ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Web」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Web」に関する情報が集まったページです。

「ビルドプロセスにかかる時間を数分から数秒に短縮」:
開発ワークフローの速度向上をうたうDockerのマネージドサービス「Docker Build Cloud」登場
Dockerは「Docker Build Cloud」の一般提供を開始した。DockerコンテナイメージのビルドをAmazon Web Servicesで実行することで開発ワークフローの速度向上が見込めるという。(2024/2/23)

KDDIのメタバース「αU」とGoogleの生成AI「Gemini Pro」が連携 2024年度以降に商用化
KDDIのメタバース/Web3サービス「αU」と、Googleの生成AIモデル「Gemini Proモデル」が連携した。生成AIを活用したショッピング体験やエンタメ体験などから開始し、2024年度以降に順次商用化する予定。(2024/2/21)

セキュリティニュースアラート:
LLMがWebサイトを自動ハッキング 研究者らが各LLMの性能を比較
最新の研究でLLMがWebサイトを自動的にハッキングできることが明らかになった。自律的なWebサイトハッキングの可能性が実証され、防御と攻撃のバランスに影響を与える可能性がある。(2024/2/21)

この頃、セキュリティ界隈で:
「スマート歯ブラシ300万本を乗っ取ってDDoS攻撃」海外メディアで誤報相次ぐ “IoTテロ”は現実に起こるのか?
IoT電動歯ブラシ300万本がマルウェアに感染してDDoS攻撃の踏み台にされ、企業のWebサイトをダウンさせた──メディア各社がこんな事件があったと報じたが、実は事実ではなかったことが判明した。実際にIoT歯ブラシがDDoS攻撃に利用される可能性はあるのか?(2024/2/21)

「Protected Audience API」入門:
Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを終了する。その代替案としてGoogleが取り組む「プライバシーサンドボックス」の現況について、あらためて解説する。(2024/2/21)

KADOKAWA、ラノベのサブスク展開へ 「カクヨムネクスト」を3月から提供 「本屋に並ぶ前に読める」
KADOKAWAは、読書サブスクリプションサービス「カクヨムネクスト」を3月13日から提供すると発表した。KADOKAWAのライトノベルレーベルや、Web小説サイト「カクヨム」で連載を持つ作家のオリジナル小説が読めるサービスという。(2024/2/20)

NEWS Weekly Top10:
今あえて「mixi」をやってみて気づいた、あのころの良さ
最近筆者は、往年のSNS「mixi」を本格的に再開している。mixiのスタートは2004年。“Web2.0”としては先進的なサービスだった。当時最先端だったサービスを20年後にやってみたら、意外な感情がわき起こってきた。(2024/2/19)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
自社のWebサイトが検索結果に出てこない? 原因と解決法を徹底解説
せっかく時間をかけて作ったWebサイトが、なぜかGoogleで検索してもなかなか表示されない経験はありませんか? 実は、これには理由があります。(2024/2/20)

開発プロジェクトの上位は分散型金融やNFT:
結局Web3開発はどのくらい普及しているのか? Web3開発プロジェクトの現況をSlashDataが調査
SlashDataはWeb3開発プロジェクトに関する動向について発表した。開発者の大多数はWeb3プロジェクトに関与せず、多くの懐疑論者がいるにもかかわらず、一部の開発者の間ではWeb3への関心が続いている。(2024/2/19)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「Web会議の実施環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/2/19)

フリーランス向け求人が増えている職種 3位「データサイエンティスト」、2位「Webディレクター」、1位は?
フリーランス向けの求人が増えている職種は何か。また、その職種の平均年収はいくらか。CAMELORSが調査結果を発表した。(2024/2/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(5):
RustとActix Webで投稿アプリに状態管理を導入しよう
第5回は、第4回の続きとして、テンプレート化した投稿アプリにセッションによる状態管理の仕組みを導入し、それを利用した入力情報の記憶やフラッシュメッセージの実装例を紹介します。(2024/2/16)

「Meeting GenAI」発表:
Web会議で「何を話したっけ?」 会話履歴から答える「Otter」新機能は役立つのか
複数のWeb会議ツールの会話履歴を横断して、ユーザーの質問に答える「Meeting GenAI」を、Otter.aiが発表した。AIアシスタント「Microsoft Copilot」やZoomのユーザーを取り込む狙いがあるが、課題も抱える。(2024/2/15)

AWSジャパン長崎社長が退任へ
アマゾン ウェブ サービス ジャパンが、長崎忠雄代表執行役員社長の退任を発表した。異動は3月11日付。(2024/2/14)

媒体をまたいだ広告全体のパフォーマンス確認をより効率的に:
Microsoft広告とのデータ連携に対応 WACUL「AIアナリスト」の広告レポートがアップデート
複数のWeb広告プラットフォームでの広告効果を一元管理する機能が、B2Bでニーズの増大しているMicrosoft広告に対応した。(2024/2/14)

合格発表で前年のファイルを誤掲示 佐賀大医学部の推薦入試
佐賀大学はがWebサイトで公表した、医学部医学科の「佐賀県推薦入試」の合格発表で、誤って前年度の合格者の受験番号ファイルを15分間掲示していた。(2024/2/14)

Google Meetのコンパニオンモード、モバイルでも利用可能に
GoogleのWeb会議サービス「Meet」の「コンパニオンモード」がスマートフォンでも利用できるようになった。会議室のシステムからMeetに参加しつつ、自分のスマートフォンからファイルを共有したり挙手したりできる。(2024/2/14)

今日のリサーチ:
「しみ・しわ」「ダイエット」他 違反表現を含む広告商材の内訳――REGAL CORE調査
法令違反になり得る広告商材について、Webメディアでの配信状況はどうなっているのでしょうか。(2024/2/14)

“典型的やられサイト”で学ぶセキュリティのワナ:
対策できてる? Webアプリの「アップロード機能」に潜む、見落としがちなワナの数々
ネット上で商売するのが当たり前な時代。インシデントが発生すれば失うものは計り知れない。本連載では脆弱性診断実習用のWebアプリ「BadTodo」を題材に、ストーリー形式でWebアプリ制作に潜む“ワナ”について学んでいく。(2024/2/13)

新工法:
清水建設、鉄骨梁の側面を薄肉化 鉄骨量を3割縮減する補剛工法
清水建設は鉄骨造建物の鉄骨梁のウェブ(側面部分)を薄肉化して鉄骨量の縮減を図る補剛工法「エコウェブ工法」を開発した。既開発を含めた全5工法をシリーズ化し、鉄骨造建物の梁部材で最適化を図る。(2024/2/13)

これで分かる「DevSecOps」の課題と解決【第4回】
知らないと損する「RASP」とは? 「Webアプリの脆弱性対策=WAF」はもう古い
Webアプリケーションの脆弱性対策として、広く利用されている「WAF」。実はWAFは、幾つかの問題を抱えている。それらの課題を解消した新たな手段である「RASP」の特徴とは。(2024/2/19)

今日のリサーチ:
「Daytona Park」「BASEMENT online」「シロク」他 2023年に国内で最もWebサイトが成長した100ドメイン
SimilarwebがWebサイトのパフォーマンスという観点で最も急速に成長しているデジタル企業をランキング化した「Digital 100」の2024年版を発表しました。(2024/2/12)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

顧客データ収集から広告配信までワンストップで提供:
Cookie不要のリターゲティング広告サービス インティメート・マージャーとログラフが共同開発
両者の技術を掛け合わせることで、CookieレスでもWebサイト訪問者の囲い込みや興味属性による広告配信を実現し、高品質なPDCAサイクルが実行可能になる。(2024/2/9)

安全衛生:
国交省、建設現場の事故データ1600件を一般公開 安全性向上に寄与
国土交通省は、2019〜2022年度に地方整備局/都道府県/政令市で発生した約1600件の建設現場での事故データを、Webサイトで一般公開した。事故の経緯や背景、発生後の対策などを広く周知することで、事故防止に役立ててもらう。(2024/2/9)

Javaアプリケーションをプラグインなしにブラウザで実行できる:
モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJVM「CheerpJ 3.0」が登場
Leaning Technologiesは、モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJava仮想マシン(JVM)「CheerpJ 3.0」を提供開始した。(2024/2/9)

セキュリティニュースアラート:
Excel経由でのマルウェア感染に要注意 Fortinetが新たな手口を公開
FortinetはExcelファイルを通じて情報窃取型マルウェアを配布する新たな手口を発表した。この攻撃はExcelファイル内のVBAマクロから始まり、最終的にWebブラウザのデータまでを窃取する。(2024/2/8)

Google検索からキャッシュ消える 公式Xが理由を説明
Googleの検索結果に表示されたWebページの内容を、ページにアクセスしなくても確認できるキャッシュ機能が2月までに削除された。(2024/2/7)

現場管理:
3.11復興工事にあたる従業員の健康状態を遠隔で常時把握、鹿島建設と稲村屋
鹿島建設は、遠隔地に赴任する従業員の適切な健康管理のために、東京本社の健康管理センターに居ながら常時把握できるシステムの運用を開始した。システムでは、心電図、血圧、脈拍、体重などのバイタルデータと、服薬、運動、飲酒、睡眠などの生活情報をWebブラウザで確認して、健康状態をリアルタイムで管理する。(2024/2/7)

組み込み開発ニュース:
組み込みLinux上で動作するFlutter向けプラグインを開発
ACCESSは、組み込みLinux上で動作する、Flutter向けのChromiumベースWebViewプラグイン「flutter_linux_webview」を、開発コミュニティー向けにオープンソースソフトウェアとして公開した。(2024/2/7)

納豆×恋愛、なぜ混ぜた……? タカノフーズが少女漫画風Web CM公開 「ひきわりラバーになっていただきたい」
タイトルは「ねば〜るLOVE -ひきわりの魅力は無限大!-」。(2024/2/7)

AWS、IPv4アドレスへの課金をスタート 1カ月約500円
米Amazon Web Services(AWS)は、サービスを外部に公開するためのパブリックなIPv4アドレスに対して、1個1時間あたり0.005ドルの課金をスタートした。(2024/2/6)

セキュリティニュースアラート:
マルチ商法を取り入れた新種のRaaS「Wing」に要注意
ダークWebフォーラム「RAMP」に新しいRaaS「Wing」が登場した。多機能かつ、"マルチ商法"を取り入れた高度なRaaSだという。(2024/2/5)

ユーザーの利便性を落とさず、内部不正や情報漏えいを防ぐには?:
PR:セキュリティの新基準、Webブラウザから始めるセキュリティ強化のカギ
従業員のほとんどが最も使っているにもかかわらず、企業が望む形でセキュリティが保たれていないアプリケーションがある。それはWebブラウザだ。市場では企業向けに再構築されたWebブラウザを“エンタープライズブラウザ”と呼び注目され始めている。本記事では、エンタープライズブラウザが提供する、従来のセキュリティソリューションでは対応しきれなかった課題や解決策について紹介していく。(2024/2/5)

生成AIでクライアントの事業成長とDXの推進を支援:
電通グループが採用したAWSの生成AIサービス「Bedrock」と「SageMaker」で何ができる?
電通グループはアマゾンウェブサービスとの協業を強化し、新たに2つの生成AIサービスを採用した。製品チームやエンジニアリングチーム全体で利用することを想定している。(2024/2/2)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:Webページ運用は内製・外注どちらが有利? 自社に向いた解決策を見極めるには
今や大企業から中小企業まで、さまざまな組織がWebページを保有している。ブランディングや販売促進など用途別に複数を作成することも珍しくないが、その運用には高度なスキルも求められる。内製・外注のどちらが良いのだろうか。(2024/2/2)

「自由に使って壊せる環境」が日本のITを救う?:
PR:SoftEtherの登 大遊氏が語る、「日本のITエンジニアに迫る危機」とは
SoftEtherの開発や中国の「グレートウォール」のハッキングで知られる登 大遊氏は、ゲットイット主催のWebセミナーで、日本のITエンジニアに求められる「トライ&エラーの思考法」について語った。(2024/2/2)

講談社とプロダクションI.G、社長の顔写真が「笑い男」に上書きされる
2月1日、講談社やProduction I.Gなどの企業Webサイトで、社長の顔が「笑い男」(The Laughing Man)と呼ばれるキャラクターのマークに上書きされた。(2024/2/1)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「Evoto」は課金方法がユニークなポートレート向けAIレタッチソフトだった
最近、WebやSNSの広告でときどき見かける「Evoto」というフォトレタッチソフトがある。説明を聞いた後に実際に試した。(2024/1/31)

マイルたまる決済サービス「ANA Pay」、銀行口座チャージが可能に
ANAホールディングス傘下でマイルや決済事業を行うANA Xは1月30日、決済サービス「ANA Pay」が銀行口座チャージに対応したと発表した。チャージ方法を増やし、利便性向上を図った。合わせてチャージ方法がWebで公開された。(2024/1/31)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(11):
製造業が2024年に取るべきSEO対策 デジタルマーケティングの重要論点を振り返り
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第11回のテーマは「最新の製造業WebサイトのSEO対策」だ。(2024/1/30)

アイティメディアの一部公式Xが乗っ取り被害に ITmedia Mobileとスマートジャパン
アイティメディアの、Webメディア「ITmedia Mobile」と「スマートジャパン」の公式X(旧Twitter)アカウントが乗っ取り被害を受けた。(2024/1/30)

Apple Vision Pro向けZoomアプリ、2月2日にリリースへ Personaも利用可能
Zoomは、Web会議アプリ「Zoom」のAppleの空間コンピューティングヘッドセット「Apple Vision Pro」版を発表した。Vision Pro発売の2月2日に公開する。AppleのPersonaもサポートする。(2024/1/30)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(30):
「個人向けCopilot」と「企業向けCopilot」の見分け方
Microsoftは、Web用AIチャット機能「Microsoft Copilot」の一般提供を開始しました。これまでは「Bing Chat」や「Bing Chat Enterprise」でプレビュー提供されていましたが、一般提供に合わせて両方が“Copilot”に統一されました。他の機能やサービスも「Copilot」ブランドに統合されているので、まだ混乱している人も多いと思います。(2024/1/30)

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

読売新聞、Web記事の“生成AIへの学習利用”を禁止に 利用規約を改定 スクレイピングなどもNG
読売新聞社は、Webメディア「読売新聞オンライン」の利用規約を改定すると発表した。掲載記事を生成AIなどに学習させる行為などを新たに禁じる。2月1日から適用する。(2024/1/25)

「WEBマンガ総選挙2023」結果発表! 1位は『みなと商事コインランドリー』
2位は『訳アリ心霊マンション』、3位に『悪役令嬢の中の人』。(2024/1/25)

秋田書店、「週刊少年チャンピオン」5冊分をWebサイトで無料公開 能登半島地震を受け
秋田書店は25日、「週刊少年チャンピオン」の直近3号と2月1日発売号までの5冊を順次無料配信すると発表した。(2024/1/25)

Microsoft Teams、メタバースでの会議が可能に Meta Questなら没入できる
MicrosoftはWeb会議サービス「Teams」で3Dイマーシブ空間(≒メタバース)でミーティングできる「Mesh for Teams」の正式版をリリースしたと発表した。PCからも参加できるが、米MetaのQuestヘッドセットを装着するとより没入できるとしている。(2024/1/25)

Google、Chromeブラウザに3つのAI機能 タブの自動グループ化など
Googleは、WindowsおよびMac版のChromeブラウザに3つのAI機能を追加すると発表した。米国から順次導入していく。タブのAIによるグループ化やWebでの「Help me write」の利用などが可能になる。(2024/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。