ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IT調達」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IT調達」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

NECが「官公庁向けDX」提供 行政のデジタル化を支援
NECが行政のデジタル化支援に向け「官公庁向けDXソリューション」の提供を始める。政府が推進するガバメントクラウドを活用して行政のDXを支援する位置付け。(2022/1/19)

大阪府、IT業務民営化検討 2023年度にも新会社設立
大阪府が庁内のIT関連業務を民営化させるため、民間企業と共同出資する新たな事業会社の立ち上げを検討している。“縦割り行政”を新会社が打破し、システムの調達から開発、運用までを統合。民間に比べて遅れているデジタル改革を加速させるのが狙いだ。(2022/1/5)

PR:世界有数の売り上げを誇るIT商社が日本で仕掛ける「脱ハコモノ」化 6つの秘策とは
ITの売り方が変わりつつある。地方中小企業もIaaSやSaaSにシフトする中、従来型ビジネスモデルのIT商社がこの先も成長するために必要なのは何か。(2022/1/11)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “政府とIT”編:
デジタル庁創設で何が変わったか? 「仲良くないけど期待しかない」府省庁の胸の内
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、農林水産省のITテクニカルアドバイザーを務める坂本俊輔氏。他の府省庁のIT人材にとって、デジタル庁はどんな存在なのか? 期待や課題、おカネの話まで──「政府とIT」の実情を聞いた。(2021/12/21)

さくらのクラウドやSlackが“政府認定クラウドサービス”に登録 各省庁の調達対象に
政府が「さくらのクラウド」や「Slack」など14サービスを、クラウドサービスの認定制度「ISMAP」のリストに登録。政府調達の対象として認定した。(2021/12/20)

スマートリテール:
有人店舗のAI無人店舗化を支援する、サイバーエージェントが新子会社設立
サイバーエージェントは2021年12月17日、小売業向けのAI技術を活用した無人店舗ソリューションを提供、開発する子会社CA無人店舗を同年11月19日に設立したことを発表した。(2021/12/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
なぜコーポレートITはコスト削減率が低いのか――既存産業を再定義することでDXを推進
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモートワークなどの新しい働き方が進んだ一方、情報システム部門の負荷が高くなったことが、企業のDX推進を阻害する要因の一つ。この課題を解決するために立ち上げたラクスルの新規事業とは。(2021/12/14)

PR:変革を求められるオフィス家具の新常識! 「レンタル」で実現する“持続可能な”働き方改革とは?
生産性を高めるオフィス空間に必要な家具とはどのようなものか、頻度が増したオンライン会議を円滑に進めるために何が必要か――多くの企業が新しい「オフィス空間」づくりの準備に追われている。しかし、世は「予測不能な時代」。いつ何時、事情が変わるかもしれない中で、イチからオフィス家具を買ったり、リースで中長期契約をしたりするのは、資金や体力を大きく消耗してしまう。ではどうすればいいのか?(2021/12/14)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(後):
仕組みは作った、人はまだか
民間人材の登用、標準ガイドラインや工程レビュー。政府は健全なベンダーマネジメントを行うためにさまざまな施策を行ってきた。だがしかし、1番大きな問題がまだ残っている。(2021/11/19)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(前):
あるお役所がCOBOLで書かれた古いパッケージソフトを使い続けている理由
マイナポータルの不具合、1円入札、COCOAのゴタゴタ──失敗の宝庫ともいえる政府ITの失敗と改善の歴史から、ベンダーマネジメントの勘所を学ぼう。(2021/11/18)

意志と覚悟の構造改革 脱丸投げ最前線:
PR:エディオンが語る「ITの主導権を取り戻す契機となったクラウド移行プロジェクト」とは
大手家電量販店チェーンのエディオンは、複数基幹システムのクラウド移行を1年で完了した。同社はIT戦略における主体性の欠如という課題にどのように向き合い、ITベンダーと協力体制を築いたのか。(2021/11/19)

サプライチェーンの観点で考える 中小企業がセキュリティ対策を怠ってはいけない2つの理由
近年、大規模なサプライチェーン攻撃が増加傾向にあるが、この問題は大企業だけが気を付ければいいというわけではなく、むしろサプライチェーンの一環を担う中小企業こそ関心を持つべきだ。中小企業がサプライチェーンセキュリティを怠ってはいけない2つの理由を解説する。(2021/11/1)

JALとANA、国内線チェックインシステムを共同利用へ 搭乗ゲート統一も
JALとANAが国内線空港で、チェックインシステム機器の共同利用へ。保安検査場のゲート、搭乗ゲートの改札機などを、両社が共同利用できるようにする。(2021/10/22)

「従業員任せのテレワーク環境」に終止符を:
PR:テレワーク最大の課題、セキュリティとネットワークを同時に強化する仕組みとは
新たな働き方として拡大、浸透しつつある「テレワーク」。だが、その実践にはまだまだ障壁があり、頭を悩ませている企業や組織もある。特に課題とされているのが「セキュリティ」と「ネットワーク」だ。安全で安心、効率的なテレワーク環境の構築には、どのような進め方が有効になるのだろうか。(2021/9/13)

電力供給サービス:
実物大ガンダムが再エネ100%で“動く”、みんな電力が「ハマウィング」から電力供給
みんな電力が「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に、横浜市風力発電所で発電する電力を供給。「動くガンダム」などが話題の同施設の電力を、100%再生可能エネルギー由来に切り替える。(2021/9/15)

kintone、Boxなどが“政府認定クラウドサービス”に セキュリティ評価制度「ISMAP」に追加
政府が、セキュリティ評価制度「ISMAP」にサイボウズのクラウド基盤「cybozu.com」、グループウェア「Garoon」、ノーコード開発ツール「kintone」、米Boxのクラウドストレージ「Box」を登録したと発表した。サイボウズとBoxの製品は初登録。(2021/9/14)

パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【後編】
オンライン教育の仕組みはある、でも学生のPCがない その時、大学のIT幹部は何をしたか
ロックダウンの兆候を察知し、迅速にテレワーク用システムを構築したブラッドフォード大学には、まだ課題があった。それは職員や学生のデバイスの調達だ。同校のIT部門はどのように解決したのか。(2021/9/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
病院システムの課題を解決、ヘルスケア分野の5つの事例に学ぶITインフラ刷新術
さまざまな業界でITインフラの刷新が進んでいる今。ヘルスケアの分野でも、データやデバイスの管理、乱立するシステムの運用管理やコストなどの面で課題を抱えて組織が増えている。その解決策を5つの事例から探る。(2021/9/10)

パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【前編】
学生1万人の大学がテレワーク用システムを10日で構築、IT幹部に聞くその舞台裏
教育機関も新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた。英国のブラッドフォード大学はロックダウンの兆候を察知し、テレワーク用システムの整備を加速させた。同校のIT部門幹部に、そのいきさつを聞いた。(2021/9/2)

米バイデン政権、若いIT技術要員育成の「US Digital Corps」立ち上げ
米バイデン政権はIT人材プログラム「US Diigtal Corps」を発表した。新型コロナ対策やサイバーセキュリティで必要な技術者を育成・採用する2年間のフェローシップ。今秋まずは30人で開始する。(2021/8/31)

コロナ禍をITで乗り越えるエジンバラネピア大学【前編】
学生2万人の大学がオンライン教育に生かした「Horizon」×「Azure」のVDIとは?
英国のEdinburgh Napier Universityは、COVID-19のパンデミック前から構築してきたVDIを生かし、オンライン教育へと迅速に移行した。「VMware Horizon」と「Microsoft Azure」で構築したという、同校のVDIとは。(2021/8/23)

ハイブリッドクラウドの悩ましき課題
ハイブリッドクラウドで全体把握が困難に、IT運用・監視はどう変わるべきか?
ハイブリッド/マルチクラウドが普及する一方、ITインフラ運用担当者からすると、複数の管理対象を個別に取り扱う必要があるため全体像が見えづらいのに加え、俯瞰的かつ横断的な監視が難しいなど課題も多い。これらを解消する方法とは?(2021/9/3)

DRMとは? DX時代のリスクマネジメントは従来と何が異なるか DX推進特有のリスクと対応体制
DX推進は輝かしい成果に目が行きやすく、成果を急ぐ経営陣も多いだろう。だがサイバーセキュリティインシデントへの対応体制は十分だろうか。事業成長の核を担うDX施策のリスクに対応する体制整備の在り方を取材した。(2021/8/2)

IaaS障害はどこでどうやって起きるのか? ユーザー企業が受けるサービスダウン以外の影響とは
日本では官民でIaaSの活用が進んでいるが、大手クラウドサービスの影響力が増した分、障害発生時の影響の大きさも目立ってきた。IaaS障害に対処するには、障害が発生する場所と原因、影響範囲を知り、冗長性確保や責任の明確化などを行うのが重要だ。(2021/7/16)

MacやAndroidからも利用できる:
「Windows 365」をMicrosoftが発表、「Cloud PC」を実現するクラウドサービス
Microsoftは「Windows 10」や「Windows 11」(2021年中にリリース予定)を体験する新しい方法としてクラウドサービス「Windows 365」を発表した。2つのエディションがあり、2021年8月2日から提供を開始する。(2021/7/16)

テレワーク中のセキュリティ対策とPC故障対策は
Windows更新やデータ漏えい対策を根本的に変えた「テレワークPC」とは
テレワークに適したPCを調達するときに、PCのコストやセキュリティ対策、管理方法が課題になることがある。PCの選定と調達方法を見直し、セキュアで快適なPC利用と管理者の業務負荷軽減を両立させるには。(2021/7/9)

Weekly Memo:
増える負担、移行も困難――病院を悩ます「3つのシステム課題」を解決するには
病院のITモダナイゼーションは“難しい”といわれる。ITインフラの老朽化や人材不足、ロックインといった課題を打破しようと動き出したレノボの提案は、それらをどう解決しようというのか。また、その過程で必要になる病院自身の変化とは。(2021/7/5)

サプライチェーンリスク管理は「経営課題」:
PR:専門家が警鐘「自社だけ守ればいい」は通用しない
サイバーリスク対策は、自社のためだけにするものではない。Webセミナー「サプライチェーン・サイバーリスクDAY」に登壇した4法人が、それぞれの観点から最新の動向と対策のポイントを解説した。(2021/6/24)

Microsoftの「Azure」などが“政府認定クラウド”の仲間入り セキュリティ評価制度「ISMAP」に登録
日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」など約230のサービスと、43のリージョンを含むデータセンターが、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)の登録を受けた。登録を受けた同社の製品は政府調達の対象品目となる。(2021/6/23)

デバイス管理のモダナイゼーション:
PR:ニューノーマルのPC運用はどうする? IT管理者の悩みを解決する「Device as a Service」とは
コロナ禍でテレワークを余儀なくされた企業も多い。緊急事態に対処するIT管理者の悩みは尽きないが、中でも「PC運用」は業務遂行やセキュリティに関わる重要な課題の一つだ。PCのレンタルやリース、PC運用のアウトソーシングサービス以外にも運用を軽減できる手段がないだろうか。(2021/6/15)

海外医療技術トレンド(72):
厚労省が推奨しない「BYOD」、米国は医療テレワーク拡大に向け積極導入へ
本連載第66回および第68回で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応下の米国動向を紹介したが、今回はその米国で拡大する医療テレワークと「BYOD(Bring Your Own Device)」の問題を取り上げる。(2021/6/18)

「Chromebookは学校用」という常識を覆す
「Chromebook」がテレワーク用デバイスに向いている、これだけの理由
セキュリティや管理性、起動速度、価格といった観点で評価すると「Chromebook」はテレワーク用デバイスとして十分な可能性を秘めていることが分かる。Chromebookがなぜビジネス用途に適しているのかを考察する。(2021/6/16)

コロナ禍「日本のIT敗戦」の深層を考える
西田宗千佳さんが、コロナ禍に対する国の施策がなぜうまくいかなかったのかを解き明かす。(2021/5/26)

ITコスト最適化の7大ポイント【第1回】
Gartnerお墨付き ITコスト最適化に役立つ「4層フレームワーク」とは?
企業がコストを抑えながらビジネスを継続させる上で重要なのが、ITコストの最適化だ。Gartnerが示すフレームワークを参考に、ITコスト最適化の具体策を検討する。(2021/5/7)

大学のIT導入を成功させる5つの方法【後編】
大学のIT部門は「1つのIT製品で全てをまかなう」にこだわり過ぎてはいけない
学生と教職員のニーズを同時に満たし、規模に応じたシステムの運用や構築をするために、大学のT部門は何をすればよいのか。テネシー大学の事例を基に、そのヒントを探る。(2021/4/21)

ドローン:
“安全安心”な国産ドローンが1年弱で完成、産業用小型市場を開拓へ
NEDOが2020年度から進めてきた事業「安全安心なドローン基盤技術開発」の成果について説明。同事業は、災害調査やインフラ点検における政府や公共部門のニーズに対応する、安全性や信頼性を確保した標準ドローンを設計・開発する内容で、コロナ禍の中1年弱で新たなドローンの開発にこぎつけた。(2021/4/14)

大学のIT導入を成功させる5つの方法【前編】
大学のIT部門が「学生や学部からの反感」を買わないIT調達のこつとは?
さまざまな立場の人が関わる大学で、エンドユーザー全員のニーズを過不足なく満たすIT戦略を策定することは困難だ。ニーズに折り合いを付け、IT製品の導入を成功させるために必要なこととは。(2021/4/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「強いIntel」復活なるか 新CEOの2兆円投資がPCユーザーにもたらすもの
Intelのパット・ゲルシンガー新CEOが発表した新しい戦略は「強いIntel」の復活を予感させるかのような内容だった。2兆円を投じた新工場建設をはじめ、新しいIntelの戦略はPCユーザーに何をもたらすのだろうか。(2021/3/29)

特別対談:
PR:NECとAWSの強力タッグでデジタルガバメントを推進 「デジタルファーストで社会を変える」
(2021/3/12)

株式会社日本HP、アルファテック・ソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PC調達から返却まで効率化、サブスク型PCライフサイクル管理サービスとは
多岐にわたるPCの管理業務を担うIT部門。IT人材不足の組織では、その負担の大きさのため、PCのアップデートや故障対応などに手が回らないこともあるようだ。そこで注目されるのが、月額利用型のPCライフサイクルマネジメントサービスだ。(2021/2/10)

PR:コロナ禍で浮き彫りになったクリエイティブ企業の課題 経験をポジティブに生かすためにできること
(2021/1/28)

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

「サプライチェーンリスク」にどう備える?:
PR:サーバ運用管理は「テレメトリー+AIOps」で激変 最新技術の潮流を見る
サーバの運用管理が変化を迎える中、サーバ流通時の不正プログラム混入など「サプライチェーンリスク」への懸念が高まっている。企業はサーバの運用管理をどう設計すべきか。最新技術を紹介する。(2021/1/19)

IDC、国内情報セキュリティ市場予測を発表 需要継続の背景とは
2020年上半期までの実績に基づいた「国内情報セキュリティ市場」の予測によると、2020年はテレワークやクラウドシフトなどが影響し、市場拡大の見込み。特にセキュリティソフトウェア/サービスは2021年以降も堅調に推移するが、アプライアンス市場は縮小の予想。その理由とは?(2021/1/14)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
性能そのままにコスト30%削減、専門家に聞くEPYC搭載サーバの“本当のところ”
サーバ用CPUとして近年急速に評価を高めるEPYCは、2台分の予算で3台調達可能ともいわれる圧倒的なコストパフォーマンスで注目されている。だが互換性や運用効率など、気になる点も多いはずだ。専門家に、メリットや懸念点の真相を尋ねた。(2021/8/2)

海外医療技術トレンド(65):
米国規制当局のDXが医療イノベーションに及ぼす影響
本連載第23回で米国保健医療行政のIT戦略を取り上げたが、その後、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速している。(2020/11/13)

ほぼ月刊AWS(3):
日本政府がAWSを採用したからといってデジタル化が進むわけではない理由
Amazon Web Servicesを採用した日本の中央官庁向け共通IT基盤が稼働を開始しました。他の公共機関や、場合によっては民間もクラウド調達の参考にできそうな、新たな調達方法が考案されています。ただし、本当の課題解決はこれからだと考えられます。(2020/10/19)

日本政府、AWSベースの情報システム基盤を運用開始 デジタルシフトの起爆剤になるか
日本政府が「第二期政府共通プラットフォーム」の利用を始めた。これまで各省庁が個別に運用してきたシステムを、AWSを基盤とするITインフラに集約したものだ。AWSジャパンの宇佐見潮執行役員(パブリックセクター統括本部長)が、記者向け説明会でその概要と利点を解説した。(2020/10/14)

「IT調達制度そのものが問題」:
「なぜ日本政府が作るソフトウェアは使えないモノばかりなのか?」――中島聡氏が考える「日本社会のDX」の要件
エンジニア起業家の草分けでもある中島聡氏が、小泉進次郎氏など自民党の若手議員が集まる勉強会で「日本政府によるIT調達がなぜうまくいかないか」をプレゼンしたという。具体的にどのような内容だったのか、話を聞いた。(2020/10/9)

テレワーク従業員向けの新しいPC調達基準を整理:
PR:情シス、総務が押さえるべき「これからのPC調達のチェックポイント」とは
急激なテレワーク対応をきっかけに、企業のPC管理は在宅で勤務する従業員の端末をどう保護し、生産性を向上させるかが重要になった。特にサイバー攻撃や情報漏えいへの対応は今まで以上に警戒が必要だ。本稿ではPC選定の新基準を紹介する。(2020/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。