ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「投資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:特集:今日から投資してみませんか?
質問!投資・融資→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で投資・融資関連の質問をチェック
「大型消費/投資」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

Retail Dive:
店舗体験の高度化はメタバースかARか ビジネス化の条件と米国調査機関の助言
AR、VR、MRの活用は購買体験の向上など明らかなメリットがあるが、ビジネスとして成立させるのに困難な事情が見えてきた。今から投資モードで取り組む企業が乗り越えるべき壁と、具体的な取り組み方をアナリストが指南した。(2022/8/17)

クラウド移行に踏み切る銀行【前編】
銀行のクラウド移行を長年妨げてきた“ある障壁”とは?
銀行はクラウドサービスへの投資を躊躇(ちゅうちょ)する傾向にあったが、2022年度は変化があった。銀行のクラウドサービス移行を阻んできた原因と、新たに移行対象となり始めたアプリケーションとは。(2022/8/17)

SBI HD、4-6月決算は証券業界のトップ利益に
SBIホールディングス(以下、SBI)は、グループ全体でも証券単体でも証券業界のトップの利益だった。2023年3月期の第1四半期連結決算(国際会計基準)の発表によれば、4−6月期として過去最高となった増収であるが、投資先の評価損、暗号資産事業での損失が大きく、減益となった。(2022/8/16)

ウェルスナビ“自然体”の四半期黒字化 クレカ積立で狙う次の一手
ロボアドバイザーサービス最大手のウェルスナビが、2020年末の上場から2年半で四半期黒字化した。柴山和久CEOは「成長投資を維持しながら、自然体での黒字化を達成できた」と話し、22年12月期は通期黒字も見込む。(2022/8/16)

WeWork共同創業者アダム・ニューマン氏の新企業Flow、a16zから3.5億ドル調達
米VC大手のAndreessen Horowitz(a16z)は、WeWorkの元CEO、アダム・ニューマン氏の新企業Flowに出資すると発表した。投資額は約3.5億ドルと報じられた。Flowは賃貸不動産企業で2023年立ち上げの予定だ。(2022/8/16)

初期投資を抑え、自由に使いたい
AI/機械学習へのGPU活用、費用の問題をどうすればよいのか
ディープラーニングや機械学習にはGPUの利用が適している。だが高性能なGPU搭載サーバをオンプレミスで導入すると初期投資額がネックになる。パブリッククラウドのサービスは料金体系に不安が残る。どうすればよいのだろうか。(2022/8/5)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県尼崎市で延べ2.8万m2の物流施設が着工、日本GLP
日本GLPは、兵庫県尼崎市で計画を進めていた物流施設「GLP尼崎IV」の起工式を2022年8月8日に開催した。GLP尼崎IVは、大手3PL企業である関通が着工前に賃貸借予約契約を締結しており、専用施設として稼働する。投資総額は約81億円で、2023年10月に竣工する予定だ。(2022/8/15)

ビジョンファンドの累計損益はほぼゼロに 守りに入るソフトバンクG
ソフトバンクグループ(以下、SBG)が8月8日に発表した2023年3月期第1四半期の連結決算は、2四半期連続の最終赤字となった。直前期の2.1兆円の赤字に続き、今四半期は過去最大の3.2兆円の赤字だった。主事業であるビジョンファンド投資事業の累計損益は、昨年度つけた7兆945億円をピークに、17年度スタートの1000億円ほどの水準に戻った。人員削減・新規事業の絞り込みといった守りの戦略を継続する。(2022/8/10)

SBG、“過去最大の赤字”3.2兆円 孫会長、トーン低く「実態の悪さを正直に説明」
ソフトバンクグループの2023年3月期第1四半期連結業績は、四半期損益が3.2兆億円の赤字だった。孫会長は暗い声で「実態が悪いということを正直に正面から説明すべき」と切り出し、投資を厳選する方針を示した。(2022/8/8)

イミュータブルストレージとは? ランサムウェア対策済み組織を狙う攻撃に対抗する方法
バックアップソフトやバックアップデータは、いまやランサムウェアが真っ先に狙う対象になっています。対策としてバックアップベンダーが投資を強化する「イミュータブルストレージ」とはどんなものなのでしょうか。(2022/8/7)

Uber決算、売上高は2倍だが26億ドルの赤字(出資先の評価損で)
Uber Technologiesの4〜6月期決算は、売上高は前年同期の約2倍の80億7300万ドルだった。新型コロナのパンデミック後の配車復調が奏功した。赤字の26億ドル中17億ドルはAuroraなど投資先の評価損によるものだ。(2022/8/3)

「PayPay資産運用」開始 PayPay残高で投資が可能に
PayPay証券とPayPayは8月2日、PayPay残高を使い、PayPayアプリ内で有価証券の売買が行える「PayPay資産運用」の提供を開始した。(2022/8/2)

楽天証券、投信積立設定額1000億円に ポイント引き下げ影響は「非常に軽微」
楽天証券は8月2日、投資信託の月額積立設定額が1000億円に達したことを明らかにした。6月末時点で969億円に達しており、前年同期末比で61.2%増。設定人数も261万人(同59.0%増)となっており、順調に拡大した。(2022/8/2)

「社員は会社の“所有物”ではない」という言葉の意味:
PR:ロート製薬の持続的成長・発展を支える自律と、チャレンジ精神を育む人的投資戦略
マルチジョブ制度を導入し、社員が新しい何かに挑戦することを徹底してバックアップする――新しい働き方を推進した先に人材育成の戦略を遂行しながら、企業としての成長・発展を続けているのが創業120余年の歴史を持つロート製薬だ。創業以来の挑戦し続ける企業文化は、どのようにして育まれ、組織の強みへとつながっているのか。独自文化の詳細を聞いた。(2022/8/16)

ノブコブ吉村、TKO木本主導の“投資トラブル”に巻き込まれ意気消沈「死にはしない」「もうお金ないんです」
一部報道では数千万円を投資したとのこと。(2022/8/1)

CIO Dive:
FedExがメインフレーム全廃へ 巨額のコスト削減よりも期待の高い「投資効果」は?
FedExは2024年までにメインフレームを廃止すると発表した。クラウド移行に伴うコスト削減効果は大きいが、同社の新戦略計画「Network 2.0」によると、それ以上に期待されている投資効果がある。(2022/7/27)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
苦しいといわれる第二地銀の実態は? 福島銀行の業績ポイント
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。「決算書で分かる日本経済」ということで、4回連続で地方銀行の決算を取り上げていきます。(2022/7/27)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
銀行は斜陽産業? 千葉銀行の業績を左右するポイント
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。「決算書で分かる日本経済」ということで、地方銀行の決算を取り上げていきます。今回取り上げるのは千葉銀行です。(2022/7/26)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスパーソンに「睡眠」が重要視されるわけ――スリープコーチ 角谷リョウ氏
皆さんは、睡眠を改善するために、なにか工夫や投資をしているだろうか。オリンピック選手、日本代表選手の睡眠改善もサポートした睡眠のプロに、ベストな睡眠を手に入れる方法を学ぶ。(2022/7/26)

連載「情報戦を制す人事」:
岸田内閣の「新しい資本主義」で、人事にはどんな影響がある? 企業に推奨される“人への投資”とは
2022年6月7日、「経済財政運営と改革の基本方針2022」いわゆる「骨太方針2022」が閣議決定されました。「人への投資と分配」の方針について確認しつつ、企業や人事部門に求められる方向性やその実現性について解説します。(2022/7/25)

戸惑うほどの日本好き “サウジ”で日本アニメが急上昇しているワケ
640億ドル(8兆6000億円)をエンタメ産業に投資するサウジが日本アニメに投資する意外な理由。(2022/7/24)

投資トラブル報道の「TKO」木本、「よゐこ」有野が二人三脚のオンラインサロン消滅を宣言 「今月で廃部になります」
1カ月近く動きが伝わらなくなっている木本さん。(2022/7/22)

392人に聞く:
婚活にかける1カ月の費用はいくら? 男性の約15%が「今後も増やす」と回答
タメニーが、婚活パーティー「OTOCON」に参加したことがある392人を対象に、「婚活投資」に関するアンケート調査を実施した。(2022/7/22)

ロボットは人の仕事を奪うのか、人間性を回復させるのか:
労組問題を抱えたAmazonが「人協調型完全自律ロボット」に投資する意義
倉庫におけるロボットの可能性を追求し、技術開発を進めるAmaznが2022年6月に、今までとは異なるロボットを発表した。倉庫従業員の労働問題が懸案化する中で発表された、人と協調する完全自立型移動ロボットは救世主となるか。(2022/7/21)

アイリスオーヤマ、宮城県角田市に新倉庫 40億投資で保管容量2.7倍、狙いは?
アイリスオーヤマは自社倉庫「角田I.T.P.」(宮城県角田市)内に新たな倉庫を増設し、運用を始めたと発表した。新倉庫建設で保管能力が従来の2.7倍となり、冷蔵庫やエアコンなど大型家電の需要拡大に対応する。(2022/7/20)

勇気を持って、セキュリティ対策の「アップデート」を:
PR:ランサムウェアが速過ぎる――侵入前提でエンドポイントとネットワークの間にあるギャップを埋める、スピーディーな対策の鍵を握るものとは
コロナ禍における企業のセキュリティ対策をあらためて考えるオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2022夏」が開催された。長引くコロナ禍でサイバー攻撃が増加する中、「新常態」におけるセキュリティ対策を再点検するとともに、DXを加速する上で、より実戦的で投資対効果の高いセキュリティ対策が多数紹介された。本稿ではその中から、岡田良太郎氏の基調講演とヴイエムウェア/SB C&Sの技術セッションをお届けする。(2022/7/19)

金融大手が相次ぎ提携 資産運用を強化
「貯蓄から投資へ」の流れが加速する中、大手金融機関が相次いで資産運用事業の強化に乗り出している。(2022/7/13)

起業者「1万人創出」を掲げる官民連携プラットフォームが発足 なぜ1社の「ユニコーン」より「起業層拡大」を狙うのか
起業希望者を支援する官民連携のプラットフォーム「NOROSIスタートアップハブ」が発足した。同取り組みが有望な起業希望者への集中投資による「ユニコーン」輩出ではなく、起業を目指す層の拡大をかかげるのはなぜか。(2022/7/13)

楽天証券の楠社長、「国内で最大の口座数を持つネット証券会社」とアピール
楽天証券は7月9日、投資家向けのオンラインセミナーを開いた。登壇した楠雄治社長は「6月に800万口座を超え、国内で最大の口座数を持つネット証券会社」になったとアピールした。(2022/7/9)

紀尾井町戦略研究所が1000人に調査:
資産所得倍増、6割が「不可能」 リスク恐れ投資も進まず
お金について考えることが好きな人は約8割――。そんな結果が、コンサルティング事業の紀尾井町戦略研究所(東京都千代田区)が行った「貯蓄や投資に関する意識調査」で判明した。(2022/7/7)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
美顔アプリで天下取ったMeitu、仮想通貨暴落で60億円の赤字
画像SNSの成長とともに一世を風靡した美顔加工アプリの提供社「Meitu」が、22年上期の純損失が60億円に達するとの業績予想を発表した。赤字幅は前年同期の2倍〜3倍近くに拡大する見込み。背景には、投資した仮想通貨の暴落があり、批判の声が上がっている。(2022/7/7)

暗号資産領域では今後も不正行為が増える 米国証券取引委員会の弁護士が予測
投資対象として人気を集める暗号資産だが、詐欺をはじめとする犯罪行為も目立つ。米国では暗号資産関連の犯罪に対応する新たな動きがあるようだ。(2022/7/6)

セゾンポケットのカード積立が還元率アップ 0.5%に
セゾンカードおよびUCカードで積立投資が可能な「セゾンポケット」にて、7月4日から積立時のポイント還元率が0.1%から0.5%にアップする。(2022/7/4)

ミクシィ、「投資」を事業セグメント化 M&Aさらに強化へ
ミクシィは、スタートアップ出資やVCファンド出資などの投資活動を「投資事業」として事業セグメント化する。M&Aのさらなる実現につなげる。(2022/6/29)

エネルギー管理:
2023年度に「長期脱炭素電源オークション」が始動、対象電源と制度設計の詳細は?
「2050年のカーボンニュートラル実現」に向け、新たな低炭素電源のへの投資拡大を目的とした新制度「長期脱炭素電源オークション」が2023年度からスタート。本稿ではその概要について解説する。(2022/6/29)

楽天証券の楽天キャッシュ決済、積立額上限が合計10万円に増えたワケ
楽天証券が新たに開始した電子マネー楽天キャッシュを使った投資信託の積立サービス「楽天キャッシュ決済」。このサービスはどんな経緯でスタートしたのか? その狙いは何だったのか。(2022/6/29)

円安加速、136円台に 背後に日本国債ショートの投資家の影
6月14日〜15日に米FRBが決定したFOMCでの0.75%利上げに続き、スイス、英国も利上げを決定。かたや日銀は超低金利政策を維持。ここにきて日本国債売り(ショート)を仕掛ける投資家も。日銀頼みの悪い円安加速への金融政策は通用しきれるか。(2022/6/27)

AI契約書審査のLegalForce、ビジョンファンド、セコイアなどから137億円調達し米国展開へ
AI契約審査サービスを提供するLegalForceは6月23日、ソフトバンクビジョンファンド(SVF)2をリード投資家とし約137億円を調達したことを発表した。新たに海外事業に取り組み、まずは米国に進出する。(2022/6/23)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
“ウィドウ・メーカー”の日本国債ショート
高進するインフレに対抗するため主要な中央銀行がタカ派に転じる中、一部の投資家は"超ハト派"の日銀もそれに続くのではないかと考えています。しかし、そうした言葉に惑わされてはいけません。(2022/6/16)

製造マネジメントニュース:
脱炭素化などエネルギー変革が追い風、大型買収でさらなる成長を図る
日立製作所(以下、日立)は2022年6月13日、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに発足した「グリーンエナジー&モビリティセクター」の事業戦略を説明した。(2022/6/16)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
リアルマネートレードを収益化? スクエニがブロックチェーンゲームの本命といわれるワケ
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。今回取り上げるのは、スクウェア・エニックス・ホールディングス(以下スクエニ)です。ご存じの通り、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーで知られている企業です。(2022/6/15)

カンムPoolの驚異の仕組み クレジットなのに事前チャージ、チャージ金額から投資リターン
カンムの新サービスPoolの最大の特徴は、クレジットカードでありながら事前チャージを必要とし、チャージした金額に対して1%のリターンを期待できることだ。これを実現するために、複数法を組み合わせることで、擬似的に銀行ライクなサービスを実現した。その仕組とは?(2022/6/15)

製造マネジメントニュース:
強いプロダクトをつなげる、日立最大規模の新セクターはシナジーを生み出せるか
日立製作所は、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに組織された「コネクティブインダストリーズセクター」の事業戦略を説明。同セクターの事業目標として、2024年度に売上高で2021年度比16%増の3兆2000億円、Adjusted EBITDA率で同3.6ポイント増の13%を目指す。(2022/6/14)

Podcastを制したSpotify、次はオーディオブック市場に参入
Spotifyのダニエル・エクCEOは投資家向けイベントで、オーディオブック市場への参入を宣言した。音楽とPodcastに続けて、オーディオブックでも「勝ちに行く」としている。(2022/6/13)

経営を動かすファイナンス:
社運を賭けた大型プロジェクトの金庫番に抜擢! しかし、投資の判断経験がない──どうすれば?
【Q】社運を賭けた大型プロジェクトの財務経理担当メンバーとして選ばれました。どのような軸で投資すべき、もしくはすべきではないといった判断をしたらいいのでしょうか。【A】投資の判断には用いるべき方法は……(2022/6/13)

投資額43.2億円、23年8月完成予定:
村田製作所、ベトナムにコイルの新生産棟建設へ
村田製作所は2022年6月9日、ベトナム・ダナン市にコイル製品の新たな生産棟を建設すると発表した。投資額は43億2000万円(建屋のみ)で、2022年6月から建設に着工し、2023年8月の完成を予定する。(2022/6/9)

法制度・規制:
発電所に対する長期収入の確保へ、20年の固定報酬を入札で決める新制度
電力需給の安定化につながる供給力の確保と脱炭素化の両立に向けて、電源(発電所)への新規投資や改修を促す新たな報酬制度の創設が検討されている。容量市場とは異なり、一度の入札で20年間にわたる長期の固定収入を決められる仕組みとなる見通しだ。(2022/6/8)

パナソニック、空調や家電に3650億円投資 上海封鎖90億円影響
パナソニックホールディングスは、2022〜24年度にかけて、空質空調事業の海外拠点強化や白物家電の国内製造ライン増設などに3650億円超を投資する。コスト構造の改革で800億円、国内家電や海外空調などの価格改定で500億円の収支改善を図る。(2022/6/3)

東芝再建案、革新機構軸か 取締役候補の承認焦点に
東芝で経営再建の動きが本格化する。安全保障の観点から国内の官民ファンドである産業革新投資機構を軸に改善案の選考が進みそうだ。一部に懸念の声もあり、6月末の定時株主総会で承認されるかが焦点となる。(2022/6/3)

データセンター「建設ラッシュ」の原因は? IDCが国内データセンター投資予測を発表
IDCは、国内データセンター事業者のデータセンター投資の予測を発表した。2022年は対前年比21.2%増の2236億円、2023年は同1.8倍の4000億円超になる見込みだ。建設ラッシュが起きた原因は何か。(2022/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。