ニュース
» 2011年09月12日 11時30分 UPDATE

3分LifeHacking:Windowsの右クリックメニューに画像のプレビューを追加する

わざわざビュワーを起動することなく、右クリックするだけで画像ファイルの中身をプレビューできるようになるソフトを紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]
sk_win01.jpg デスクトップ上に置かれた画像ファイル。中身を確認するためにはダブルクリックしてビュワーを起動する必要がある。縮小アイコンを表示する場合もあるが、サイズが小さすぎて内容を正確に判別できない場合も多い
sk_win02.jpg 「FastPreview」導入前。右クリックしても特に画像についての情報は表示しない

 ネットで拾った画像やメール添付で送られてきた画像など、出どころ不明の画像を大量に抱えている人は多いだろう。すぐに見ようと思ってデスクトップ上やダウンロードフォルダに保存し、その後そのまま忘れ去ってしまったというパターンだ。

 そうした画像を整理整頓するためには、1枚ずつビュワーで開けて内容を確認する必要があるわけだが、枚数が多いとかなりの手間だ。エクスプローラのアイコン表示を「特大」や「大」あたりにしておけば1枚ずつ開かなくても判別できるが、中途半端な枚数であれば、むしろ表示モードを切り替える方が煩わしかったりする。

 こうした場合に便利なのが、今回紹介する「FastPreview」だ。このソフトを使えば、Windowsの右クリックで表示されるコンテクストメニューの中に、画像のプレビューを表示できるようになる。これまでダブルクリックして画像をビュワーで表示したり、エクスプローラの表示モードを切り替えなくてはいけなかったのが、右クリックするだけで確認できるようになるのだ。

 プレビューの下には、ピクセル数およびファイル形式も表示するので、見た目がそっくりなオリジナル画像と縮小画像が混在している場合でも、うっかり必要な方を捨ててしまうミスを防げる。JPGの他、GIF、PNG、BMP、TIFなど多くの画像ファイル形式に対応しているので、ファイル形式が対応外で開けないことも少ない。


sk_win03.jpgsk_win04.jpg 「FastPreview」導入後。画像のプレビュー、縦横のピクセル数、ファイル形式を表示する。エクスプローラで、表示形式を「一覧」や「詳細」など、アイコンのないモードにしている場合にも便利だ

 また本ソフトをインストールすると、ファイルのプロパティに「FastPreview」というタブが追加され、Exifに含まれる緯度経度などのGPS情報が手軽に確認できるなど、写真の撮影時データについてより詳細に調べられるようになるのもメリットだ。画像の整理整頓が苦手な人はもちろん、日ごろから多くの画像ファイルを扱う人にも、画像ファイルを扱いやすくするツールとして導入をお薦めしたい。

sk_win05.jpg サムネイルのサイズはデフォルトでは200×150ピクセルだが、好きなサイズに変更もできる
sk_win06.jpg ファイルのプロパティに追加される「FastPreview」タブからは、Exifに含まれる緯度経度などのGPS情報が手軽に確認できるようになる

本日のレシピ
ソフト名 利用料 対応OS 作者
FastPreview 無料 Windows XP/Vista/7で動作確認 Nils Maier氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ