、Wordをインストールしなければならないのは少しもったいない。実は、Googleが無料で提供しているGoogleドキュメントを使えば、Wordの文書ファイル(DOCXファイル)に変更履歴やコメントを付けることができる。その方法を紹介しよう。

()

GitHubは複数の脆弱性攻撃を組み合わせることで、カーネルコードの実行に至る実験に成功したことを発表した。Androidシステムコンポーネントのさまざまな脆弱性攻撃を組み合わせて、「Google Chrome」ブラウザのエクスプロイトから権限昇格へ、さらにAndroidデバイス上でのカーネルコード実行へと進んだ。

()

京都大学の熊谷誠慈氏らの研究グループは、現代人の悩みや社会課題に対して仏教的観点から回答するAI「ブッダボット」を開発した。Googleの自然言語処理モデル「BERT」を活用し、最古の仏教経典「スッタニパータ」を機械学習した。

()

2019年の発表当初は「Surface Neoに搭載される2画面デバイスに最適化されたOS■」という触れ込みだったWindows 10Xだったが、その役割も変わるようだ。そこには、GoogleのChromebookが大きく影響しているという。

()

Googleが3月23日(日本時間)に配信した「Android System WebView」「Chrome(Android版)」が原因で、Android向けの一部アプリに不具合が発生している。同日夕方に配信されたWebView/Chromeの最新版に更新することで、この不具合は解消される。

()

ソフトウェアを常に最新の状態に保っていてもゼロデイの脆弱性を狙ったサイバー攻撃は防御し切れない。2020年は少なくとも1年間で11のゼロデイ脆弱性がサイバー攻撃者に使われたことが明らかになった。複数のゼロデイ脆弱性を組み合わせた攻撃も見つかっているという。

()

 【ワシントン=塩原永久】米グーグルは16日、同社のアプリ市場「グーグルプレイ」に出品する事業者から徴収している手数料について、年間売上高100万ドル(約1億900万円)までは、従来の半分の15%に引き下げると発表した。7月1日から適用する。

()

平井卓也デジタル改革大臣は接触確認アプリ「COCOA」の開発会社について、新たに公募した上で現在の多重下請け構造を解消したい考えを示した。米Appleと米Googleの共通規格である「暴露通知API」の最新版にCOCOAが対応していない件についても、新体制の下「非常に重要なテーマ」として対応を検討するとしている。

()

Googleは機械学習に対応したモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせてSelfie Segmentation API β版のML Kitへの追加と、ML Kitに含まれるPose Detection API β版の機能強化も発表した。モバイルアプリケーション開発者が視覚処理と自然言語処理に関する機械学習を利用しやすくなる。

()

LINE PayはApple PayおよびGoogle Payを使った支払いで、利用額の50%を還元するキャンペーンを発表した。期間は3月15日から4月23日まで。100円以上の支払いが対象で、還元上限額は1000円。iD決済だけでなくオンライン支払いも対象とする。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る