ニュース
» 2009年04月08日 12時49分 UPDATE

既存の認証情報と連携:Google Apps対応のシングルサインオン、日本HPら3社が提供へ

日本HPとサイオス、エクスジェンは、Google Apps対応の統合ID管理サービスで協業する。

[ITmedia]

 日本HPとエクスジェン・ネットワークス、サイオステクノロジーは4月8日、GoogleのWeb型統合アプリケーション「Google Apps」に対応した統合ID管理サービスで協業すると発表した。

 3社では、日本HPのシングルサインオン製品「HP IceWall SSO」とエクスジェンのID管理製品「LDAP Manager」、サイオスのGoogle Apps用シングルサインオンシステム、「LDAP Manager」用Google Appsアカウント連携システムを連携させる。これにより、社内のID管理システムとGoogle AppsのIDの一元管理でき、Google Appsにシングルサインオンできるようになる。

 また、社内IDの変更情報とも連携し、自動的にGoogle AppsのIDおよびパスワードの登録、変更、削除が行われる。「HP IceWall SSO」のMACアドレス認証オプションやクライアント証明書オプションも利用できる。

 サービス価格は個別見積り。今後はGoogle Apps以外のSaaS型サービスへの対応を進める。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ