連載
» 2014年01月06日 11時00分 UPDATE

3分LifeHacking:このアクセスって誰? IPアドレスやホスト名からユーザー情報を調べる5つのサービス

IPアドレスやホスト名から、自身のWebサイトにアクセスしてきたユーザー情報を割り出すためのサービスを5つまとめて紹介する。

[kizuki,Business Media 誠]

 自分のWebサイトにアクセスしてきたユーザーの接続元や、メールの送信元を調べるために、IPアドレスを手掛かりに検索する機会は少なからずある。最近だと、Facebookで不明な機器からログインがあった場合にそのIPアドレスがユーザーに通知されるので、Webサイトを所有していない場合でも、IPアドレスを意識する機会は増えている。また「bizmakoto.jp」といったドメインからサーバの所在地などを調べたいケースもあるはずだ。

 今回は、IPアドレスから、Webサイトにアクセスしてきたユーザーの接続元などの情報を割り出すためのサービスを5つ紹介する。いずれも操作方法はよく似ており、接続元がGoogleマップで表示されるのも共通だが、出力される情報の種類は少しずつ異なる。また独自の機能を持つサービスも多い。さらにこれらサービスは繰り返しの利用に制限が設けられている場合があるため、複数のサービスを知っておけば、いざというときに併用することで制限を回避しやすくなる利点もある。

日本語対応で項目数も多い「IP UTILITIES.NET」

 メニューから「IPアドレス&所在地検索」を利用して検索する。IPアドレスもしくはホスト名のどちらからも検索が可能。表示されるのはIPアドレス、ホスト名、国名、都市名、AS番号、IPアドレスの範囲、組織名など。検索先のWhoisデータベースをARIN/APNIC/RIPEなどから切り替えられる。スパム登録の有無のチェックやブラックリスト検索といった機能も備える。ブログパーツや各種ブラウザ向けのアドオンも用意している。

shk_ip01.jpg 「IP UTILITIES.NET」。インタフェースは日本語

電子メール送信元のトレース機能も備えた「What Is My IP Address」

 メニューから「IP LOOKUP」を選んでIPアドレスから検索する。ホスト名からの検索には非対応。表示されるのはホスト名、プロバイダー名、組織名、国名、緯度および経度、ダイナミックIP/スタティックIPの種別など。ブラックリスト検索の機能もある。また電子メールの送信元をトレースする機能も備える。

shk_ip02.jpg 「What Is My IP Address」。インタフェースは英語

Alexaのトラフィックデータも表示できる「IP-address.com」

 メニューから「IP Tracing」を選んで検索する。表示されるのはIPアドレス、ホスト名、国名、都市名、緯度および経度、組織名、プロバイダー名など。IPアドレスおよびホスト名からさらにWhoisで検索でき、サーバの所在地が表示できるほか、Alexaのトラフィックデータも表示できる。電子メールの送信元をトレースする機能も備える。機能ごとに画面が分かれており一覧性は低め。

shk_ip03.jpg 「IP-address.com」。インタフェースは英語

シンプルイズベストで見やすい「IP Location Finder」

 IPアドレスもしくはホスト名のどちらからも検索できる。表示されるのはIPアドレス、ホスト名、プロバイダー名、組織名、国名、緯度および経度、タイムゾーンなど。全体的に簡素だが1画面にまとまっており概要を手軽に把握するのに向いている。

shk_ip04.jpg 「IP Location Finder」。インタフェースは英語

Google Earthでの表示にも対応した「GeoMapLookup」

 IPアドレスもしくはホスト名のどちらからも検索できる。表示されるのはIPアドレス、ホスト名、国名、都市名、緯度および経度。地図表示がメインのせいか読み込み速度はやや遅いが、Google Earthで閲覧できるのは他のサイトにない特徴。iPhoneアプリも用意している。

shk_ip05.jpg 「GeoMapLookup」。インタフェースは英語

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -