ニュース
» 2009年10月29日 16時17分 UPDATE

グリーン・グリッド、欧州データセンター規制をまとめたガイドを公開

グリーン・グリッドは、欧州のデータセンター業界に影響する政策・方針をまとめたガイドを公開した。今後のエネルギー政策のほか、既存および将来の規制、インセンティブ、自発的な取り組みの概要、改善への実践的な手法なども収録されている。

[西尾泰三,ITmedia]

 データセンターおよびビジネスコンピューティングにおけるエネルギーの効率化を推進するグリーン・グリッド(The Green Grid)は英国時間の10月20日、欧州のデータセンター業界に影響する政策・方針をまとめたガイド「The Green Grid Energy Policy Research For Data Centers」を公開した。

 このガイドは、現在および近い将来の方針に関して、組織が把握しておくべき情報を提供するもの。フランス、ドイツ、オランダ、英国のデータセンター業界に影響する、既存ならびに将来のエネルギー政策がまとめられているほか、既存および将来の規制、インセンティブ、自発的な取り組みの概要、改善への実践的な手法なども収録されている。

 現在欧州では、気候変動やエネルギー問題に対する政策的枠組みが急速に構築されているが、企業・組織にとっては、法律の準拠、社会的責任、達成方法などが不明確な状況にある。例えば、建築物のエネルギー性能の改善を目的とした「Revisions to Energy Performance of Buildings Directive」(EPBD)という指令が施行されているが、この改訂版では、新建物については2018年までにゼロエネルギーであることが定められており(ゼロエネルギーな建物の定義は2010年末までに確立される予定)、EU加盟諸国は、既存建物の何割をエネルギー中立とするのか、2015年と2020年の目標数値を最少パーセンテージで設定することになっている。

 同ガイドは、企業・組織に影響する重要な政策を中心に取り上げているが、それぞれの経済性や運用面、評判などは以下のようにスコアリングされている。

政策 経済面 運用面 評判
エネルギーパフォーマンス建築指令修正案 重要(不確定)
エネルギーラベル指令修正案
環境保証
EC行動規範
電力買取制度
減税
次期CRC:炭素削減義務 重要 重要 重要
エコデザインの拡大指令
Fガス指令
建築規制の増加 重要
計画・政策の考案
自発的なモニタリング/報告

 また、同ガイドでは以下のような提言も行っている。

  • すべてのステークホルダーは、(英国)カーボン削減コミットメントに関する準備とリスク管理が必要となる
  • データセンター運用者は、エネルギー消費を自発的に計測・報告し、ハードウェア、ソフトウェア、設備を継続的に改善していく必要がある
  • データセンター運用者は、減税や資本控除など入手可能なエネルギー効率化への取り組みを十分に利用する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -