ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

Facebook、2020年米大統領選に向けたフェイク情報対策などを多数発表
Facebookが、2020年の米大統領選に向けて、他国の政府による介入やフェイクニュース拡散を防ぐための対策を発表した。虚偽と判定されたコンテンツにはラベルで隠される。ただし、政治広告はファクトチェックの対象外なので、虚偽の広告でも放置される見通し。(2019/10/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルの“告げ口”でサムスンに危機? 貿易戦争を揺るがす一声
米アップルのクックCEOが、トランプ大統領に“告げ口”をしている。対中関税制裁でアップルは大きな影響を受けるが、競合の韓国・サムスンは対象にならないからだ。アップルとトランプの関係は深く、今後のサムスンのビジネスに影響を及ぼすかもしれない。(2019/10/17)

米中貿易摩擦の本質は何か? “気分”には影響しても、米経済のトレンドには影響せず 日興アセット神山氏
制裁関税などの交渉の行方ばかりがニュースとして注目されるが、そもそも何が米中の”摩擦”なのか。批判の対象は、中国の知的財産権保護の不十分さ、国営企業優遇による競争排除、補助金によるダンピング支援だ。米国は中国にこれらの問題の解決を要求してきたが、トランプ大統領は実際に追加関税というアクションを取ったところが新しい。(2019/10/15)

トランプ大統領、Twitchでストリーミング開始(ただしゲーム実況ではない)
ドナルド・トランプ米大統領がAmazon.com傘下のゲーム実況サービスTwitchに公式チャンネルを開設した。実況第一弾は、ミネアポリスでの支持者大会だった。(2019/10/11)

Adobe、ベネズエラの全アカウントを無効に 米政府の制裁に従い
米Adobe Systemsが、企業や個人に関わりなくベネズエラの全アカウントを10月28日以降無効にする。ベネズエラに対する資産凍結などを含む経済制裁を命じた大統領令に従うための措置。(2019/10/9)

イラン政府関連サイバー集団が米大統領選関係者の複数アカウント攻撃とMicrosoft
Microsoftが、イラン政府と関わりがあるとみられる集団がMicrosoftユーザーのアカウントを乗っ取ろうとしたと発表した。ターゲットは米大統領選関係者、米政府関係者、ジャーナリストなどだったとしている。(2019/10/7)

「SNS企業、計り知れない力」トランプ大統領、国連で異例の警告
 【ニューヨーク=塩原永久】トランプ米大統領は24日の国連総会での一般討論演説で、米交流サイト(SNS)大手フェイスブックなどを念頭に「少数のSNS企業が、人々が何を知り、何を発言できるかについて計り知れない力を握っている」と述べ、情報のプラットホーム(基盤)となった巨大IT企業への警戒感を示した。演説を受け、同日の米株式市場でフェイスブックなどの株価が大きく下落した。(2019/9/26)

16歳の環境活動家グレタさん、トランプ大統領の皮肉にプロフィール変更で大人の対応
国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に温暖化対策について怒りを込めた演説をしたグレタ・トゥーンベリさんを「幸福な若い女の子」と皮肉ったドナルド・トランプ大統領のツイートを受け、グレタさんが自身のTwitterプロフィールを「明るく素晴らしい未来を夢見るとても幸福な若い女の子」に変更した。(2019/9/25)

映画「ザ・ハント」が銃乱射事件を受けて公開見送りへ エリートが市民を「狩る」風刺スリラー
トランプ大統領が批判したことで注目を集めていました。(2019/8/13)

トランプ大統領もここで見学 海自の艦艇見るなら横須賀基地! 護衛艦「はたかぜ」の艦艇公開に行ってきた
カッチョイイ艦砲から懐かしさを感じる備品まで盛りだくさん。(2019/8/13)

トランプ大統領、エルパソ乱射でインターネットとゲームを批判
ドナルド・トランプ米大統領が週末に発生した2件の銃乱射事件に関する会見で、エルパソの事件の容疑者がネットに人種差別的なマニフェストを投稿したことに触れ、「インターネットとソーシャルメディアの危険は無視できない」と語った。(2019/8/6)

次期Mac Proの輸入関税除外申請、トランプ大統領が却下とツイート
トランプ大統領は、輸入関税対象からMac Pro (2019) 用部品の除外を求めるAppleからの要請を却下した。(2019/7/29)

Huawei、北朝鮮の3Gネットワーク構築を秘密裏に支援か──Washington Post報道
Huaseiが北朝鮮の3Gネットワークの構築・運営を秘密裏に支援していたと、Washington Postが報じた。米国製部品を採用するHuaweiが米国の輸出規制に違反した可能性がある。トランプ大統領は「調査する」と語った。(2019/7/23)

トランプ大統領、ピーター・ティール氏指摘の“Googleの裏切り”を調査するとツイート
PayPal共同創業者でドナルド・トランプ米大統領を支持するピーター・ティール氏が、Googleが中国政府と協力しているのではないかと発言し、これを受けてトランプ氏が「Googleの裏切りについて調査しよう」とツイートした。(2019/7/17)

ビットコイン暴落 一時100万円近くに
一時150万円に迫ったビットコインだが、FRB議長の議会証言や米トランプ大統領の暗号通貨に対するツイートなどもあり、大きく下落した。(2019/7/16)

Twitter、トランプ大統領の「国に帰ったらどうか」ツイートを“ラベル付き非表示”にせず
ドナルド・トランプ米大統領が民主党の女性下院議員を指して「合衆国で政治に文句を言うなら国に帰って崩壊した政府を立て直して見本を見せるがいい」とツイートしたことが人種差別的だと問題になっているが、Twitterはこれを非表示にする計画はないとメディアに語った。(2019/7/16)

トランプ大統領、「Facebookの仮想通貨Libraは信頼できない」とツイート
Facebookが6月に発表した暗号通貨「Libra」について、ドナルド・トランプ米大統領が「信頼できない」とツイートした。Libraについては7月17日に米上下院がそれぞれ公聴会を開く予定だ。(2019/7/12)

石川温のスマホ業界新聞:
トランプ大統領がファーウェイの制裁措置を緩和――果たして、キャリアはP30シリーズの発売に踏み切るのか
「G20大阪サミット」に伴い、先日来日したトランプ大統領。会見で、ファーウェイに対する制裁を緩和する以降を表明した。米商務省によるHuaweiに対する事実上の禁輸措置に対する今後は予断を許さないが、一刻も早い解決が望まれる。(2019/7/12)

トランプ大統領のTwitter、「批判ブロック」は違憲 米高裁
米ニューヨーク連邦高裁は9日、トランプ大統領が公式ツイッターに批判的な投稿をした人物をブロックすることは、言論の自由を保障する合衆国憲法修正第1条に違反するとの判断を示した。ロイター通信によると、米司法省は「判断に失望している」として上訴する見通し。(2019/7/11)

Huawei禁輸緩和「低機能の半導体」に限定 米補佐官
ナバロ米大統領補佐官は2日、中国の通信機器大手、Huaweiへの禁輸措置の緩和について、「安全保障問題を生じない低技術の半導体」が対象になると述べた。華為が引き続き米禁輸リストに据え置かれると明言し、汎用品の半導体を中心とした限定的な取引が容認されるとの見通しを示した。(2019/7/4)

IIJ、Huaweiの新端末を発売 トランプ大統領の“規制緩和”発言など考慮
IIJは、中国Huawei製のスマートフォン「HUAWEI P30」「P30 lite」、タブレット端末「MediaPad M5 Lite」(8インチ)を発売した。米政府によるHuaweiへの禁輸措置を受けて販売を延期していた。(2019/7/2)

トランプ大統領のHuawei禁輸「朝令暮改」に日本メーカー苦慮
トランプ米大統領は6月29日、中国の習近平国家主席との首脳会談後、Huaweiに米企業が部品を売ることを認める意向を示した。華為に部品を納入している日本企業は、トランプ氏の「朝令暮改」に苦慮している。(2019/7/2)

トランプ大統領、「米企業はHuaweiに製品を売っていい」──G20会見で
ドナルド・トランプ米大統領は6月29日、大阪で開催されたG20の記者会見で、「米国企業が中国Huaweiに製品を販売することを認めた」と語った。(2019/6/30)

Twitter、ルール違反でも公益のある著名人ツイートはラベル付きで残すように
トランプ大統領の個人攻撃的なツイートを削除しないことで批判されているTwitterが、今後はルール違反でもニュース性があり、公益になると判断したツイートはラベルを付けると発表した。ラベルをタップすると表示される。(2019/6/28)

結果を公開しつつ秘匿性も確保
不正選挙を防ぐMicrosoft「ElectionGuard」 その中核技術「準同型暗号」とは?
2020年の米大統領選挙に先立ち、Microsoftはオープンソースのソフトウェア開発キット(SDK)「ElectionGuard」を発表した。これにより、電子投票の結果を有権者自らが検証できるようになる。(2019/6/27)

マーク・ハミルなどハリウッドスターによる「モラー報告書」朗読会、ライブストリーミング
2016年米大統領選へのロシアによる介入とトランプ陣営の関与を捜査したロバート・モラー特別検察官の報告書の抜粋をハリウッドスターが朗読する劇が、日本時間の6月25日午前10時からライブストリーミングされる。マーク・ハミルやジャスティン・ロングなどが出演し、448ページの報告書から重要な部分を朗読する。(2019/6/25)

保護主義懸念も:
自動車メーカーが北米で苦戦、安売り後遺症
北米の自動車市場で、日本メーカーの苦戦が目立っている。米国でスポーツ用多目的車(SUV)人気が続いていることも、セダンに強みのある日本勢にとっては逆風になっている。トランプ大統領の保護主義的な政策も不安要素となり……。(2019/6/18)

「“ストレス解消用”トランプ大統領像を日本企業が中国見本市に出展」報道、企業側は全否定(※追記あり)
暴力的な展示があったとして、ブースが閉鎖されたと報じられていました。(2019/6/14)

オバマ前大統領夫妻、Spotifyでポッドキャスト配信へ
バラク・オバマ前米合衆国大統領とその妻ミッシェル・オバマ氏のプロダクションがSpotifyと複数年契約を結び、ポッドキャストを独占配信する。このプロダクションは2018年にNetflixとの契約の際に立ち上げたものだ。(2019/6/7)

トランプ政権、「SNSの政治的バイアス」を報告するツールを公開
以前からTwitterなどによる共和党員差別を批判するトランプ大統領政権が、「SNSの政治的偏見」を報告するアンケートツールを公開した。(2019/5/16)

トランプ米大統領、“Huawei締め出し”大統領令に署名
ドナルド・トランプ米大統領は5月15日(現地時間)、国家緊急事態を宣言し、米国企業による非米国企業の通信機器使用を禁止する大統領令に署名した。(2019/5/16)

TwitterのドーシーCEO、トランプ大統領と会談──Motherboard報道
Twitterのジャック・ドーシーCEOがホワイトハウスの招待を受け、ドナルド・トランプ米大統領と会談した。トランプ大統領は「素晴らしい議論だった」とツイートした。(2019/4/24)

米大統領も開発促すツイート:
高まる6Gへの関心、テラヘルツ波利用も視野
ドナルド・トランプ米大統領は2019年2月21日(米国時間)、「米国企業は6G(第6世代移動通信)実現に向けた取り組みを強化しなければならない」とツイート。米国連邦通信委員会(FCC)は、95GHzと3THzの周波数の利用に向けて、新しいカテゴリーとなる実験用ライセンスを作成した。(2019/4/2)

4月2日、Google+終了。月間ユーザー5億人、大統領やAKBも活用した「巨大SNS」の夢はなぜ破れたのか?
Google+が失ったものと、残したもの。(2019/4/2)

米大統領選出馬のウォーレン議員、GAFA解体を公約に
次期大統領選への出馬を表明した民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)を解体する構想を発表した。プラットフォーマーを解体することが「インターネットの未来を守る」ことになるとしている。(2019/3/11)

AppleのクックCEO、Twitterの名前を「ティム・アップル」に
トランプ大統領に「ティム・アップル」と呼ばれてしまったことがTwitterで拡散したAppleのティム・クックCEOが、自身の公式Twitterアカウントの表示名を「ティム・(Appleロゴ)」に変更した。(2019/3/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの「スパイ工作の証拠」を米国が示さない理由
中国の通信機器大手、ファーウェイを巡る情報が飛び交っている。排除を進める米国に対して「スパイ工作の証拠はない」と主張。トランプ大統領がファーウェイ排除の「見直し」を検討しているという話もある。今、ファーウェイ問題はどうなっているのか。(2019/2/28)

どこかで見た気がする鬼強ムキムキ大統領が異世界で無双する スカッと爽快な漫画『ライドンキング』
「異世界ハーレムには飽きた」という人はぜひ。(2019/2/21)

トランプ米大統領、AI推進の大統領令に署名「海外敵対者に対する米国のAI優位性を保護」など
トランプ米大統領が、米国のAI(人工知能)推進に関するイニシアチブ「American AI Initiative」」に署名した。国家のデータを米国企業や研究者に提供し、“海外の敵対者”に対抗するための行動計画を実施する。(2019/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターバックス元CEOの嫌われっぷりを加速させる「大迷惑」な挑戦
米スターバックスのハワード・シュルツ前CEOが2020年の大統領選に出馬する意向を示し、騒動になっている。トランプ大統領の再選を阻止したい有権者にとっては大きな迷惑となり、「出馬するな」という声が飛び交う。シュルツはなぜこんなにも嫌われているのか。(2019/2/7)

トランプ氏も前向きか:
トランプ氏、ビットコイン支持者のマルバニー氏を首席補佐官代行に任命 仮想通貨業界に期待が広がる
トランプ米大統領は12月14日、大統領首席補佐官代行にミック・マルバニー米行政管理予算局(OMB)局長を任命したと発表。マルバニー氏はビットコイン支持者であり、仮想通貨業界にとってはプラスとなるだろうとの期待が広がっているようだ。(2018/12/17)

ファーウェイCFOの保釈許可:
日経平均は3日ぶり急反発、華為CFO保釈や米中通商協議の懸念後退で一時480円超高
東京株式市場で日経平均は3日ぶりに急反発した。取引開始前にカナダの裁判所が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)の保釈を許可したと伝わり、米中通商協議の先行き懸念が後退。トランプ米大統領の対中協議に関する前向きなコメントも明らかになり、先物にショートカバーが入った。上げ幅は一時480円を超えた。(2018/12/12)

Facebook、New York Timesによる社内問題暴露記事に逐一反論
New York Timesが「Facebookは2016年の米大統領選攪乱目的のロシアの介入を早くから知っていたがすぐに対処しなかった」という記事に反論した。幹部にiPhone利用を禁止していることについても説明した。(2018/11/16)

“認証済み”偽トランプ大統領も……相次ぐ公式Twitterアカウント乗っ取り、対策方法は?
Twitterの認証済みバッジを取得したアカウントが、相次いで乗っ取り被害に遭っている。だまされない、乗っ取られないためにできることは。(2018/11/15)

講談社「コミックDAYS」公式Twitterが突如トランプ大統領に 認証済みアカウント狙った乗っ取り詐欺か
先日のイーロン・マスクなりすましに続いて。(2018/11/13)

米中間選挙、下院は民主党が奪還し、「ねじれ」議会に
米中間選挙の結果は、上院は与党共和党が、下院は野党民主党が議席の過半を占める「ねじれ」状態になった。ドナルド・トランプ米大統領は「意地悪で敵対的なメディアの圧力の下で、非常に大きな勝利を収めた」とツイートした。(2018/11/7)

就任2年振り返り:
トランプ氏、激しい口調を後悔 「もっと穏やかにすべきだった」
トランプ米大統領は、就任後の2年間を振り返り、もっと穏やかな口調で話すことが望ましかったとの考えを示した。(2018/11/6)

Twitter、爆弾郵便容疑者の関連アカウントを報告後すぐに削除しなかったことを謝罪
Twitterが、反トランプ大統領と見なされる複数の要人や組織に爆弾を郵送したとして逮捕された容疑者のアカウントを、事前に脅しツイートを受けたという報告があったにもかかわらず削除しなかったとして謝罪した。(2018/10/29)

若い女性2人が土俵上で、大統領の寝室で…… 謎のSNSアカウントを描く漫画「じどり」のオチが現代ホラー
世にも奇妙な物語感がある。(2018/10/27)

トランプ大統領のiPhone通話を中国とロシアが盗聴──New York Times報道
トランプ大統領が政府支給の端末ではなく、私物のiPhoneでの通話をしており、それを中国やロシアが盗聴しているとNew York Timesが報じた。(2018/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。