ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Web標準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Web標準」に関する情報が集まったページです。

Windows版にも適用可能:
Firefoxに対する攻撃を防御、WebAssemblyを利用したサンドボックスが役立つ
「WebAssembly」を使ってWebブラウザをサイバー攻撃から保護する仕組みをテキサス大学の研究者らが開発した。現在は「Firefox」で効果を検証しており、今後は全面的に適用される見込みがあるという。(2020/3/6)

「Google Earth」がようやくFirefox、Edge、Operaで利用可能に
これまでChromeでのみ利用可能だったWeb版「Google Earth」がFirefox、Microsoft Edge、Operaもサポートした。昨年12月にWeb標準になったWebAssemplyで可能になった。Safariもサポートするとしている。(2020/2/28)

2画面デバイスに対応した開発向け:
Microsoftが「折り畳み型2画面デバイス」向けSDKのプレビュー版を発表、Web標準案も
Microsoftは、2画面デバイス対応のSDKのプレビュー版や最新の取り組みを発表した。2019年10月に発表した折り畳み型のデュアルスクリーンデバイス向けの開発を支援する。(2020/1/27)

Googleさん:
Cookie禁止に動くGoogleの秘策「プライバシーの砂場」とは?
Googleが2年以内にサードパーティーCookieをサポートしなくなると発表し、波紋が広がりました。これでターゲティング広告ができなくなるわけではなく、Googleはそれに変わる「プライバシーサンドボックス」を準備中です。(2020/1/20)

Google、サードパーティー製CookieのChromeでのサポートを2年以内に終了へ
Googleが、Webプライバシー強化のためにサードパーティー製CookieのChromeでのサポートを段階的に廃止すると発表した。FirefoxやSafariは既にブロックしているが、安全な代替ツールを確立するのが重要だとしている。(2020/1/15)

PR:中小企業だけじゃない! グループウェアの元祖「desknet's NEO」が、大企業に採用され続ける理由とは?
国産グループウェアの元祖として知られる、ネオジャパンの「desknet's NEO」。1999年に「中小企業向けのWeb型グループウェア」として登場した後、2001年には大規模向けモデルの提供も開始。2019年現在の累計導入件数は400万人に上り、大成建設、総務省、宮崎県などの大企業・省庁・自治体が現在も活用している。近年は、Notes/Dominoからの移行先の有力候補として名前が挙がることも多くなった。人気の理由について、ネオジャパンの担当者に話を聞いた。(2019/9/24)

Google、個人のプライバシーと最適な広告のバランスを目指す「プライバシーサンドボックス」を提案
Googleが、個人プライバシーと最適な広告表示のバランスを目指すイニシアチブ「Privacy Sandbox」を発表した。最近増えているCookieのブロックは、パブリッシャーの収入減だけでなく、ブロック回避策としてのフィンガープリントの増加を呼び、プライバシーの後退に繋がるとしている。(2019/8/23)

de:code 2019:
WSL 2、GitHub、Visual Studio Online、Azure DevOps――クラウドネイティブな機能の充実が進むMicrosoftの開発ツールまとめ
日本マイクロソフトが2019年5月末に開催した「de:code 2019」では、5月上旬に米国で開催された「Build 2019」に合わせて発表された、WindowsやAzureに関する多くの新機能、新サービスを国内で初披露した。この記事では、基調講演で触れられたものの中から、特に開発者やITエンジニアにとって関わりの深いものをまとめる。(2019/7/4)

Google、REP(ロボット排除プロトコル)のWeb標準化に乗り出す
Googleは、Googlebotを含む多数のクローラーが採用している「REP(Robots Exclsion Protocol、ロボット排除プロトコル)」のWeb標準化を目指すと発表した。IETFにドラフトを提出し、GitHubで自社のrobots.txt関連データをオープンソースで公開した。(2019/7/2)

Apple、「Safari」にプライバシー重視の広告トラッキングツール搭載へ
個人のプライバシーを重視するAppleが、個人データを集めずに広告トラッキングを解析できる新ツール「Privacy Preserving Ad Click Attribution」をプレビュー版の「Safari」(バージョン82以降)で提供を開始した。Web標準化を目指している。(2019/5/23)

Kyashがカード決済技術を企業に提供 売上金やポイントをVisaで利用できる「Kyash Direct」
KyashがVisaのプリペイドカード発行ライセンスを取得し、個人向けウォレットアプリで培ったカード決済プラットフォームを企業に提供する。企業は、自社が管理する売上金やポイントなどを決済に利用できるクレジットカードを、提供できるようになる。(2019/4/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Chromium Edgeは一般ユーザーが利用する価値があるのか
Microsoftが開発を進めている「Chromium Edge」について、開発者版をダウンロードして試した。そこから見えた、「Microsoft版Chrome」の方向性を見ていこう。(2019/4/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(44):
迫るWindows 7のサポート終了、Windows 10への乗り換えの鍵は“マインドチェンジ”
2018年12月末、Windows 10の導入後の運用に関する1つのホワイトペーパーが公開されました。これからWindows 10に本格的に移行しようと計画している企業の担当者はもちろん、既にWindows 10を導入した企業の担当者にもぜひ一読していただきたいドキュメントです。何かヒントが得られるかもしれません。あるいは、途方に暮れてしまうかも……。(2019/3/8)

山市良のうぃんどうず日記(148):
「IEを使わないで」ではなくて「IEを既定にしないで」
2019年2月初めに「“IEを使わないでください”とMicrosoftが警告」や「IEの使用は技術的負債をもたらす」のようなタイトルのニュース記事を目にしました。タイトルだけ見ると「やっぱりIEはセキュリティが不安」とか、「技術的負債って何?」とか、「IEがなくなると困る」とか、思ったりしていませんか?(2019/3/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Arm版Windowsがパワフルに動く「Snapdragon 8cx」で「Windows on Snapdragon」は離陸するか
12月にハワイで開催された米Qualcommの「Snapdragon Tech Summit 2018」において登場したのが、PC向けSoCの最新版「Snapdragon 8cx」だ。この情報を含め、Windows+Armのエコシステムに関する最新情報をお届けする。(2018/12/21)

オープンソースを基盤に:
Microsoft、「Microsoft Edge」を「Chromium」ベースに――互換性を高め、Web開発者のテストを軽減
Microsoftは、PC向けの「Microsoft Edge」ブラウザの開発にオープンソースプロジェクト「Chromium」を採用する。(2018/12/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Internet Explorerは意外にしぶとい Windowsデフォルトブラウザの功罪
Windows 10のデフォルトブラウザといえば「Microsoft Edge」だが、ユーザーのWindows 7からWindows 10への移行が進んでも、Edgeのシェアはそれほど伸びていない。それどころか、IEのシェアが復活しているというデータも一部にみられる。何が起きているのだろうか。(2018/9/15)

Mostly Harmless:
いまだに残るレガシー IEの“功罪”とは
「Microsoft Edge」をリリースして以来、「Internet Explorer」からの移行を呼びかけているMicrosoftですが、IEを完全にサポート外にはできない事情があるようです。(2018/8/10)

ブラウザだけでなくWebアプリも移行:
IE固有の技術を撤廃してモダンWebへ、日本マイクロソフトがレガシーなWebアプリからの移行を促す
日本マイクロソフトは、Internet Explorer(IE)の利用を中止するだけでなく、IE固有の機能に依存したWebアプリケーションを改修し、モダンWebへ移行するよう促した。なお、IEのサポート終了時期については明言を避けた。(2018/7/20)

「IEの固有機能に依存するシステムをEdgeに対応するよう見直してほしい」 マイクロソフトが要望
Windows 10とEdgeのリリースから3年になりますし、IEもそろそろ……?(2018/7/18)

「Internet Explorerの今後について」日本MS、ブログ公開 「世のコンテンツ、すでにIE非対応の最新技術で実現」
IEのサポート提供期限について明言は避けたが、「世の流れとして最新のWeb標準技術を取り入れる方向になっていることをあらためて認識してほしい」とし、IEから「Microsoft Edge」への移行を促した。(2018/7/18)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeでHTMLを楽々コーディング!
VS CodeはHTMLなどのWeb標準技術とも相性がよい。今回はVS CodeでHTMLを快適に記述するための基本を説明。(2018/6/26)

ノートPCの置き換えは可能か
iPad Proを仕事で使って納得する人と不満な人の違い
Appleの「iPad Pro」が常に企業での使用に耐えられるとは考えない方がよい。ITプロフェッショナルは、まず、デスクトップPCやノートPCの代わりにiPadを使用するのに適した環境を検討すべきだ。(2018/3/31)

Angular TIPS:
Angularでコンポーネントからページの「メタ情報」を操作するには?(Meta)
Metaサービスを使って、コンポーネントからページのメタ情報を操作する方法を説明する。(2018/3/30)

想定用途や開発の容易さに違い
「Qlik Sense」と「QlikView」の違いは本当に名前だけなのか?
「Qlik Sense」と「QlikView」にはあまり違いがないように見える。だが導入を検討する企業にとっては、検討すべき重要な考慮事項が幾つかある。(2018/3/28)

Angular TIPS:
Angularでファイルをサーバーに「アップロード」するには?(HttpClientサービス)
HttpClientサービスを使ってサーバーにファイルをアップロードするための基本的な方法を説明する。(2018/3/26)

Angular TIPS:
Angularでサーバーサイドと「非同期通信」するには?(HttpClientサービス)
HttpClientサービスを使ってWeb APIと非同期通信するための基本的な方法を説明する。(2018/3/19)

特集:マイクロソフトテクノロジーの現在と未来:
AIをサポートする「Windows ML」APIと新しい「WebView」の登場で見えてくるもの
機械学習モデルをアプリで活用するためのWindows ML、Edgeベースの新たなWebViewコントロールなど、次期Windows 10に搭載予定の新機能を見てみよう。(2018/3/13)

Angular TIPS:
Angularで自作の「サービス」を定義するには?(@Injectableデコレーター)
既存のコンポーネントからアプリ固有のロジックをサービスとして切り出すための基本的な方法を説明する。(2018/3/12)

Google、AMPの高速化技術のWeb標準化を目指す
Googleが推進するモバイルWeb高速化プロジェクトAMPで得た成果をWeb標準化する取り組みを発表した。この標準に準拠すれば、非AMPコンテンツでもGoogle検索結果でAMP同等に扱われるようになる。(2018/3/9)

Angular TIPS:
Angularで式の値によってメッセージを切り替えるには?(ngSwitch)
JavaScriptのswitch文のように、ある式を評価して、その式の値に応じて、表示するメッセージを切り替える方法を説明する。(2018/3/5)

Angular TIPS:
Angularで「ページング」処理を実装するには?(ngFor/slice)
ngForディレクティブとsliceパイプを使って、ページャー(=ページングのためのリンクリスト)を実装する方法を説明する。(2018/3/1)

Angular TIPS:
Angularで文字列によって表示を切り替えるには?(i18nSelect)
i18nSelectパイプを使って、文字列値によってテキスト表示内容を切り替える方法を説明する。(2018/2/19)

Angular TIPS:
Angularでコンポーネント要素に属性/イベントをバインドするには?(hostパラメーター)
@Componentデコレーターのhostパラメーターを使って、コンポーネント要素そのものに属性やイベントをバインドする方法を説明する。(2018/2/16)

「Webの将来の鍵を握る」技術を推進:
新しいアプリの形になるか――Microsoft、「プログレッシブWebアプリ」に関する取り組みが前進
Microsoftは、「Microsoft Edge」ブラウザのプレビュー版で「プログレッシブWebアプリ」(PWA)の基盤技術の一部をデフォルトで有効にした他、Microsoft StoreでのPWAの提供に向けたロードマップを打ち出した。(2018/2/8)

Angular TIPS:
Angularでコンポーネントからページのタイトルを操作するには?(Title)
Titleサービスを使って、コンポーネントからページタイトルを設定する方法を説明する。(2018/2/5)

Angular TIPS:
Angularでフォームに「チェックボックス」のリストを設置するには?
選択肢の中から複数を選択する「チェックボックスのリスト」を設置するための基本的な方法を解説する。(2018/1/29)

Angular TIPS:
Angularでフォームに「ラジオボタン」のリストを設置するには?
選択肢の中から1つを選択する「ラジオボタンのリスト」を設置するための基本的な方法を解説する。(2018/1/23)

Angular TIPS:
Angularで「フォーム」の状態を監視するには?(ngForm/ngModel)
Angularにより拡張されている標準的な<form>/<input>要素を使って、入力の有無を判定したり、サブミット済みかを判定したりと、その状態を監視する方法を説明する。(2018/1/15)

Angular TIPS:
Angularで入力フォームに「検証」機能を実装するには?(form/input)
Angularにより拡張されている標準的な<form>/<input>要素を使って、検証機能付きの入力フォームを実装する方法を説明する。(2018/1/10)

Angular TIPS:
Angularで複数の「スタイルプロパティ」をまとめて操作するには?(ngStyle)
ngStyleディレクティブを使って、要素に対して複数のスタイルプロパティをまとめて設定する方法を説明する。(2017/12/25)

Angular TIPS:
Angularでコンポーネントに「スタイルシート」を適用するには?(styles/StyleUrlsパラメーター)
@Componentデコレーターのstylesパラメーターを利用してコンポーネントにスタイルシートを適用する基本的な方法を解説。また、スタイルを外部ファイルにする方法も説明する。(2017/12/18)

特集:GitHubを活用しよう:
.NET開発者のためのGitHubリポジトリ検索術
GitHubは開発者にとっては宝の山。そこから情報を得るための検索方法や、.NET開発者なら知っておくと役に立つ(?)リポジトリを紹介。(2017/12/15)

Angular TIPS:
Angularで複数の「スタイルクラス」をまとめて操作するには?(ngClass)
スタイルシートとして定義した複数の対象クラスのスタイルを、任意の要素のclass属性にまとめて着脱できるngClassディレクティブの基本的な使い方を説明する。(2017/12/12)

Angular TIPS:
Angularで数値(単数/複数)によって表示を切り替えるには?(ngPlural)
Angularで数値によってテキスト表示内容を切り替えるための、ngPluralディレクティブの基本的な使い方を説明する。(2017/12/5)

Angular TIPS:
Angularで「条件式」の真偽に応じて出力を切り替えるには?(ngIf/else)
与えられた条件式に基づき要素の表示/非表示を切り替えるngIfディレクティブで用いる、「さもなければ」を意味するelse句と、テンプレートとして別出しするためのthen句の、基本的な使い方を説明する。(2017/11/27)

Angular TIPS:
Angularで「条件式」に応じて要素を表示/非表示にするには?(ngIf)
与えられた条件式に基づき要素の表示/非表示を切り替えるngIfディレクティブの基本的な使い方を説明。また、ngIfディレクティブによる表示/非表示の挙動の特性と注意点も示す。(2017/11/20)

Angular TIPS:
Angularで複数の要素を「繰り返し」出力するには?(ngFor)
配列の内容を順に出力できるngForディレクティブ(=ngForOfディレクティブ)と、ダミーのコンテナー要素(<ng-container>)を使うことで、複数の要素群をまとめて繰り返し出力する方法を説明する。(2017/11/13)

Angular TIPS:
Angularで「配列」の内容を順に出力するには?(ngFor)
配列の内容を順に出力できるngForディレクティブ(=ngForOfディレクティブ)の基本的な使い方を説明。また、ngForディレクティブで利用できる特殊変数についてまとめる。(2017/11/6)

Angular TIPS:
Angularで要素に適用する「スタイルクラス」を操作するには?(Class Binding)
スタイルシートとして定義した対象クラスのスタイルを、任意の要素のclass属性に簡単に着脱できるClass Bindingの基本的な使い方を説明する。(2017/10/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。