ニュース
» 2009年03月16日 20時41分 公開

「Webファースト」を本格実施:日経新聞、「ヴェリタス」のオンライン版を月額2100円で提供へ

日経新聞デジタルメディアは、個人向け投資情報サービスを月額2100円で提供すると発表した。

[怒賀新也,ITmedia]

 日本経済新聞デジタルメディアは3月16日、個人向け投資情報サービス「日経ヴェリタスマーケットonline」を4月1日から月額2100円で提供すると発表した。これまで新聞向けの記事を中心に提供していた日本経済新聞社の編集局が、個別企業の業績展望や株価材料の解説など独自ニュースをネット優先で提供する。予約申し込みの受付は3月15日から開始した。

 同サービスでは、上場企業約4000社の最新の業績や財務データ、株主・役員情報などが分かる「企業情報サーチ」も提供する。日経QUICK ニュース社によるプロ向けの解説記事「NY 株ハイライト」など相場の動きを追跡する読み物も盛り込む。目的別にカスタマイズできる「銘柄フォルダ」など資産運用に欠かせないツールも提供する。

 大手新聞社が有料のネット優先配信を実施することで、新聞や雑誌、ネット媒体を含めたメディア業界の今後の在り方にも影響を与えそうだ。2100円という料金設定もネットメディアとしては非常に高額であり、読者の反応が注目される。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

日経新聞 | 新聞 | 投資 | 資産運用


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -