ニュース
» 2009年05月14日 06時26分 UPDATE

過去最高金額:欧州委員会、Intelに独禁法違反で約14億4000万ドルの制裁金

過去最高金額の制裁金と違法行為の即時停止を命じる決定に対し、Intelは取り消しを求めて控訴する意向を明らかにした。

[ITmedia]

 欧州委員会は5月13日、米Intelが欧州独占禁止法に違反したとして10億6000万ユーロ(約14億4000万ドル)の制裁金支払いを命じた。欧州委員会が企業に科した制裁金としては、米Microsoftに対する11億6000万ドルを上回る過去最高金額となった。

 Intelは同日発表した声明で、この決定を誤りであるとし、取り消しを求めて欧州第一審裁判所に控訴することを発表した。ポール・オッテリーニ社長兼CEOは「われわれは欧州法に違反したとは考えていない。技術改革により高品質な製品を低価格で提供することができ、結果的に市場を支配した」としている。

 欧州委員会によると、IntelはCPU市場での独占的な地位を悪用し、独禁法に違反したという。具体的には、コンピュータメーカーと大手小売店に対し、Intel製CPUのみを使ったPCの製造・販売を条件にリベートを支払ったとしている。また同社はコンピュータメーカーに対し、競合するAMD製CPU搭載PCの製造の中止または延期を求めたという。欧州委員会は制裁金とともに、これらの違法行為の即時停止も命じた。

 欧州委員会が公開したメモによると、制裁金の金額はIntelの2008年の売上高の4.15%に当たる。Intelはこの決定から3カ月以内に制裁金を支払う必要がある。542ページに上る裁定書は近く公開する予定。

関連キーワード

Intel対AMD | Intel | EU | 独占禁止法 | CPU | AMD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -