ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft PDC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft PDC」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
AIをクラウドからエッジへ Microsoft開発者イベント「Build 2018」を読み解く
米Microsoftの開発者会議「Build 2018」では、近年同社が注力する「Intelligent Cloud」と「Intelligent Edge」の最新動向が語られた。(2018/5/10)

Build 2016:
Microsoftが「会話Bot」に力を注ぐ理由
米Microsoftの開発者会議「Build 2016」で少々予想外だったのが、会話Botや認識コンピューティングに関する発表だ。ITを直接的な生産性向上ツールに限らず、アシスタントとして活用する方向性がより明確になってきた。(2016/4/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「コンピュータとの会話が日常になる未来」を示したMicrosoft
世界的に人工知能が注目を集める中、Microsoftが開発者会議で示した未来のコンピューティング像は「ハードウェアに依存しない、会話でさまざまな問題がスマートに解決する世界」だった。(2016/4/3)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iOS/Androidアプリも巧みに取り込む「Windows 10」でMicrosoft復権なるか?
Microsoftの開発者会議「Build 2015」が始まった。初日の基調講演では、2018年までにWindows 10搭載機が10億台に達するという予測、そしてAndroid/iOSアプリの開発者がWindows 10向けアプリをコード流用で移植できる支援策が強調された。(2015/4/30)

Computer Weekly:
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/17)

Microsoft Build 2014 参加レポート:
開発者が知っておくべき「マイクロソフトの最新技術動向」
.NETアプリのマルチデバイス&クロスプラットフォーム化に力を入れ、OSSと積極的に連携するマイクロソフト。ユニバーサルアプリ、Cortana、Windows for IoT、TypeScriptなどのマイクロソフト技術とともに、Xamarin、AngularJS、Puppet/Chefなどの外部技術も押さえよう。(2014/4/18)

Build 2012:
「日本でもSurfaceを早く展開したい」――Windows 8の開発責任者は語る
Windowsの開発者向け会議「Build 2012」が米Microsoftの本社で開催された。Windows 8とWindows Phone 8を立て続けにリリースした直後の開発者向け会議で何か語られるのか? 現地から本田雅一氏がリポートする。(2012/11/1)

BUILD:
勝手に想像! 開催直前でWindows 8に期待すること
Microsoft主催の「BUILD」が、9月13日から始まる。Windows 8の情報公開を“勝手に”期待するこのイベントで、“なにがどこまで”明らかになるだろうか?(2011/9/12)

パートナー支援は約束したが
MicrosoftがWindows Azureを成功させる条件
Windows Phone開発、料金体系、セキュリティ認定……。Windows Azureのロードマップはいまだベールに包まれている。本気でパートナーに参戦してほしいなら、タイムリーな情報開示が必要だ。(2011/9/2)

MicrosoftはWindows 8搭載タブレットをいつ出すのか(後編)
Dellの製品ロードマップに現れたWindows 8搭載タブレット
Windows 8搭載タブレットはいつ登場するのか? 業界を飛び交ううわさや臆測の中で、Dellの製品ロードマップがリーク。そこには「Windows 8」という文字列が記述されていた。(2011/4/1)

タブレット向けのWindows 8、6月にも披露か
Microsoftはタブレット用のWindows 8について、Appleのようなインタフェース設計のアプローチを取っていると報じられている。(2011/3/2)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
PDC 2010に思うところ
マイクロソフトの開発者向けカンファレンス「PDC 10」を(日本で)見学したオルタナティブ・ブロガーの玉木栄三郎氏が、同イベントの感想と注目点を書いています。(2010/10/29)

Microsoft、Windows Azureで既存アプリを動かせる「VM Role」発表
Microsoftは開発者向けカンファレンスPDCで、Windows Azureの新機能やアプリストアの「Windows Azure Marketplace」を発表した。(2010/10/29)

「Windows 8」はMicrosoftにとって最も危険な賭けになるか?
レイ・オジー氏が退社に当たって披露したビジョンに沿ってMicrosoftが戦略を転換するならば、バルマーCEOの発言通り、次期OSは同社にとって危険な賭けになるかもしれない。(2010/10/27)

Windows 8は超高速起動、アプリストア「Windows Store」搭載のうわさ
MicrosoftはWindows 8で超高速起動やアプリストア、クラウド統合、顔認識ログイン、個人データを維持したままWindowsを実質的に再インストールするリセットボタンを計画しているようだ。(2010/6/30)

「Windows 8」の“社外秘資料”がネットに流布
ネット上でリークされたMicrosoftの社外秘資料らしきスライドによると、Windows 8はタブレット型も対象としており、クラウドと連係するようだ。(2010/6/29)

せかにゅ:
「IE9はHTML5を強力サポート」のうわさ Flashの未来は暗い?
MicrosoftはIE9で、HTML5などのWeb標準への準拠を目指している。IE9を通じてHTML5が普及すれば、Flashのようなプラグインは不要との見方が強まるかもしれない。(2010/3/8)

Windows 8は「まったく違うものになる」――Microsoft関係者が語る
次期版Windowsは、これまでとは大幅に違ったものになるようだ。Microsoftのあるマネジャーは「Windows.next」と呼んでいる。(2010/2/17)

レイ・オジーはMicrosoftをどこに導くのか
オールMicrosoftプロダクツという制約を取り払い、オープンソースを受け入れた新たなモデルを模索するレイ・オジーはいつの日か、尊敬の念を込めて「Azureの父」と呼ばれることになるのだろうか――本稿では、レイ・オジーの戦略を考察しながら、間もなく開催されるTech-Days 2010で注目すべき点について考える。(2010/2/17)

Microsoft、「Windows Azure」の製品版を21カ国でリリース
Windows Azureがすべての国々で正式サービスに移行した。Microsoftは1500億ドル規模に拡大するといわれるクラウド市場に本格的に参入する。(2010/2/2)

Ask The Expert:PDC2009を振り返る
Windows Azure、クラウド、Silverlightの現状と今後
Microsoftのクラウドコンピューティングビジョンは企業に受け入れられるだろうか――。ソフトウェアの専門家にWindows Azureの今後を聞いてみた。(2010/1/7)

Microsoftのクラウド進出、成果は2010年に
MicrosoftはAzureやOffice Web Appsなどのクラウドサービスを2010年に本格的に開始する。MicrosoftはAmazonやGoogleの製品とどこまで競争できるだろうか。(2009/12/25)

Microsoft PDC……?:
サンタモニカでセグウェイに乗ってみた
Microsoft PDCも終わった。せっかくなのでサンタモニカまで足を延ばしたところ、セグウェイのレンタルショップを発見したのだった――。(2009/11/29)

Hadoop Conference 2009 Tokyo Report:
高まるHadoopの導入機運、日本のHadooperが集結
Hadoop Conference 2009 Tokyoに集まった日本のHadooperたち。楽天が、はてなが、NTTデータが、そのほか多くの先進的な企業がこぞってHadoopを使うのはなぜなのか。Hadoopに対する各社の研究開発がつまびらかに語られた。(2009/11/27)

「PDC09」リポート:
Windows 7のロケットスタートでMicrosoftはどこへ向かう?
“Azureが主役”だったPDC09だが、「クライアント・デイ」と呼ばれた2日目では、Windows 7とインターネット周辺サービス技術で着目すべき情報が紹介された。(2009/11/24)

せかにゅ:
Windows 8は2012年リリースか
MicrosoftがPDC 2009で見せたとされるロードマップによると、Windows 8のリリースは2012年に計画されているという。(2009/11/24)

Microsoft PDC Day3:
MSの“クラウド元年”を担う開発者が備えるべきこと
PDCは3日間の日程を終え、参加者は帰途についた。今回のテーマはもちろん、Windows Azureに代表されるように「クラウド」だが、Silverlight 4など、見逃すことができない製品やテクノロジーも含まれていた。3日間のPDCで分かったことを通して、2010年代のIT環境を占ってみた。(2009/11/20)

Microsoft PDC Day2:
“ウルトラセブンのテーマ”で始まるキーノート
2日目のキーノートのテーマ曲は「ウルトラセブン」。日本人にはウケていたが、アメリカ人にはWindows“7”にかけたシャレだと伝わっただろうか……?(2009/11/19)

Microsoft PDC Day1:
ホットな話題は、やはりAzure
Microsoftの開発者向けイベントPDCが開幕。初日注目を集めたのはやはりAzureであった。(2009/11/19)

Microsoft、次期Webブラウザ「IE 9」を披露
IE 9はDirectXを採用し、HTML5やCSS3といった新しいWeb標準に準拠する。(2009/11/19)

「PDC09」リポート:
Microsoftはハイブリッドな戦略で古い殻を脱ぎ捨てる
Windows 7で盛り上がったPDC08から1年。PDC09のキーワードは「Windows Azure」だ。大企業向けと思いがちだが、意外にもSOHOや個人にも関係するという。(2009/11/18)

Microsoft、「Windows Azure」リリース――2010年1月31日まで無料
Microsoftがクラウドサービス「Windows Azure Platform」の正式リリースと、Azure向けアプリストア「Pinpoint」、など関連サービスを発表した。(2009/11/18)

組み込みOSの新潮流 −Windows 7−:
組み込みで使えるWindows 7の新機能トップ7
本稿では、マイクロソフトの販売代理店であるユニダックス主催の「組込みだってWindows 7!! 今日からすぐ使える最新機能 大活用セミナー」で講演を行ったマイクロソフトのセッション内容を基に、Windows Embeddedの製品ラインアップの概要と組み込み分野で使えるWindows 7の新機能について紹介する。(2009/11/10)

Windows 7対応ソフト開発者支援 MSがベクターと共同で
マイクロソフトはベクターと共同で、Windows 7対応ソフトウェアの開発者支援を行う。Windows 7の早期普及につなげる狙い。(2009/8/25)

11月スタート:
Microsoft、「Windows Azure」の概要と料金を発表
AmazonやSalesforceに対抗するMicrosoftのクラウドサービス「Windows Azure」の概要が発表された。(2009/7/15)

UAC、タスクバー、ジャンプリスト
Windows 7の新機能で開発者に求められる設計変更
Window 7での変更は主に外観にかかわるものだが、開発者はβ版を利用して今からプログラムのUIデザインをアップデートしておいた方がいい。(2009/3/4)

Microsoft、Webコンテンツセキュリティ技術「Web Sandbox」をオープンソースに
Microsoftはフレームワーク/ランタイムプロジェクトの「Web Sandbox」をオープンソースで公開した。JavaScriptをサポートするWebブラウザで動作する。(2009/1/29)

特集 マイクロソフトの開発ツール戦略:
次期Visual Studio 2010と.NET Framework 4.0の新機能
2010年前半ごろのリリースが予想される次期Visual Studio 2010と.NET 4。それらに搭載予定の主な新機能や機能強化を紹介する。(2009/1/9)

Microsoftが感謝祭に感謝すべき10のこと
Microsoftはビル・ゲイツの引退に感謝し、Yahoo!のジェリー・ヤンCEOにギフトを贈るべきだ。(2008/11/28)

特集 Windows Azure概説:
Windows Azure/Azure Services Platformとは何か?
ついにマイクロソフトがクラウド世界に本格参入。 技術プレビュー版がリリースされた「Windows Azure」と 「Azure Services Platform」を概説。(2008/11/19)

導入コストの削減に期待:
COBOLをクラウドに入れるMicro Focus
COBOLはPythonやRubyなどの最新の言語と同様、クラウド向けのプログラミング環境の仲間入りをする。Micro Focusでは、企業がCOBOLベースのレガシーアプリケーションをクラウドに移行するのを支援する。まずはMicrosoftの「Windows Azure」に対応する。(2008/11/18)

柔軟な価格体系を導入へ:
MSがSaaS製品の正式版を披露――オンライン版のExchangeとSharePoint
Microsoftは、SaaS向け製品の「Microsoft Exchange Online」と「SharePoint Online」を披露。メッセージングおよびコラボレーションスイートのSaaS版として、Google Appsなどのクラウドコンピューティング製品に対抗する。(2008/11/18)

モデリング戦略の転換点:
Microsoftと「望まれないモデリング言語」
MicrosoftにとってUMLは「望まれない言語」だという。一方で、サポートし、共存していくべき一連の技術の1つとも見られる。Microsoftは相互運用性をシリアスに考えなければならないのである。(2008/11/14)

Windows Azureが最終的に目指すものとは?
Microsoft、仮想化をプライベートクラウドの基盤と位置付け
Microsoftは、ITマネジャーのマインドセットを変えるという困難な仕事に挑戦している。仮想化は、サーバの統合や管理の簡素化のためだけのものではないというのが同社のスタンスだ。(2008/11/12)

口論の行方:
GoogleとSalesforce.com、クラウドコンピューティングでOracleとMSを批判
Web 2.0 Summitのクラウドコンピューティングパネルで、Salesforce.comのマーク・ベニオフCEOがOracleとMicrosoftを痛烈に批判した。一方、Googleエンタープライズ部門のデイブ・ジルアード社長は、「Microsoft Office WebよりもGoogle Appsの方が“おいしい果物”だ」と述べた。(2008/11/11)

Vistaの約束、Windows 7では守られる?
Windows 7で約束された新機能は、MicrosoftがVistaで約束しておきながら実現しなかったものばかりだ。今度こそ約束は守られると信じていいのか。(2008/11/10)

Microsoftのレイ・オジー氏、オープンソースやAzureなどを語る
Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏は、「Microsoft Professional Developers Conference」においてeWEEKとのインタビューに応じ、オープンソースや相互運用性、ソフトウェアモデリング、Windows Azureクラウドオペレーティングシステムなど、さまざまなテーマについて熱心に語った。(2008/11/6)

ミニノートPC向けOSとしてのWindowsの将来は?
Microsoftには、Windows 7をミニノートPCで動かす以外の選択肢はない。Netbookは、今一番勢いのあるコンピュータのカテゴリーなのだから。(2008/11/6)

Google、有料版「Google Apps」の品質保証を拡大
これまで有料版Google AppsでGmail向けに提供してきた、稼働率99.99%保証のSLAをCalendarやDocsなどにも適用する。(2008/10/31)

Windows 7デビュー、その新機能は
Windows 7では「Jumplist」「Device Stage」などの新機能を追加し、電卓などにもリボンインタフェースを取り入れる。(2008/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。