ニュース
» 2009年04月15日 14時18分 UPDATE

VMwareにも対応:EMC、Xeon 5500プロセッサ搭載ストレージ「Virtual Matrix」発表

EMCの仮想データセンター向け新ストレージシステムは、2ペタバイトの容量、1テラバイトのメモリを実現し、数十万台の仮想マシンをサポートする。

[ITmedia]

 米EMCは4月14日、ハイエンドストレージSymmetrixシリーズの新製品「Virtual Matrix(V-Max)」を発表した。

 V-Maxは「V-Max Engine」というビルディングブロックで構成される。V-Max EngineはIntelの新しい4コアプロセッサXeon5500番台を搭載し、フラッシュメモリは128Gバイトまで拡張できる。1台のシャーシに8台のV-Maxエンジンを設置でき、ファイバチャンネル、SATAドライブとともに構成することもできる。ホストとドライブはそれぞれ16まで拡張可能。

 仮想データセンターを実現する新技術「Virtual Matrix Architecture」によりV-Maxを連結することで、最大2400台のドライブで2ペタバイトの容量と1テラバイトのグローバルメモリを実現し、数十万台のVMwareなどの仮想マシンをサポートできるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ