ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「資産運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「資産運用」に関する情報が集まったページです。

メタバース上で開催 ローソン、SMBC日興証券、テレビ朝日が出展するVRイベント「バーチャルマーケット2021」とは?
イベントは12月4日〜12月19日、計16日間開催される予定。(2021/11/27)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国の小売売上・製造業景況指標は予想を上回る、FRB人事に注目
ヨーロッパや米国北東部。中西部でのコロナ再拡大が嫌気され、冬場の感染急増が懸念されました。電気自動車を2025年にも発売すると伝わったアップルや、好決算を発表したエヌビディアが最高値を更新しました。米国の小売売上高やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回りました。(2021/11/23)

「ビデオ通話API」はビジネスをどう変えるか
「プログラマブルビデオ」とは? “ただの動画”とは全然違う
アプリケーションやWebサービスにビデオ通話の機能を連携可能な「プログラマブルビデオ」がCPaaS市場のトレンドとなりつつある。そもそもプログラマブルビデオとは何なのか。その代表的な用途とは。(2021/11/22)

WealthNavi、「おまかせNISA」に「買い直し」機能を追加
 ウェルスナビ(東京都渋谷区)は11月17日、ロボアドバイザー「WealthNavi」のNISA口座で、自動でおまかせの資産運用を行う「おまかせNISA」に、「買い直し」機能を追加したと発表した。NISA口座で、自動でおまかせの「買い直し」を行う機能は日本初となる。(2021/11/19)

500人に聞いた:
年収が1000万円あったらお金をかけたいこと 2位は「旅行/レジャー」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「年収1000万円あったらお金をかけたいことに関する意識調査」を実施した。年収が1000万円あったらお金をかけたいこと1位は「家の購入・リフォーム・ローン返済」だった。(2021/11/18)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米景気回復が続くとの楽観が根強く、ハイテク株に買いが続く
経済正常化による米景気回復が続くとの楽観が根強く、米株に資金流入しやすい地合いが続くとの見方が買いを誘った。(2021/11/16)

400F、ネット証券並みコストでアドバイスも行う「オンラインアドバイザー」
お金の悩みを相談できる複数の専門家とマッチングするサービス「お金の健康診断」を提供する400Fは、年内にネット証券並みのコストで、金融アドバイスも含めて提供する「オンラインアドバイザー」サービスを開始すると発表した。マッチングサービスと併行し、自らアドバイザーを雇うことで、アドバイスサービスを拡大する。(2021/11/10)

専門家のイロメガネ:
760万円突破 最高値更新をけん引したビットコインETFとメタバースの影
ビットコインが過熱している。2020年の年末から21年にかけてビットコイン価格が急騰、最近では10月20日に日本円で約760万円(約6万6000ドル)と最高値を更新した。これは米国でビットコインETFが10月19日に上場したことが大きなきっかけだ。(2021/11/10)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】NYダウが5週連続で上昇
NYダウが5週連続で上昇、5週連続は19年2月にかけての9週連続以来の長さとなりました。10月の米国雇用統計で雇用者数の増加が市場予想を上回り、米国の経済活動正常化への期待が高まり、景気敏感株を中心に買いが入りました。(2021/11/9)

非対面アプローチの強化にMA活用:
三菱UFJ銀行が危機感をバネに進める「パーパスドリブン」のDX戦略の中身
収益モデルの転換を急ぐ金融機関。三菱UFJ銀行がデジタルを軸にめざす顧客体験の変革とは。(2021/11/4)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国企業、好決算の銘柄が相場の支えに/今週は注目のFOMC雇用統計
米国での決算発表が相次ぎ、好決算を発表した銘柄が買われ相場の支えになりました。主要3指数は最高値を更新しました。(2021/11/2)

専門家のイロメガネ:
アメリカのスタバ時給1900円から考える「安い日本」
コーヒーチェーンを展開する米スターバックスが、米国で時間給社員の平均賃金を来夏に平均で17ドル、現在の為替レートで約1900円まで引き上げることが報じられた。日本でも高齢化によって人手不足は深刻な状況にあるが、賃金水準は30年前から横ばいだ。一方で、日本は食料の半分を、エネルギーの大半を輸入に頼っている。現在の傾向が続けば賃金は低く物価は高い状況、つまり「安い日本」から「貧乏な日本」になってしまう日も近い。(2021/10/31)

貯蓄と投資の割合は:
30〜40代の約9割が「老後のお金に不安がある」 必要だと思う対策は
シュアーイノベーションが行った「老後のお金に関する意識調査」によると、30〜40代既婚者の約9割が老後のお金に不安を抱えていた。必要だと感じている対策は……?(2021/10/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
米国で仕事に戻りたくない人が続出。日本にも波及か?
米国ではコロナ危機からの景気回復が進んでいるが、一方で多くの人が仕事に戻りたがらないという現象が発生している。この現象は、日本にも……。(2021/10/27)

株式購入経験有無問わず、お金に関する困りごとは「老後資金」が1位に
 オンライン商談システム「bellFace」の開発販売事業を行うベルフェイス(東京都渋谷区)は、株式購入に関する消費者の意識調査を実施した。(2021/10/26)

早すぎる役職定年:
硬直した金融業界を改革する、異色の“シニア専門家集団”とは
「早すぎる役職定年」「専門人材の不足」「過度な内製主義」といった課題を抱える金融業界。シニアを中心とした専門家集団を組織することで、それらの解決を目指すユニークな企業がある。日本資産運用基盤グループ(JAMP)だ。代表の大原氏に、金融業界の人材や組織の課題と、その解決策を聞いた。(2021/10/25)

「あなたは保険に入る必要はありません」 マネフォとライフネットが始めた保険診断が面白い
「あなたは保険に入る必要はありません」。保険の診断を受けると、けっこうな数の人にこんなメッセージが出る保険相談サービスがある。マネーフォワードがライフネット生命と組んで始めた「保険の見直し診断」だ。(2021/10/22)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】決算シーズンがスタート、今後はスタグフレーションがマーケットの焦点に?
主要金融大手を皮切りに決算シーズンがスタートし、決算の内容や米国の小売売上高が好感され、景気減速懸念が後退し投資家心理が上向きました。(2021/10/19)

「楽天ポイント利息」スタート、年利0.108%で預金を体験 主要共通ポイントでは初
楽天グループが「楽天ポイント利息」の提供を始めた。楽天IDを持つユーザーが任意のポイントを預け入れると、月利0.009%(年利0.108%)分を還元する。(2021/10/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本の金融所得税、実は庶民にとっては世界屈指の重税
岸田文雄総理は、金融所得課税を当面の間は引き上げない方針を述べた。この「当面」という言葉尻をとらえると、じきには増税するということになる。しかし、足元でささやかれている一律25%への増税は、本当に必要なのだろうか。実のところ日本は、我々一般人にとっては金融所得税がとても重い国でもある。増税するにしても制度設計から抜本的に見直す必要がある。(2021/10/15)

マネックス証券、「ウェルスマネジメントサービス」へ本格参入
 マネックス証券(東京都港区)は10月18日より、ウェルスマネジメントサービスの提供を本格的に開始すると発表した。(2021/10/14)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

三菱UFJ国際投信と楽天証券、ライフプランニングサービス提供 地域金融機関と協働
 三菱UFJ国際投信と楽天証券は10月6日、三菱UFJ国際投信による資産配分の助言と、楽天証券によるラップサービスのスキームを活用した新たなライフプランニングサービス「マネーの一任」を、2022年1月より提供開始すると発表した。(2021/10/11)

矢野経済研究所が国内市場を調査:
量子コンピュータ市場、2030年度は2940億円規模へ
矢野経済研究所は、国内の量子コンピュータ市場(サービス提供事業者売上高ベース)を調査し、2030年までの市場予測を発表した。2021年度見込みの139億4000万円に対し、2030年度は2940億円規模に達する見通しである。(2021/10/12)

マネックス証券、スマホ証券「ferci」利用拡大 単元未満株取引手数料無料化も追い風
 マネックス証券は10月5日、2019年6月にサービス提供を開始した、かんたんスマホ投資「ferci」の利用状況や、資産運用初心者層の利用動向や利用意向についてのレポートを発表した。(2021/10/6)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米長期金利は上昇、米債務上限問題や供給網の混乱が重荷。インフレの長期化も懸念事項に
債務上限問題やサプライチェーンの混乱が重荷となり、ダウは月間で昨年10月以来の下落率となりました。先週のFOMCで量的緩和縮小の前倒しが示唆されてから、1週間を通じて米長期金利の急ピッチな上昇が目立ちました。(2021/10/5)

資産運用サービス「THEO+ docomo」にESG関連を投資対象に採用する「THEOグリーン」が登場
NTTドコモ、お金のデザインとSMBC日興証券が共同で提供する資産運用サービスにおいて、ESG関連ETF(上場投資信託)中心に切り替えできる「THEOグリーン」が追加された。ポイント投資の運用コースにも「SDGs/ESG」のテーマを追加する。(2021/9/28)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】FOMCは無難に通過、利上げ見通しや中国恒大集団問題の不安後退など背景に米長期金利は上昇
中国恒大集団の経営不安の高まりは依然として払拭されていませんが、金融システムや中国経済への悪影響はひとまず回避できるとの見方が広がっています。(2021/9/28)

オンプレ、クラウドで増え続けるデータを一元管理:
PR:6分かかった検索が1秒に――データの一元管理と素早い分析を実現するクラウドネイティブ時代のデータ分析基盤
デジタル時代において「データ」は収益の源泉として欠かせない。ユーザーがどの段階でどのような行動を取ったかログを収集し、さまざまな角度から分析する。それをサービスや製品の改善につなげる。工場の生産ラインでセンサーデータを収集し、品質や生産性の向上に役立てることもできる。データという宝の山を生かさない手はない。ではどのような方法で、データ活用を実現できるのだろうか。(2021/9/22)

コロナ禍で投資意欲「高まった」約6割 経済的負担を和らげたい
 SBIネオモバイル証券(東京都港区)とCCCマーケティング(東京都渋谷区)は、投資に関するアンケート調査を実施した。新型コロナウイルスの感染拡大による投資意欲の変化をについて尋ねたところ、投資意欲が「高まった」と回答した人が約6割いることが分かった。(2021/9/14)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国、新型コロナ感染再拡大懸念とテーパリング時期後づれ期待の剥落
米国の新型コロナ感染者数が累計4000万人を突破し、感染拡大で経済活動の正常化が遅れるとの懸念が根強く、ダウは軟調に推移しました。(2021/9/14)

ZUUとNTTドコモの共同運営金融メディア「fuelle」「MONEY TIMES」 月間3700万PV、1100万UU突破
 金融機関のフィンテック化支援などを行うZUU(東京都目黒区)は9月9日、NTTドコモと共同運営する金融メディア「fuelle」「MONEY TIMES」の2メディア合計で、月間3700万PV、1100万UUを突破したと発表した。(2021/9/10)

ロボアドバイザー「WealthNavi」、預かり資産5500億円突破
 ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ(東京都渋谷区)は、2021年9月6日時点で預かり資産5500億円を突破したと発表した。16年7月の正式リリースから約5年1カ月での到達となる。(2021/9/8)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】日経平均は菅総理不出馬で大きく上昇、米雇用統計は予想を大きく下回る
3日に自民党総裁選に菅総理大臣が出馬しないと表明したことで、日本に新たな首相が誕生する見通しが市場を活気づけ、日経平均は大きく上昇しました。(2021/9/7)

povoの乗換方法も:
刷新したUQ mobileのプランとpovoはどちらがお得? 20GBで月額2728円プランを比較
UQ mobileは夏から9月2日にかけて段階的に料金プランを刷新し、auからより乗り換えやすくなった。オンライン専用プラン「povo」もあるが、UQ mobileの方がサービス面は充実している。povoは、使い放題24時間などのトッピング(オプション)をうまく活用できる上級者向けサービスという側面が強い。(2021/9/8)

MUFGからスマホ完結型の資産形成アプリ 株式や投資信託、クラファン、ロボアドなどをカバー
三菱UFJ銀行がスマートフォン完結型の資産形成サービス「Money Canvas」を12月に提供開始。株式、投資信託、クラウドファンディング、保険、ポイント運用などの金融商品から、ユーザーが自由に組み合わせて運用できる。(2021/9/3)

三菱UFJ、資産形成サービス「Money Canvas」 多数の資産運用スタートアップが参加
三菱UFJ銀行は9月2日、総合資産形成サービス「Money Canvas」を12月から提供すると発表した。スマートフォンを起点とし、三菱UFJグループだけでなく、複数の資産運用系スタートアップが参画する。(2021/9/2)

SBI、資産運用サービスのFOLIOを連結子会社化
SBIホールディングスの中間持ち株会社であるSBIファイナンシャルサービスは、資産運用サービス「FOLIO」などを運営するFOLIOの持ち株会社、FOLIOホールディングスの第三者割当増資21億円を引き受け、連結子会社化すると発表した。(2021/8/31)

セゾン最上位ライン「セゾンプラチナ・アメックス」リブランディング、新サービス開始
 クレディセゾンは8月24日、セゾンカード最上位のプラチナラインであるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのリブランディングを行うと発表した。時代やユーザーの価値観の変化に合わせて、一層のプレミアム性とサービス向上により新たな価値を提供する。(2021/8/25)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】経済指標の悪化やFOMCの議事要旨公表を受け上値は重い展開
先週は米国や中国の経済指標が冴えない結果が多かったほか、FOMCの議事要旨を受け量的緩和縮小の前倒しが意識され、警戒感が広がり全体的に上値が重い1週間でした。アフガニスタンの政治リスクも高まっています。(2021/8/24)

賃金体系も変更:
バブル期の大量採用世代が定年に ダイキンが急ぐ「再雇用制度」大改定の中身
ダイキン工業が、今年4月の高年齢者雇用安定法の改正に合わせ、再雇用期間を延長した。最大のポイントは、70歳までの期間延長と再雇用者の処遇の見直しだ。その詳しい中身は……?(2021/8/24)

AIが株の売り買いを提案 ここまで来た個人向けアルパカのAI投資
これまで機関投資家向けが中心だった、AIによる株式銘柄推奨。金融系AI技術を開発するアルパカは、IFAのFanと組んで、個人投資家向けに国内株式の銘柄推奨、売買タイミングの推奨を行うサービス、アルパカロボの提供を始めた。(2021/8/21)

「LayerXはもうブロックチェーンの会社じゃない」 福島CEOがnoteで告白
「LayerXはもうブロックチェーンの会社じゃない」──ブロックチェーンのコンサルティング企業として設立したLayerXの福島良典CEOが、自身のnoteでこう明かした。同社が方針を変えた理由とは。(2021/8/19)

マネックスのロボアド「ON COMPASS」 預かり資産残高100億円突破
 マネックス・アセットマネジメント(東京都港区)は8月12日時点で、おまかせ資産運用ON COMPASS(オンコンパス)の預かり資産残高が100億円を突破したと発表した。(2021/8/17)

デジタル大辞泉、新語に「テレンピック」「キャンセルカルチャー」「闇通勤」など
小学館「大辞泉」編集部が、デジタル国語辞典「デジタル大辞泉」に掲載する新語候補を毎月募集する企画で、「テレンピック」など6語を新たに選んだ。(2021/8/13)

資産運用にもコロナの悪影響? ウェルスナビ決算好調も7-9月は不透明
資産運用のロボアドバイザーサービス最大手のウェルスナビは8月13日に、2021年12月期4-6月の決算を発表した。継続的な収益を表すARRは、前年同期から88.7%増加し44億4500万円に増加。これに伴い、売上高にあたる営業収益も85.1%増加の10億5700万円となった。(2021/8/13)

カンム、1%還元のクレジットカード「Pool」事前登録開始 投資機能提供予定
 アプリから発行できるプリペイドカード「バンドルカード」を提供するカンム(東京都渋谷区)は8月11日、手元の資産形成に活用できるクレジットカード機能をもつ「Pool」のリリース予定を発表し、事前登録の募集を開始した。(2021/8/11)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】労働市場の改善が示され、テーパリング圧力高まる
先週発表された雇用統計で雇用者数が予想を大きく上回り、ダウは約2週間ぶりに最高値を更新、長期金利は1.3%台まで上昇しました。力強い雇用の回復がテーパリング圧力を高めており、市場では想定よりも早い段階での量的緩和の縮小が意識されています。(2021/8/11)

SMBC日興、ロボアドバイザー「THEO」取り扱い開始
SMBC日興証券(東京都千代田区)は8月2日より、ロボアドバイザー「THEO」および「THEO+docomo」の取り扱いを開始する。(2021/8/4)

マネックス「ON COMPASS+」預かり資産残高100億円を突破
マネックス・アセットマネジメント(東京都港区)は、7月26日時点で投資一任運用サービス「ON COMPASS+」(オンコンパスプラス)の預かり資産残高が100億円を突破したと発表した。(2021/7/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。