連載
» 2008年10月03日 08時00分 公開

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:perfmon――パフォーマンスモニタ

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はperfmonだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

perfmon――パフォーマンスモニタ

UNIX/Linuxでは「xperfmon、xosview、sarなど」

タスクマネージャはCPUの使用率をグラフ化して表示するが、Windowsのパフォーマンスモニタでは、より詳細なCPU情報や、ローカルディスク、ネットワークの使用率など各種情報をリアルタイムにトラッキングできる。

 パフォーマンスモニタはWindowsに標準装備されているが、メニュー登録されず、コントロールパネルの「管理ツール」→「パフォーマンス」で起動できる。また、Windows XP/Server 2003に含まれるパフォーマンスモニタでは、Windows NT4.0形式のファイル(.pmc、.pmr、.pma、.pml)を変換する機能も備えている。

オプション 使用例 詳細
なし perfmon パフォーマンスモニタの起動
旧設定ファイル名 /htmlfile:新設定ファイル名 perfmon.exe oldlog.pml/htmlfile:newlog.htm Windows NT 4.0形式のファイルをWindows XP/Server 2003のパフォーマンスモニタ形式に変換する。使用例では、oldlog.pmlをnewlog.htmに変換している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -