ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

保護主義懸念も:
自動車メーカーが北米で苦戦、安売り後遺症
北米の自動車市場で、日本メーカーの苦戦が目立っている。米国でスポーツ用多目的車(SUV)人気が続いていることも、セダンに強みのある日本勢にとっては逆風になっている。トランプ大統領の保護主義的な政策も不安要素となり……。(2019/6/18)

「“ストレス解消用”トランプ大統領像を日本企業が中国見本市に出展」報道、企業側は全否定(※追記あり)
暴力的な展示があったとして、ブースが閉鎖されたと報じられていました。(2019/6/14)

オバマ前大統領夫妻、Spotifyでポッドキャスト配信へ
バラク・オバマ前米合衆国大統領とその妻ミッシェル・オバマ氏のプロダクションがSpotifyと複数年契約を結び、ポッドキャストを独占配信する。このプロダクションは2018年にNetflixとの契約の際に立ち上げたものだ。(2019/6/7)

Huaweiへの取引停止で米企業に打撃 対中関税、Nikeは大統領に抗議の書簡
トランプ米政権が中国の通信機器大手、Huaweiに発動した禁輸措置で、同社との取引を停止する動きが米企業に広がっている。米Nikeなど約170社が「壊滅的な影響」が出るとの公開書簡をトランプ大統領に送付。公然と米政府の方針を批判する声も出てきた。(2019/5/22)

トランプ政権、「SNSの政治的バイアス」を報告するツールを公開
以前からTwitterなどによる共和党員差別を批判するトランプ大統領政権が、「SNSの政治的偏見」を報告するアンケートツールを公開した。(2019/5/16)

トランプ米大統領、“Huawei締め出し”大統領令に署名
ドナルド・トランプ米大統領は5月15日(現地時間)、国家緊急事態を宣言し、米国企業による非米国企業の通信機器使用を禁止する大統領令に署名した。(2019/5/16)

TwitterのドーシーCEO、トランプ大統領と会談──Motherboard報道
Twitterのジャック・ドーシーCEOがホワイトハウスの招待を受け、ドナルド・トランプ米大統領と会談した。トランプ大統領は「素晴らしい議論だった」とツイートした。(2019/4/24)

英警察が逮捕したアサンジ氏、米司法省が起訴 ロシアによる米大統領選干渉の全容解明に期待
ロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んでいた内部告発サイト「ウィキリークス」創設者、ジュリアン・アサーンジ容疑者が逮捕されたことを受け、米司法省は11日、機密文書入手のためコンピューターに侵入した疑いで、同容疑者を訴追したと明らかにした。(2019/4/12)

利下げを迫る“口先介入”に出るか:
トランプ氏の本音は利下げ? FRBに恨み節
トランプ米大統領が3月22日の米テレビ番組で、米連邦準備制度理事会(FRB)に対し、「利上げがなければ米国の経済成長率は4%を超えていたはずだ」と不満を述べた。「低金利が好きだ」と公言するトランプ氏は、利上げを進めるパウエルFRB議長を繰り返し批判。FRBは20日に年内の利上げを見送る見通しを示したばかりだった。「強い経済」を看板とするトランプ氏が、今後の景気次第で、ツイッターなどで利下げを迫る“口先介入”に出る局面も想定される。(2019/4/3)

米大統領も開発促すツイート:
高まる6Gへの関心、テラヘルツ波利用も視野
ドナルド・トランプ米大統領は2019年2月21日(米国時間)、「米国企業は6G(第6世代移動通信)実現に向けた取り組みを強化しなければならない」とツイート。米国連邦通信委員会(FCC)は、95GHzと3THzの周波数の利用に向けて、新しいカテゴリーとなる実験用ライセンスを作成した。(2019/4/2)

4月2日、Google+終了。月間ユーザー5億人、大統領やAKBも活用した「巨大SNS」の夢はなぜ破れたのか?
Google+が失ったものと、残したもの。(2019/4/2)

米大統領選出馬のウォーレン議員、GAFA解体を公約に
次期大統領選への出馬を表明した民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)を解体する構想を発表した。プラットフォーマーを解体することが「インターネットの未来を守る」ことになるとしている。(2019/3/11)

AppleのクックCEO、Twitterの名前を「ティム・アップル」に
トランプ大統領に「ティム・アップル」と呼ばれてしまったことがTwitterで拡散したAppleのティム・クックCEOが、自身の公式Twitterアカウントの表示名を「ティム・(Appleロゴ)」に変更した。(2019/3/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの「スパイ工作の証拠」を米国が示さない理由
中国の通信機器大手、ファーウェイを巡る情報が飛び交っている。排除を進める米国に対して「スパイ工作の証拠はない」と主張。トランプ大統領がファーウェイ排除の「見直し」を検討しているという話もある。今、ファーウェイ問題はどうなっているのか。(2019/2/28)

どこかで見た気がする鬼強ムキムキ大統領が異世界で無双する スカッと爽快な漫画『ライドンキング』
「異世界ハーレムには飽きた」という人はぜひ。(2019/2/21)

トランプ米大統領、AI推進の大統領令に署名「海外敵対者に対する米国のAI優位性を保護」など
トランプ米大統領が、米国のAI(人工知能)推進に関するイニシアチブ「American AI Initiative」」に署名した。国家のデータを米国企業や研究者に提供し、“海外の敵対者”に対抗するための行動計画を実施する。(2019/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターバックス元CEOの嫌われっぷりを加速させる「大迷惑」な挑戦
米スターバックスのハワード・シュルツ前CEOが2020年の大統領選に出馬する意向を示し、騒動になっている。トランプ大統領の再選を阻止したい有権者にとっては大きな迷惑となり、「出馬するな」という声が飛び交う。シュルツはなぜこんなにも嫌われているのか。(2019/2/7)

トランプ大統領も前向き:
「アメ車」救った中国市場 米産業界、摩擦緩和求め圧力
米国と中国が「貿易戦争」解消を目指す協議を進める中、米産業界から米政権に対して対立緩和を促す声が強まっている。米企業の成長を支えた対中貿易の低迷や、中国の景気減速への懸念が米株式市場を揺さぶる中、トランプ米大統領も「中国は合意を望んでいる」と協議進展に前向きだ。米国の製造業を代表する自動車メーカーの一部ブランドは中国販売のおかげで「存続の危機を脱した」とされ、米企業は中国との「切れぬ縁」を再確認している。(ワシントン 塩原永久)(2019/2/4)

トランプ氏も前向きか:
トランプ氏、ビットコイン支持者のマルバニー氏を首席補佐官代行に任命 仮想通貨業界に期待が広がる
トランプ米大統領は12月14日、大統領首席補佐官代行にミック・マルバニー米行政管理予算局(OMB)局長を任命したと発表。マルバニー氏はビットコイン支持者であり、仮想通貨業界にとってはプラスとなるだろうとの期待が広がっているようだ。(2018/12/17)

ファーウェイCFOの保釈許可:
日経平均は3日ぶり急反発、華為CFO保釈や米中通商協議の懸念後退で一時480円超高
東京株式市場で日経平均は3日ぶりに急反発した。取引開始前にカナダの裁判所が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)の保釈を許可したと伝わり、米中通商協議の先行き懸念が後退。トランプ米大統領の対中協議に関する前向きなコメントも明らかになり、先物にショートカバーが入った。上げ幅は一時480円を超えた。(2018/12/12)

Facebook、New York Timesによる社内問題暴露記事に逐一反論
New York Timesが「Facebookは2016年の米大統領選攪乱目的のロシアの介入を早くから知っていたがすぐに対処しなかった」という記事に反論した。幹部にiPhone利用を禁止していることについても説明した。(2018/11/16)

“認証済み”偽トランプ大統領も……相次ぐ公式Twitterアカウント乗っ取り、対策方法は?
Twitterの認証済みバッジを取得したアカウントが、相次いで乗っ取り被害に遭っている。だまされない、乗っ取られないためにできることは。(2018/11/15)

講談社「コミックDAYS」公式Twitterが突如トランプ大統領に 認証済みアカウント狙った乗っ取り詐欺か
先日のイーロン・マスクなりすましに続いて。(2018/11/13)

米中間選挙、下院は民主党が奪還し、「ねじれ」議会に
米中間選挙の結果は、上院は与党共和党が、下院は野党民主党が議席の過半を占める「ねじれ」状態になった。ドナルド・トランプ米大統領は「意地悪で敵対的なメディアの圧力の下で、非常に大きな勝利を収めた」とツイートした。(2018/11/7)

就任2年振り返り:
トランプ氏、激しい口調を後悔 「もっと穏やかにすべきだった」
トランプ米大統領は、就任後の2年間を振り返り、もっと穏やかな口調で話すことが望ましかったとの考えを示した。(2018/11/6)

Twitter、爆弾郵便容疑者の関連アカウントを報告後すぐに削除しなかったことを謝罪
Twitterが、反トランプ大統領と見なされる複数の要人や組織に爆弾を郵送したとして逮捕された容疑者のアカウントを、事前に脅しツイートを受けたという報告があったにもかかわらず削除しなかったとして謝罪した。(2018/10/29)

若い女性2人が土俵上で、大統領の寝室で…… 謎のSNSアカウントを描く漫画「じどり」のオチが現代ホラー
世にも奇妙な物語感がある。(2018/10/27)

トランプ大統領のiPhone通話を中国とロシアが盗聴──New York Times報道
トランプ大統領が政府支給の端末ではなく、私物のiPhoneでの通話をしており、それを中国やロシアが盗聴しているとNew York Timesが報じた。(2018/10/25)

米司法省、ロシアの情報員7人をサイバー攻撃関与で起訴
米司法省が、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)に所属する情報員7人を、国際的なサイバー攻撃と虚偽情報の操作を行ったとして起訴した。そのうち3人は2月に米大統領選介入関連で起訴された13人と重なる。(2018/10/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
政府が宣伝しているのに、中国の「好感度」が上がらないのはなぜか
トランプ米大統領が中国のプロパガンダ広告について発言し、注目された。中国のプロパガンダは今に始まったことではないが、最近は特に強化しているようだ。しかし、その成果はまったく出ていない。なぜなら……(2018/10/4)

FacebookのザッカーバーグCEO、「中間選挙に備えてはいるが、政府や他社との協力が必要」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、来る米中間選挙に向けて2016年に米大統領選挙での問題を繰り返さないために取り組んでいる対策についてのFacebookノートを投稿した。この“軍拡競争”に勝つには他社や政府との協力が必要としている。(2018/9/14)

「大統領」と「首相」は結局どっちが偉いのか
どっちもいる国があるって知ってた?(2018/9/12)

トランプ大統領「Appleは中国関税の影響が嫌なら国内で製造するがいい」とツイート
Appleが米通商代表部に送った、トランプ政権が検討している対中関税が製品の販売価格上昇につながるとして再検討を求める書簡について、トランプ大統領は「それなら製品を国内で製造すればいい」とツイートした。(2018/9/10)

うぉぉ、ド迫力 プーチン大統領も乗るロシア版ロールス「アウルス・セナート」登場、威圧的で怖そうなそのお姿
威圧的でおそロシア。【画像14枚】(2018/9/5)

トランプ大統領、「Google検索結果はフェイクメディア優遇」と非難ツイート
トランプ米大統領が、先月「Twitterは共和党員をシャドーバンニングしている」とツイートしたのに続け、「Googleの検索結果はフェイクニュースメディアを優遇している」とツイートした。(2018/8/29)

トランプ氏インタビュー:
米大統領、ソーシャルメディアの利用禁止「非常に危険」
トランプ米大統領は、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア企業が一部のユーザーに自社サービスの利用を禁止した措置について「非常に危険」だと述べた。(2018/8/21)

トランプ氏インタビュー:
米朝首脳の再会談の可能性は「最も高い」=米大統領
トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と再び会談する「可能性が最も高い」と述べた。(2018/8/21)

企業にはプラス面?:
四半期決算の廃止案、米国株投資に悪影響も
トランプ米大統領が企業の決算発表義務を四半期から半年に延ばすことを検討するよう証券取引委員会に要請したことが、市場関係者や金融専門家の間で波紋を広げている。(2018/8/21)

TwitterのドーシーCEO、「アカウント対策にバイアスはかかっていない」
ドナルド・トランプ米大統領から「右派のユーザーをシャドーバンニングしている」と批判されているTwitterのジャック・ドーシーCEOがCNNのインタビューで、「われわれは政治的イデオロギーでユーザーを差別したりしない」と語った。(2018/8/20)

トランプ大統領、米連邦政府機関でのZTEおよびHuawei製品使用禁止令に署名
トランプ米大統領が、中国ZTEおよびHuaweiの製品を政府機関が利用することを禁じる条項を含む国防権限法(NDAA)に署名した。(2018/8/15)

いずれ終息に向かう:
全面貿易戦争「回避」を想定か、ファンドは動揺見せず
資産運用会社は、関税引き上げをちらつかせるトランプ米大統領の通商交渉が全面的な貿易戦争の勃発にまで至ることはないとみており、オプションを使ったヘッジにもほとんど動いていない。(2018/8/1)

Twitter、「シャドーBAN」疑惑について否定 「故意に特定のアカウントを非表示にしている」との疑惑で
ドナルド・トランプ米大統領がツイートしたことから話題になっていました。(2018/7/27)

Twitter、トランプ大統領も批判する「シャドーバンニング」を否定
Twitterの検索途中で表示される結果候補に共和党員の名前が出てこないのは「シャドーバンニング」のせいだという批判を受け、Twitterがこれを否定し、「会話の健全性」についての取り組みについて説明した。(2018/7/27)

現在の対策は「逆効果」:
米中貿易摩擦の激化、米半導体業界は懸念
米国のドナルド・トランプ大統領は、500億米ドル相当の中国製品に25%の関税を課すと発表した。同措置の対象には半導体サプライチェーンの製品も多く含まれることから、業界アナリストや市場関係者は懸念を示している。(2018/7/5)

トランプ大統領、「スペースフォース」(宇宙軍)設立を国防総省に命令
ドナルド・トランプ米大統領が国防総省に空軍とは独立したスペースフォース(宇宙軍)の設立を命令した。同氏は米国の宇宙開発の推進についても発表し、早ければ来年には再度月面着陸を実現させると語った。(2018/6/19)

「普通の握手ではなかった」:
共にボスキャラ、米朝首脳が初握手で「主導権争い」
ボディーランゲージの専門家によると、トランプ大統領が金委員長と初めて13秒間の握手をした際、大統領は自分から最初に手を伸ばし、金委員長の肩を軽くたたくことによって、いつもの支配力を示そうとしたという。(2018/6/12)

「歴史的な会談」の成果:
米朝首脳、朝鮮半島の「完全非核化」と北朝鮮の安全保障で合意
米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩 朝鮮労働党委員長が朝鮮半島の「完全な非核化」を目指すことで合意。米政府は北朝鮮に安全保障を提供することを確約した。(2018/6/12)

最強破壊大統領 is baaaaaack! フロム・ソフトウェア史上に輝くカルトゲー「メタルウルフカオス」リマスター決定でレッツパーリィィィ!!!
メタルウルフカオスの新作が出る→身体が闘争を求める→アーマードコアの新作が出る。(2018/6/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
米朝会談がシンガポールにとって「大迷惑」な理由
トランプ米大統領が、6月12日に予定されていた米朝会談を中止すると一方的に発表。その後、予定通り開催する可能性にも言及し、混乱が続いている。誰よりも迷惑を被っているのが、開催地のシンガポールだ。関係者に話を聞いてみると……(2018/5/31)

トランプ大統領がTwitterで批判者をブロックするのは違憲 ニューヨーク連邦地裁が判断
ユーザーの政治信条を理由に大統領がブロックするのは、言論の自由の侵害とする訴えが認められました。(2018/5/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。