ニュース
» 2009年11月19日 07時42分 UPDATE

Microsoft、次期Webブラウザ「IE 9」を披露

IE 9はDirectXを採用し、HTML5やCSS3といった新しいWeb標準に準拠する。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月18日、ロサンゼルスで開催の開発者向けカンファレンス「Professional Developer Conference(PDC) 2009」において、開発の初期段階にある次期Webブラウザ「Internet Explorer 9(IE 9)」を紹介した。

 まず、JavaScriptの性能が向上した。SunSpider JavaScript Performanceテストの結果では、IE 8より大幅に改善されており、Firefoxなどの競合ブラウザとの差が縮まった。Microsoftは、ブラウザの実際の速度はJavaScriptの性能だけでなく、さまざまなサブシステムの影響を受けるものであるとしつつも、今後さらなる性能向上に努めるとしている。

ie9

 また、HTML5やCSS3といった新しいWeb標準に準拠する。現段階でのWeb Standards Projectの標準対応テスト「Acid3」の結果は100点満点中32点だ。

ie9 acid

 さらに、DirectXの採用により、描画性能を向上させる。まずDirect2DとDirectWriteを使うことですべての画像とテキストのレンダリングをCPUからグラフィックスカードに移行する。これにより、従来より描画速度が向上するという。DirectXの採用は描画速度だけでなく、表示フォントの品質と可読性も高めるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ