ニュース
» 2008年12月15日 06時13分 UPDATE

2008年IT業界の10大ニュース

IT業界の2008年はエキサイティングな年だった。Web2.0からWeb3.0への移り変わりが近づく2009年はインターネットにとってどんな年になるのだろう。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

1.MicrosoftがYahoo!買収を提案

 IT業界で今年最大のニュースは、Microsoftが1月31日に米Yahoo!を総額446億ドルで買収すると提案したことだった。買収が成立すれば、Microsoftは検索で第2位になり、インターネットでGoogleに対抗できるはずだった。Yahoo!は2月11日にこの提案を拒否し、度重なる交渉や激論の応酬につながった。カール・アイカーン氏も介入した

2.Microsoftのスティーブ・バルマーCEOがYahoo!を脅す

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは4月5日、Yahoo!に脅しをかけ、Microsoftが提案している1株当たり31ドルでの買収について両社の間で3週間以内に結論が出なかった場合、Microsoftは提案を直接株主総会にかけると通告した

3.GoogleがApp Engineを導入

 Googleは4月7日、カリフォルニア州マウンテンビューの本社で開いた開発者向けイベントで「Google App Engine」のテスト版を発表した。これはプログラマーがGoogleのインフラ上でWebアプリケーションを構築できるツール。Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングインフラの代替となる。

4.Yahoo!がYahoo Open Strategyを発表

 Yahoo!は4月24日、同社のポータルをソーシャルネットワーク化する計画「Y!OS」(Yahoo! Open Strategy)を発表した。プログラマーにYahoo!のメール、スポーツ情報サイト、検索、フロントページ、携帯プラットフォーム向けアプリケーションを開発してもらい、同社の5億人超のユーザーに楽しんでもらおうという計画だった。Yahoo!はその後、SearchMonkeyとYahoo! Mailをオープンプラットフォーム化している。

5.Google、ClearwireのWiMAX事業に5億ドルを出資

 検索最大手Googleの野心的なワイヤレス戦略の次の一手が5月7日に明らかになった。Googleは経営不振に陥っている無線インターネットプロバイダーClearwire再建のため5億ドルの出資に合意。Googleは自社の携帯向けOS「Android」のサポートを求めている。

6.GoogleとYahoo!が検索広告で提携

 GoogleとYahoo!は6月12日、非独占契約を結び、Yahoo!の検索エンジン上で、Googleの検索・コンテキスト広告技術を広告プログラムのAdSense for SearchおよびAdSense for Contentを通じて展開すると発表した。その数時間前にYahoo!は、検索事業の売却または別の形での提携に関するMicrosoftとの交渉は決裂したと宣言していた

7.Google、Chromeブラウザをリリース

 Googleは9月1日、「Webページとアプリケーションのための現代のプラットフォーム」としてChromeをリリースした。エンジニアによれば、ブラウザは安定、高速、セキュア、クリーン、そして使いやすくオープンソースであることが求められる。この目標を達成するためChromeは複数のプロセスで複数のタブを処理しており、1つのタブがフリーズしたりクラッシュしても、残りのタブは問題なく使えるという。

8.GoogleとT-MobileがAndroidスマートフォン「G1」を発表

 Google、T-Mobileなどのパートナーがニューヨークで9月23日に発表会を開き、初のAndroidモバイルOS搭載スマートフォン「T-Mobile G1」を披露した。G1はタッチスクリーン、スライド式QWERTYキーボード、トラックボールを搭載し、携帯端末からのWebコンテンツ検索が最大限に利用しやすくなっている。

9.Google、Yahoo!との検索提携を断念

 Googleは11月5日、Yahoo!との検索広告に関する提携の提案打ち切りを発表した。両社の提携ではYahoo!が自社の検索結果と並べでGoogleのキーワード検索用語を表示するはずだった。提携断念はYahoo!にとって大きな打撃となり、ジェリー・ヤンCEOはそれから2週間もたたないうちに辞任を表明した

10.Microsoftがチー・ルー氏を採用

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは12月4日、元Yahoo!の検索広告専門家チー・ルー氏を、Microsoftのオンラインサービス部門責任者として迎えると発表した。これはYahoo!にとってとどめとなるのか、それともMicrosoftが再度Yahoo!にアプローチする前触れなのか。いずれ分かるだろう。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -