ニュース
» 2009年02月25日 13時24分 UPDATE

Ingres、AlfrescoのECMを統合したバンドルを発表──「SharePoint」に対抗

IngresはオープンソースのECMアプライアンスで、Microsoftの「SharePoint」に対抗する。AlfrescoのECMシステム、Linuxをバンドルした。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Ingresは米国時間の2月24日、オープンソースのエンタープライズコンテンツ管理(ECM)アプライアンス「Ingres Icebreaker Enterprise Content Management Appliance」を発表した。オープンソースのECMベンダー英Alfrescoのコンテンツ管理システムを組み合わせたもので、Microsoftの「SharePoint」に対抗する。

 Ingresのオープンソース・データベース「Ingres 2006 Release 3 Community Edition」、AlfrescoのECM「Alfresco 2.1」、Linuxをセットにした。文書やWebコンテンツの管理、バージョン管理などのECM機能を利用し、データの保存、管理、配信を行える。Ingresでは、MicrosoftのSharePointのオープンソース代替と位置付けている。

 IngresとAlfrescoはすでに提携関係にあるが、今回Linuxをバンドルすることで、OS、データベース、ECMをシームレスに統合したソフトウェアアプライアンスとして提供する。ユニットとしてインストールと管理が可能で、コストと時間を削減できるという。

 Icebreaker ECMはIngresのダウンロードサイトから入手できる。

関連キーワード

ECM | Ingres | オープンソース | SharePoint | Linux


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ