ニュース
» 2009年11月20日 13時06分 UPDATE

Twitter、ジオタグAPIを正式リリース

Twitterがツイートに発信地情報などを自動で追加できる機能のためのAPIを正式にリリースした。

[ITmedia]
geotag ジオタグ機能例

 米Twitterは11月19日、8月に発表したジオタグ機能を実現するためのAPIを正式にリリースしたと発表した。

 サードパーティーの開発者は「Geotagging API」を利用することで、アプリに地域情報に関連した機能を追加できる。対応アプリを使うと、例えば発信したデバイスのGPS機能などによって特定した発信場所がツイートに自動的に追加される。ジオタグ関連機能はオプトインになっており、利用するにはTwitterアカウントの「設定」で「Enable Geotagging」をクリックしておく必要がある。

 既にBirdfeed、Seesmic Web、Foursquare、Gowalla、Twidroid、Twittelator ProなどのTwitterアプリに関連機能が追加されているが、Twitter本体にはまだこうした機能はない。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -