ニュース
» 2009年06月24日 07時55分 UPDATE

IDC Japan調べ:09年1Qの携帯電話出荷台数、前年比40.1%減と大幅下落

IDC Japanの発表によると、2009年1Qにおける携帯電話の国内出荷台数は前年同期比40.1%減と大幅に落ち込む。出荷台数の回復は3Q以降になる見通しだ。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは6月23日、国内における携帯電話市場の2009年第1四半期(1〜3月期:1Q)の実績と今後の見通しを発表した。

 2009年1Qの国内出荷台数は、前年同期比40.1%減の830万台となった。1Qの成長率は直近の5年間で最低を更新。出荷台数は6四半期連続でマイナス成長だった。

 市場縮小の原因についてIDC Japanは、(1)技術面で市場をけん引するような上位端末の不足、(2)通信事業者側の在庫問題、(3)景気の低迷による端末販売台数の落ち込み――の3点を指摘する。

image 2009年第1四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア(出典:IDC Japan)

 1Qにおける端末ベンダー別の出荷台数シェアは、1位がシャープだった。獲得シェアは21.3%で、12四半期連続でトップを維持した。だが景気低迷の影響は避けられず、前四半期と同様、二けたのマイナス成長になっている。2位は19.8%のシェアを獲得したパナソニックモバイルで、シャープとは僅差だった。3位には富士通がランクインしている。

 IDC JapanでPC 携帯電話&クライアントソリューション シニアアナリストを務める木村融人氏は「2Qはマイナス傾向に歯止めが掛かる可能性があるが、厳しい出荷状況が続く。成長率の回復は3Q以降になる」と、同市場の回復を予測している。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

携帯電話 | ベンダー | 富士通


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -