ニュース
» 2009年05月19日 18時23分 公開

EMCのAtmos採用:AT&T、クラウドベースの企業向けストレージサービス発表

AT&Tのクラウドストレージサービス「Synaptic Storage as a Service」は、将来的にはグローバルな需要に対応する計画だ。

[ITmedia]

 米AT&Tは5月18日、企業向けのオンデマンド式ストレージサービス「AT&T Synaptic Storage as a Service」を発表した。ユーザーはPCやスマートフォンなどからAT&Tが運営するストレージにデータを保存したり取り出すことができる。

 ユーザーはWebベースのポータルページでユーザーポリシーを設定できる。容量は必要に応じて拡大縮小され、料金は使用した容量に対して課される。

 AT&Tは米EMCと提携し、同サービスの開発とマーケティングを共同で行う。EMCのクラウドアプライアンスパッケージ「Atmos」をプラットフォームとして採用した。

 同社は今月一部の顧客にサービスを提供しており、第3四半期(7〜9月)に一般公開する見込み。現在はAT&Tの米国内のデータセンターで運営しているが、将来的にはグローバルな需要に対応するために米国外のデータセンターもサービスに加える計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -