ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日経新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日経新聞」に関する情報が集まったページです。

日経産業新聞、3月末に休刊 創刊から半世紀
「日経産業新聞」が2024年3月29日の発行を最後に休刊する。1973年の創刊から約50年の歴史に幕を閉じる。(2024/2/13)

5大紙に強い大学ランク 採用数少なく狭き門 1位は?
今週は、朝日新聞社、産業経済新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社への就職者を集計した、「5大紙に強い大学ランク」をお届けする。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計したものだ。(2023/12/1)

キャリアニュース:
日本人の休み方実態調査、38%が休むことに「罪悪感がある」
「Job総研」と日本経済新聞社が「2023年 日本人の休み方実態調査」の結果を発表した。一緒に働く人に休暇取得を「合わせる」と40.6%が回答し、38.3%が休むことに罪悪感を抱いていた。(2023/11/9)

OpenAIのクローラーをNew York Timesなどのペイウォールメディアがブロック開始
The New York Timesや日経新聞など、ペイウォールを設置する複数のメディアが、生成AIのトレーニング用にコンテンツを収集するクローラーをブロックし始めている。(2023/8/26)

日経新聞、「To」に最大1000件のアドレス入れたままメール送信 設定ミスで
日本経済新聞社が、「To」に最大1000件のアドレス入れたままメールを誤送信した。今後はメールシステムの改修によって再発防止を目指す。(2023/7/24)

日経新聞、ウェビナー申込者の個人情報が丸見えに 氏名・年収など約3700人分 システムに設定ミス
日本経済新聞が、2022年8月に開催したウェビナー申込者の個人情報3763人分が、一時的に外部から閲覧できる状態になっていたと発表。ウェビナーで使った配信システムの設定ミスが原因という。(2023/6/15)

事業価値は30億円?:
「日経テレ東大学」公式YouTube、全動画削除 “物言う株主”からも注文
テレビ東京と日本経済新聞社がタッグを組んだニュースバラエティー番組『日経テレ東大学』の公式YouTubeチャンネルが、アーカイブ動画を全て削除した。同チャンネルは3月末で動画投稿を終了していた。(2023/6/1)

日経新聞、新卒エンジニア向けセキュリティ研修資料を無償公開
日本経済新聞社は、新卒エンジニア向けセキュリティ研修資料を無償公開した。同社が4月の新人研修で使用したもので、ページ数は30ページ以上。(2023/5/18)

24年卒理系学生に聞く人気企業TOP10 セガ・Skyなどランクイン 1位は?
2024年に卒業予定の理系大学生・大学院生に人気な企業は──マイナビと日本経済新聞社が調査結果を発表。1位は?(2023/4/20)

24年卒「機械・電気・情報系」学生に聞く人気企業 3位Sky、2位三菱重工 1位は? マイナビ・日経調べ
2024年に卒業予定の機械・電気・情報系学科の大学生・大学院生に人気な企業は──マイナビと日本経済新聞社が調査結果を発表。1位は?(2023/4/18)

選んだ理由は:
大学生が働きたい会社 理系1位は「ソニー」、文系1位は?
マイナビと日本経済新聞社は共同で、2024年卒学生を対象とした「マイナビ・日経 2024年卒大学生就職企業人気ランキング」を実施した。(2023/4/17)

24年卒の理系大学院生に人気のIT関連企業 NTTデータやキヤノン抑えての1位は?
2024年に卒業する理系大学院生に人気のIT関連企業は──マイナビと日本経済新聞社が調査結果を発表。1位は?(2023/4/14)

抜本的な対策は:
転職しやすくなる? 失業給付を迅速化「2カ月超→7日程度」 実際はどうなのか
デジタル分野など成長産業への労働移動を促すため、岸田文雄首相は2月、自己都合で離職した場合の失業給付のあり方を見直すと表明。日本経済新聞は4月11日、政府が給付開始にかかる期間を現状の2カ月以上から7日程度に短縮する方向で検討に入ったと報じた。専門家は「退職に対するネガティブな認識が変わる可能性がある」と指摘。一方で、労働移動を促すには、より抜本的な対策に踏み込む必要があるという。(2023/4/12)

24年卒に人気なIT関連企業は? NTTデータと楽天を抑えた1位はあの企業 マイナビ調べ
マイナビと日本経済新聞社は「マイナビ・日経2024年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。(2023/4/12)

「ペイ疲れ」って本当にあるの?
日本経済新聞のデジタル版に3月15日に掲載された記事で、「ペイ疲れ」 という気になるキーワードが使われていた。要は決済の場面でいちいちスマートフォンを操作せずとも支払える手段があり、それが若者世代で人気を博しているということらしい。ところでこの「ペイ疲れ」という話、本当に存在するのだろうか?(2023/3/16)

新型コロナは「コロナ2019」に 5類移行にともない変更へ 複数報じる
厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症の名称を「コロナウイルス感染症2019」に変更する方向で調整していると、日本経済新聞や産経新聞が報じている。(2023/2/16)

知らないと損!?業界最前線:
裏話を語るYouTubeが話題 V字回復でトップシェアの「レグザ」に聞いた
日経新聞が1月6日、レグザの国内テレビ首位を報じた。レグザブランドは2006年発足。順調にシェアの伸ばすが、東芝の不正会計疑惑などで人気は急降下する。現在世界第2位のテレビメーカー・ハイセンスの傘下となったのが18年だ。このV字回復の軌跡を聞いた。(2023/1/31)

岸田首相、iPhoneへのマイナカード搭載をティム・クックCEOに要請 TBSなど報じる
岸田首相は、来日中の米Appleのティム・クックCEOとの面会のなかで、iPhoneへのマイナンバーカード機能搭載の協力を要請したと、TBSや日本経済新聞が報じている。(2022/12/16)

みずほFG、楽天証券に出資報道 楽天は「当社が発表したものではない」
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、傘下のみずほ証券を通じて楽天証券に出資する方針を固めたと、10月5日付の日経新聞が報じた。(2022/10/5)

DX時代、「顧客目線」にどう立つか?:
PR:日経新聞社のCX戦略実例も 富士ソフトとオラクルが導く「次世代アフターサービス」が企業成長のエンジンに
IoTの普及やデジタル化に伴い、収集されるデータが加速度的に増加している。現在では、大量のデータをアフターサービスに活用することで、新たな付加価値の提供が比較的容易となった。データを利活用しながらより良い顧客体験を提供し続ければ、売上への貢献、ひいては新たな価値創造につながるはずだ。DX時代に求められるCX向上策とはどのようなものなのか?(2022/9/1)

オリンパス、祖業の科学事業売却との一部報道に「当社の発表に基づくものではない」とコメント
オリンパスは、顕微鏡などの科学事業を売却するとの一部報道に対し「当社の発表に基づくものではない」とするコメントを発表した。日本経済新聞やロイターによると、売却先は米ベインキャピタルが最有力候補で、売却額は3000〜4000億円規模としている。(2022/8/23)

裁判に発展したケースも:
サイバー、初任給42万円 “残業80時間”は法的に問題ないのか?
サイバーエージェントが2023年春の新卒入社の初任給を42万円に引き上げると日本経済新聞が報じ、話題を集めた。そこには80時間分の固定残業代があらかじめ含まれているとのことだが、法的に問題はないのだろうか?(2022/8/8)

ニコンが一眼レフ開発撤退と日経報道 ニコン「憶測によるもの」とコメント
ニコンが一眼レフカメラ開発から撤退すると日本経済新聞が7月12日に報じた。ニコンは、この報道に対して「憶測によるもので、当社が発表したものではありません」とコメントしている。(2022/7/12)

今日のリサーチ:
「パーパス経営」に対する経営者と社員のギャップ――インターブランドジャパンと日本経済新聞社共同調査
パーパス経営に対する意識を経営層やビジネスパーソンなどに聞いています。(2022/6/17)

2022年版「女性が活躍する会社」ランキング 3位「アフラック生命保険」、2位「りそなHD」、1位は?
「日経WOMAN」を発行する日経BPと、日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」が、2022年版「女性が活躍する会社BEST100」を発表した。(2022/5/31)

富士通が「ScanSnap」や「HHKB」のPFUを売却と日経報道 富士通「現時点で決定した事実ない」
日本経済新聞が4月25日に報じた、富士通によるPFU売却という報道に対し、富士通は「具体的に決定した事実はない」とコメントした。(2022/4/25)

テレビ東京が“全国放送っぽくふるまっていた”おわびを日経新聞に掲載 「背伸びをしていました」「全国放送テレビ局員を気取っていた」
全国で見られると思っていた人多そう。(2022/4/11)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒「機械・電気・情報系」学生に聞く人気企業 3位はトヨタとNTTデータ、2位は富士通 1位は? マイナビ・日経調べ
2023年に卒業予定の機械・電気・情報系学科の大学生・大学院生に人気な企業はどこか。マイナビと日本経済新聞社が共同で調査を行い、トップ30を公表した。(2022/4/8)

人材流出のリスクは?:
「副業」が課長になる条件!? 有望な人材は「外に出る」時代により高く羽ばたく
日本経済新聞が某大企業の人事政策を報じた。課長になる条件として、出向や副業といった外部の経験を必須とするという。こうした時代にビジネスパーソンはどう生き抜くのか。(2022/2/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

電子帳簿保存法、電子保存に2年の猶予 施行1カ月前の省令改正
2022年1月に施行される電子帳簿保存法の改正で、電子データで受け取った請求書などの保存に関して、電子的保存の義務化を2年間猶予される。日経新聞が、政府・与党の動きとして報じた。(2021/12/6)

フジテレビ、早期退職者を募集 50代以上の社員が対象
フジテレビは11月25日、早期退職者の募集を発表した。50代以上の社員が対象となっている。日本経済新聞の報道によると、フジテレビが早期退職者の募集をかけるのは17年度以来2回目だという。(2021/11/25)

ドコモ、NTTコム/コムウェア子会社化の報道について「準備が整い次第、公表する」
10月24日に日経新聞が「NTTドコモが年内をめどにNTTコミュニケーションズとNTTコムウェアを子会社化する」と報道した。この件についてドコモは「当社が発表したものではございません。本件につきましては、発表の準備が整い次第公表いたします」とコメントした。(2021/10/24)

AIで“非実在モデル”のトーク動画生成、日経が開発 報道や司会用途を想定
日本経済新聞社の研究組織「日系イノベーション・ラボ」が、AIベンチャーのデータグリッドと共同で、AIで生成した実在しないモデルがしゃべっているような動画を制作できるシステムを開発した。報道やイベントの司会として利用を想定する。(2021/10/4)

プロジェクト:
複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」着工
日本経済新聞社と大和ハウス工業は、大阪市中央区にある日本経済新聞社旧大阪本社跡地の複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」を2021年8月1日に着工した。テレビ大阪本社、ダブルツリーbyヒルトン大阪城など、多様な機能の導入による魅力の充実と観光拠点機能の強化を図る。(2021/9/3)

グーグル、pring買収で国内金融本格参入か?
日本経済新聞が7月8日、米グーグルが国内で金融事業に本格参入すると報じた。個人間送金などを手掛けるスタートアップ、pring(東京都港区)を買収する方向で最終調整に入ったとしている。(2021/7/8)

大手CDNプロバイダーFastlyで“世界的な障害” メルカリ、note、TVerなど複数サービスに影響か
CDNツール「Fastly」で6月8日午後7時(日本時間)ごろに障害が発生。「世界的なCDNの障害」といい、日本ではメルカリ、note、日本経済新聞(電子版)などのサービスに影響があったとみられる。(2021/6/8)

コロナ禍で順位に変動が:
22年卒の就職企業人気ランキング 理系1位は「味の素」、文系は?
マイナビと日本経済新聞社は2022年卒学生を対象とした「大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。(2021/4/9)

サイゼリヤ、コロナ収束後も午後10時以降の営業取りやめ
サイゼリヤは営業時間の短縮と、酒類販売の休止期間の延長を発表した。政府からの緊急事態宣言の発令と自治体からの要請を受けての対応。同社の堀埜一成社長は日本経済新聞の取材で、午後10時以降の営業を正式に取りやめることを明らかにした。(2021/3/9)

大山聡の業界スコープ(39):
半導体不足という「有事」が問うニッポン半導体産業のあるべき姿
2021年2月6日付の日本経済新聞1面に「半導体『持たざる経営』転機 有事の供給にリスク」という記事が掲載された。昨今はこの記事以外にも半導体業界に関する記事が注目を集めているようで、この業界に長らく関わっている筆者としてもありがたいことだ。ただ、半導体業界関連の記事をよく読んでみると「そうかな?」と首をかしげる記事も少なくない。冒頭に挙げた記事も、分かりやすく簡潔にまとまっているように見えるが、逆にまとまり過ぎていて、筆者の主張したいことが多々こぼれ落ちているように読めた。そこで、今回は半導体産業のあるべき姿について、私見を述べさせていただくことにする。(2021/2/10)

保育インフラや補助を調査:
「共働きで子育てしやすい街」ランキング コロナ対応の支援も充実、1位の自治体は?
日経BPと日本経済新聞社が2020年版の「共働き子育てしやすい街ランキング」を発表。全国151自治体の子育て支援制度を調査し、保育施設の充実度や子育て世帯への補助などを評価。総合1位には千葉県松戸市が選ばれた。(2020/12/26)

石川温のスマホ業界新聞:
武田良太総務大臣がKDDIに「ガッカリした」と大激怒――メインブランド値下げにこだわり、楽天とMVNOは切り捨てか
日本経済新聞に掲載されたKDDIの高橋誠社長のインタビュー記事に対して、武田良太総務大臣が怒りをあらわにした。UQ mobileの新料金プランを評価していたにもかかわらず、メインブランドの値下げを要求し始めたのだ。これで割を食うのは、楽天モバイルとMVNO各社だろう。(2020/12/4)

コロナ禍で関心高まる:
副業に「関心ある」6割 できない理由は“勤務先の規則”の壁
日経HRと日本経済新聞社が実施した副業に関する調査結果によると、約6割が副業に「関心がある」と回答し、新型コロナウイルス感染拡大後に副業をしようと考えた人は約3割だった。新しい働き方が広まり、副業に関心を持つ人が増えているようだ。(2020/12/3)

ドコモ、携帯料金値下げ報道に「当社が発表したものではない」
NTTドコモが携帯電話料金の値下げやサブブランドの導入を検討していると、日本経済新聞が11月30月に報じた。これに対しドコモは「当社が発表したものではない」とコメントした。(2020/12/1)

ドコモ、料金値下げやサブブランド導入の報道に「決定したものはない」とコメント
NTTドコモが料金プラン値下げの最終調整に入った――と11月30日に日本経済新聞が報道。これに対して、ドコモは「当社が発表したものでない」「決定したものはない」とコメント。政府の携帯料金値下げに対し、KDDIはUQ mobile、ソフトバンクはY!mobileで新料金プランを発表している。(2020/11/30)

金融庁、システム障害の東証に立入検査 マニュアルの不備が原因
 金融庁は、10月1日にシステム障害を起こし売買停止となった東京証券取引所に立入検査を実施する方針を固めた。日経新聞が19日に報じた。(2020/10/20)

ロボアドのウェルスナビが年内にも上場
ロボアドバイザー国内最大手のウェルスナビが上場準備に入った。東京証券取引所に上場申請を行い、年内にも上場する見通しだという。日経新聞が報じた。同社は上場報道について、「当社が発表したものではありません。当社は今後の事業拡大に向け、さまざまな可能性を検討しておりますが、現段階で決定している事実はありません」としている。(2020/10/19)

「笑ってしまった」「記念に買った」 東証取引停止で日経新聞に「無」の面が誕生
こんなことあるんだ。(2020/10/2)

香港の民主活動家・周庭さん、Twitterを再開 「日経広告が犯罪の証拠はおかしい」警察の姿勢に疑問
香港の民主活動家・周庭さんが9月2日、公式Twitterアカウントを更新した。8月に国家安全維持法に違反した容疑で逮捕された際、警察が犯罪の証拠として挙げたものが、2019年に日本経済新聞に掲載された意見広告であることに疑問を呈した。(2020/9/2)

NTTとNEC、資本業務提携「協議中」 5G通信設備など共同開発へ
NTTがNECに約600億円の出資を行うと、日本経済新聞などが報道。これに対しNECは「NTTとの資本業務提携については協議中」と声明を出した。(2020/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。