ニュース
» 2009年09月10日 13時29分 公開

日立情報とラック、BCMサービスで提携

日立情報とラックは、事業継続性管理(BCM)に関する人材育成やシステム構築支援などのサービスを提供する。

[ITmedia]

 日立情報システムズとラックは9月10日、事業継続マネジメント(BCM)に関するサービス提供で協業すると発表した。今後3年間で5億円の売り上げを見込む。

 2社では企業が短期間にBCMの体制を構築できるのを支援することを目的に、人材育成からシステム構築、運用の支援、コンサルティングなどのサービスを体系化して提供する。第一弾として、10月下旬から企業の実務に即したBCMの基礎計画を策定する「実習型教育サービス」を提供する。

 同サービスを受講することで、英国のBCM規格「BS25999」に準拠した知識を修得でき、自社の環境に適したBCMの構築へ速やかに着手できるようになるという。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -