ニュース
» 2009年09月16日 17時55分 公開

Googleは政府向けクラウド構築を発表:米政府、政府機関向けクラウドサービス購入サイト「Apps.gov」開設

オバマ政権によるコスト削減の取り組みの一環として、無駄のない新技術の調達を支援するサイトを開設した。GoogleやSalesforce.comのサービスが登録されている。

[ITmedia]

 米連邦政府は9月15日、政府機関のクラウドサービス購入を支援するサイト「Apps.gov」を立ち上げたと発表した。ビベック・クンドラCIO(最高情報責任者)によると、同サイトはバラク・オバマ大統領による政府のコスト削減・技術革新への取り組みの一環という。

 Apps.govは複数のベンダーによるクラウド関連サービスを検索、購入するアプリストアになっており、「ビジネスアプリ」「プロダクティビティアプリ」「クラウドITサービス」「ソーシャルメディアアプリ」の4つのカテゴリーに分けられている。クラウドITサービスにはまだ購入できるサービスは登録されていないが、将来的にはクラウドストレージや仮想マシンが購入できるようになるもようだ。

apps.gov

 現在、米Salesforce.comのForce.comや米GoogleのGoogle Appsなどの有料サービスのほか、MySpace、Facebook、FriendFeed、Flickrなどの無料サービスも登録されている。有料サービスは、米一般調達局(GSA)のオンラインシステムを通じて購入する。

 GoogleはApps.govについて公式ブログでコメントを寄せており、現在政府向けクラウドを構築中で、2010年中にはサービスを開始することを明らかにした。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -