ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

TwitterとFacebookのCEO、米大統領選への対処についての公聴会に召喚
Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、11月17日に上院が開く公聴会で証言する。公聴会の主なテーマは、民主党の米大統領候補、バイデン氏のスキャンダル記事に関する投稿への対処についてだ。(2020/10/26)

米大統領選討論会、軍配はアリアナへ 効果ばつぐんのタイミングで新曲リリースし「グランデ大統領万歳」の大合唱
グランデ大統領が誰よりスマートだったな。(2020/10/23)

Twitterのリツイート制限、きょうから 米大統領選デマ防止で「引用RT」を標準に
米Twitterが全世界で、11月の米大統領選に向け一時的にリツイート機能の仕様を変更した。大統領選に関する安易な拡散を防ぐため「引用RT」の使用を促す。(2020/10/21)

Twitter、引用RT推奨を本格スタート 米大統領選に合わせた一時的措置
本格導入開始。(2020/10/21)

米McAfee、選挙候補者の動画がディープフェイクかどうか調べる取り組み 全世界で調査依頼を受け付け
米McAfeeは、米国の大統領選を前に候補者のものとされる動画がディープフェイクで作られた偽物かどうかを判断する取り組み「McAfee Deepfakes Lab」を始めた。各国のメディアなどから無償で調査依頼を受け付ける。(2020/10/20)

米FCCのパイ委員長、SNS保護の「セクション230」の定義を明文化するとツイート
米連邦通信委員会のパイ委員長が、SNS企業に対する法的保護について定める米通信品位法第230条(セクション230)の定義を明確にする意向を示した。この条文についてはトランプ大統領が保護を撤廃すべきと主張している。(2020/10/16)

TwitterとFacebook、タブロイドのバイデン候補スキャンダル記事投稿を規制
米タブロイド紙New York Postが独占記事として掲載した米大統領候補ジョー・バイデン氏のスキャンダル記事をTwitterは非表示にし、Facebookも表示を制限した。ドナルド・トランプ米大統領は「非常に不快」とツイートした。(2020/10/15)

米大統領選から悪質Botを駆逐せよ Microsoftが講じた本気の対策
Microsoftは、米大統領選挙に向けてBotネット「TrickBot」の撲滅に向けた、法的および技術的措置に乗り出した。TrickBotの活動を封じ込めたその対策とは。(2020/10/14)

Microsoft、NTTなどと協力し、マルウェア「TrickBot」を遮断する措置
MicrosoftがNTTやSymantecなどと協力し、マルウェア「TrickBot」の主要インフラを遮断する措置をとった。2016年から悪用されているこのマルウェアは、米大統領戦の干渉に使われる懸念が高まっていた。(2020/10/13)

Twitter、トランプ大統領の「私はもう新型コロナにかからない」ツイートにラベル
新型コロナ感染で入院し、退院したトランプ大統領が「免疫を獲得したからもう新型コロナにかからないし、うつすこともない」とツイートし、Twitterがそれをラベル付きにした。誤解を招く有害な情報の拡散に関するルールに反するため。(2020/10/12)

Twitter、リツイートしようとすると引用RTを推奨する施策を一時的に実施 米大統領選に向けて
米大統領選に向けて、コメント付きでのRTを推奨するなどさまざまな対策を実施していきます。(2020/10/10)

Twitter、一時的に「リツイート」機能を仕様変更 引用RTを標準に 米大統領選のデマ拡散防止で
11月の米大統領選に向け、一時的にリツイート(RT)機能の仕様を変更する。(2020/10/10)

Facebook、米大統領選投票終了後に関連広告一時停止へ Googleに続き
Facebookが、米大統領選当日の混乱を避けるため、投票終了後は一時的に関連広告を停止する。同様の方針をGoogleは9月中に発表している。Facebookはまた、当選者確定前に候補者やその政党が勝利宣言を投稿した場合、ラベルを付ける計画だ。(2020/10/8)

トランプ大統領の「コロナは大したことない」投稿、Facebookが削除、Twitterは非表示に
新型コロナから完治しないまま退院したドナルド・トランプ米大統領の1件の投稿を、Facebookが新型コロナの虚偽情報に関するルールに反したとして削除した。Twitterは同じ投稿を非表示にした。内容は、新型コロナは死に至る病気ではないというものだ。(2020/10/7)

ニューヨーク州とニュージャージー州がコロナ接触通知アプリを公開 米州の約5分の1がようやく提供
新型コロナの曝露通知(接触通知)アプリの提供を州ごとに検討している米合衆国で、ニューヨーク州とニュージャージー州がアプリを公開した。これで50州中10州がアプリ提供州になった。トランプ大統領のお膝元、ワシントンD.C.(特別区)も今月中にはアプリを公開する計画。(2020/10/6)

トランプ大統領、退院に際し「コロナを恐れるな」とツイート
新型コロナに感染し、入院していたドナルド・トランプ米大統領がホワイトハウスに復帰した。担当医師は完全に治癒したわけではないとしているが、トランプ氏は「コロナを恐れるな。トランプ政権下で素晴らしい治療が開発された」とツイートした。(2020/10/6)

辞書サイトで「schadenfreude(他人の不幸を喜ぶ)」の検索が3万%増 トランプ大統領感染に関連して
日本語で言うと「人の不幸は蜜の味」のような言葉。(2020/10/4)

「誰かの死を望むツイートは許されない」 Twitter、トランプ大統領の感染受けコメント
削除の必要があるとしています。(2020/10/4)

Twitter、トランプ大統領の新型コロナ陽性で大量発生「死ねばいいのに」ツイートは削除すると警告
トランプ米大統領の新型コロナ陽性発表を受け、Twitter上に蔓延した同氏の死を望むツイートに対し、Twitterが「誰に対してであれ死を望むツイートは許されない」と警告した。(2020/10/3)

トランプ大統領夫妻が新型コロナ感染 大統領選に影響必至
 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は2日、ツイッターで自身とメラニア夫人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。トランプ氏はこれに先立ち、自身の側近であるヒックス大統領顧問が新型コロナに感染し、自身と夫妻が検査を受けたと発表していた。トランプ氏はただちにホワイトハウスで自主隔離に入る。(2020/10/2)

TikTokアプリダウンロード禁止のトランプ大統領令に米判事が一時的差し止め命令
米トランプ政権によるTikTokアプリのダウンロード禁止に対し、米判事が仮差し止め命令を出した。9月28日以降もダウンロードは可能になった。ただし、米企業とByteDanceの交渉が11月12日までにまとまらなければアプリは米国で完全に停止する見込みは変わらない。(2020/9/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
バイトダンスとオラクルの説明にズレ〜 TikTokは米中どちらの企業なのか
中国バイトダンスのショート動画アプリ「TikTok」と、米オラクル、米ウォルマートとの技術提携案が今月19日、トランプ大統領の「原則承認」を受けた。しかし、バイトダンス、米企業2社の発表文のニュアンスにずれが生じており、TikTok新会社の立ち位置を巡り、憶測や波乱の芽を生んでいる。(2020/9/24)

TikTokとOracleの提携案、トランプ大統領が暫定的承認 TikTok Globalは米国でIPOへ
トランプ米大統領がTikTokとOracleの取引を暫定的に承認した。TikTokは世界のユーザーにサービスを提供する新会社TikTok Globalを設立し、1年以内に米国で株式公開する計画。(2020/9/20)

米商務省、「TikTok」を9月20日にアプリストアから削除し、交渉がまとまらなければ11月12日に完全停止
米商務省が、大統領令に沿って中国製アプリ「TikTok」を9月20日に米国のアプリストアからのダウンロードを禁止し、TikTok運営に関する交渉が11月12日までにまとまらなければ完全にサービスを停止させると発表した。中国製アプリ「WeChat」は9月20日に使えなくなる。(2020/9/19)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリの動向を探りました。(2020/9/18)

Twitter、「話題を検索」に「米選挙」タブ追加 正しい情報提供で投票を支援
Twitterが、11月3日の米大統領選に向けて、関連する正しい情報を提供するために、米国の公式アプリの「話題を検索」タブに「米選挙」タブを追加した。(2020/9/16)

「とても誇りに思う」 全米テニス優勝の大坂なおみをミシェル・オバマ前大統領夫人が激励
大坂選手「y'all see thisssss(みんな、見てこれぇええええ)」。(2020/9/15)

TikTokの米事業、Oracleが(買収ではなく)「テクノロジープロバイダーになる」と正式発表
トランプ大統領が「9月15日までに買収交渉をまとめよ」としていたTikTokの米国事業について、OracleがTikTokのテクノロジープロバイダーになると発表した。ByteDanceから米財務省への提案によるものとしている。(2020/9/15)

Google、米大統領選に向けて検索オートコンプリートで誤解を招く候補は非表示に
Googleが、米大統領選保護の一環として、検索フレーズのオートコンプリートに、選挙の候補や政党、選挙の安全性に関する主張の可能性のある候補を表示しないようにした。(2020/9/11)

Microsoft 米大統領選挙介入を狙うサイバー攻撃を検出 ロシア、中国、イランの組織が関与
同様の攻撃は米国に限らず世界各国で発生していると、Microsoftは警鐘を鳴らしている。(2020/9/11)

Twitter、米大統領選に向けて誤報対策ポリシーを強化「すべての人に平等に適用」
大統領選を2カ月後に控え、Twitterが選挙関連の誤情報を規制するポリシーを強化した。違反するツイートにはラベルを付けるか削除する。「すべての人に平等に適用」する。(2020/9/11)

米大統領選にロシア、中国、イランから多数の攻撃ありとMicrosoftが警告
米大統領選に関連する組織へのロシア、中国、イランからの攻撃が続いているとMicrosoftが報告した。2016年の選挙結果に影響を与えたとするStrontiumは攻撃力を強化したとしている。(2020/9/11)

トランプ大統領の息子「“モブ(暴徒)”の検索結果が操作されている!」→モブ君だらけの画面で「モブサイコ100」が世界でバズる
まさかのトレンドイン。(2020/9/10)

Facebook、米大統領選本番1週間前から政治広告停止などの対策を発表
米大統領選本番まで2カ月を切り、Facebookが正しい選挙を守るための複数の対策を発表した。例えば、投票の1週間前から新たな政治広告の掲載を停止する。2016年の大統領選ではFacebook上の虚偽情報が結果に影響したと批判された。(2020/9/4)

ジョー・バイデン候補、大統領選キャンペーンで「あつ森」活用
米民主党の大統領候補であるジョー・バイデン氏が、選挙キャンペーンで「あつまれ どうぶつの森」ユーザーに特別デザインの看板を提供する。(2020/9/2)

TikTokのCEOが就任80日あまりで辞任、買収交渉にWalmartも参加
6月1日にTikTokのCEOに就任したばかりのケビン・メイヤー氏が、米企業による買収交渉の中、辞任を表明した。トランプ大統領から11月までに完了するよう命じられている交渉に、Walmartも参加したと報じられた。(2020/8/28)

TikTokとByteDance、トランプ政権を米地裁に提訴 米から締め出しの大統領令に抗議
中国ByteDanceと傘下の米TikTokが、ドナルド・トランプ米大統領の政権を米地裁に提訴した。TikTokを米国から排除する大統領令は違憲だと主張する。(2020/8/25)

異例のバーチャル党大会 静かな民主党大会 党の結束アピールも盛り上がりに課題
11月の米大統領選に向けた民主党の全国大会が、新型コロナ感染対策のためオンライン形式で開会した。2時間にわたり演説などを行ったが、例年のような熱気はなく、米メディアは「長いテレビコマーシャル番組のよう」と批判した。(2020/8/19)

トランプ大統領、中国ByteDanceにTikTokの米事業を90日以内に売却せよとの大統領令
トランプ大統領は14日、新たな大統領令で中国ByteDanceに米国のTikTok事業を90日以内に売却またはスピンオフし、米国ユーザーのデータを破棄するよう命じた。(2020/8/16)

サダム・フセイン宅やハイチ大統領宮殿など栄華から廃墟に転じた136カ所 写真集『世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路』が発売
美しい写真と簡潔な文章で眺める栄光と没落。(2020/8/16)

GoogleやFacebookなどのIT企業、大統領選を守るため団結して政府とも協力
Facebook、Google、Twitter、Reddit、Microsoft、Verizon Media、Pinterest、LinkedIn、Wikimediaが11月の米大統領選を守るために米政府機関と定期的に会合を持つ。FacebookやGoogleが声明文をツイートした。(2020/8/13)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
米国のWeChat禁止令で「ファーウェイが伸びアップルが失墜」の可能性
トランプ米大統領が8月6日、「TikTok」のバイトダンス、「WeChat(微信)」のテンセントとの取引を、9月下旬から禁止する大統領令に署名した。TikTokは想定内だが、サプライズなのがテンセントだ。WeChatがアプリストアから削除されれば、iPhoneの出荷台数は25%以上減少するとみるアナリストもいる。(2020/8/13)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
なぜ? 中国アプリTikTokに米トランプ大統領が異例の圧力
中国発の動画共有アプリ「TikTok」に対して、米国のトランプ政権が異例の圧力をかけている。圧力をかける根拠は、アプリが「プライバシーを侵害し、安全保障上の脅威となっている」というものだが、その証拠は見つかっていない。なぜTikTokが標的とされたのだろうか?(2020/8/12)

TikTok、トランプ大統領の取引禁止令に「訴訟も辞さない」
ドナルド・トランプ米大統領が米国企業に対し、ByeDance(とその傘下のTikTok)との取引を禁止する大統領令に署名したことに対し、TikTokがと声明文を発表し、「公平に扱われるようにするため、訴訟を含むあらゆる対策を追求する」と語った。(2020/8/9)

中国外務省、米のアプリ制限を「覇権行為」と批判
トランプ米大統領がTikTokとWeChatの制限措置を表明したことに対し、中国外務省は「覇権行為であり、中国は断固として反対する」と批判した。国として対抗措置をとることを示唆した。(2020/8/7)

トランプ大統領、TikTok・WeChat提供の中国企業との取引を禁止
ドナルド・トランプ米大統領が、安全保障上の問題から中国ByteDance、中国Tencentとの取引を45日以内に禁止する大統領令を発令した。(2020/8/7)

米トランプ政権、中国を5つの分野で締め出す「Clean Network」立ち上げ
トランプ米大統領政権のマイク・ポンペオ国務長官が、中国の通信キャリアとクラウドサービス企業を米国から締め出し、中国製スマートフォンへの米国製アプリのインストールを阻止し、中国によるグローバルな海底ケーブルへの侵入を阻止するという「Clean Network」プログラムを発表した。(2020/8/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
禁止か買収か TikTokがトランプの目の敵にされる「4つの理由」
人気アプリ「TikTok」を巡って、米中の混乱がさらに深まっている。なぜ米政府はTikTokの禁止や買収に言及しているのか。トランプ大統領がこのアプリを禁止したい理由は4つある。TikTokに逃げ道は残されておらず、こういった締め付けは今後も続く可能性が高い。(2020/8/6)

トランプ米大統領、TikTokのMicrosoftによる買収を容認も「9月15日までに決まらなければ国内使用禁止」
MicrosoftがTikTokサービスの買収で中国ByteDanceと交渉中であることについて、トランプ大統領は、9月15日までに話をまとめなければTikTokを米国で使用禁止にすると語った。(2020/8/4)

マイクロソフト、TikTok米国事業の買収に向けて交渉を継続すると明らかに
「MicrosoftはTikTok買収に向け交渉していたが、大統領の反発を受けて中断した」と報じられていました。(2020/8/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。