ニュース
» 2009年10月22日 17時07分 UPDATE

Google Website Optimizerにテスト簡易化APIが追加

A/Bテストや多変量テストの際、WebサイトとGWO間を何度も往復せずに済むようになる。

[ITmedia]

 米Googleは10月21日、Webサイトのレイアウト最適化ツール「Google Website Optimizer(GWO)」をサイトオーナーのプラットフォームから操作できるようにするAPI「Website Optimizer Experiment Management API」を発表した。

 GWOは当初AdWords広告主向けに公開され、その後独立したサービスとして無料になったサイト最適化ツール。Webサイトをデザインする際に比較検討するためのA/Bテストや多変量テストが行える。

 これまではGWOでサイトテストを行うには、WebサイトとGWOツールの間を何度も往復する必要があったが、新APIにより、サイトを編集するのに使っているツールからGWOを利用できるようになる。

 同APIを解説するWebセミナーが10月28日に開催される予定だ。参加希望者はGoogleのサイトから申し込める。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ