ニュース
» 2009年11月02日 19時15分 UPDATE

DESIGNTIDE TOKYO 2009:Biz.ID視点の「DESIGNTIDE TOKYO」、見どころはここ!

東京ミッドタウンで開催している「DESIGNTIDE TOKYO 2009」。特にBiz.ID読者にオススメしたい作品を紹介しよう。

[塙恵子,Business Media 誠]

 10月30日から開催している「DESIGNTIDE TOKYO 2009」。デザインに焦点を当てたインテリア雑貨が集まっている。今回はBiz.IDがオススメする作品を6つ紹介しよう。

転がらない鉛筆

photo

 「コクヨデザインアワード2007」でグランプリを受賞した「紙キレ」などを手掛ける3-1designがデザインした鉛筆。一見普通の鉛筆だが、比重の異なる木材を使うことで、”起き上がりこぼし”のようになり転がらない。


ペンホルダー+しおり

photo

 こちらも3-1designがデザインしたペンホルダー。木皮や紙を丸めただけのシンプルなデザインだが、手帳などに挟んでおくことで、しおりの役目も果たす。3-1designでは「もともとあるものに少しだけ加工するデザイン」を目指しているという。


一見付せんに見えるけど……

photo

 一見、普通の付せんやコピー用紙に見える。実はデスク周りの小物を入れるケース。既製のメモパッドやA4用紙よりも一回り大きく作られているので、ケースの中からケースに似たメモパッドやA4用紙がでてくるような、しゃれの効いた使い方もできそうだ。デザイナーの中坊壮介さんがデザインした。


読みかけ用のブックスタンド

photo

 muteが提案するブックスタンド。途中まで読んだ本を、開いたままの状態でかけておける。本が落ちないように表面に厚めの塗装をほどこしている。ベッドサイドなどで活用できそうだ。


電源スイッチのようなUSBハブ

photo

 AMPデザインした電源スイッチ型のUSBハブ。使わないときはスイッチを押してUSBポートを隠すことが可能で、ホコリも入らない。カラーは白と黒の2色を用意。ピアノの鍵盤のようにも見え、そのまま置いておいてもインテリアとして活用できるだろう。展示はモックのみ。


バッグになるブックカバー

photo

 1枚のプラスチックシートからできたブックカバー。コンセントやクローバーの模様は切り抜かれ、しおりとして使用できる。パタッと本を閉じて左右にロックをすると手提げカバンとなり、そのまま持ち運べる。「DESIGNTIDE TOKYO」のマイクロワークスブースでも販売しており、価格は1155円。

 筆者も一目で気に入って、取材中に購入してしまった。ただ、素材がプラスチックなので注意しないとカバーを付けるときに本の表紙を傷つけてしまうこともあるようだ。


 「DESIGNTIDE TOKYO」では、文具など普段使いなれたものも、デザイナーの斬新なアイデアでおもしろい製品に変わっている。今回紹介した以外にも興味深い作品がたくさんあるので、この機会にチェックしてみてほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ