ニュース
» 2009年12月04日 15時21分 UPDATE

依然厳しい国内サーバ市場、規模は5期連続の大幅なマイナス成長に

IDC Japanの調査によると、2009年第3四半期の国内サーバ市場は規模、出荷台数ともにマイナス成長となった。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは12月3日、2009年第3四半期(3Q:7〜9月)の国内サーバ市場の動向を発表した。3Qは出荷金額が前年同期比で18.2%減、出荷台数で同12.6%の減少となるなど、サーバ市場がマイナス成長で推移していることが明らかになった。

 3Qの国内のサーバ市場の規模は1205億円(前年同期比18.2%減)で、5期連続の大幅なマイナス成長だった。出荷台数は13万6000台(前年同期比12.6%減)となり、3期連続で2けたのマイナス成長に陥った。

 製品分野別では、メインフレームがプラス成長になった。富士通とNECで大型案件があったことが要因。メインフレーム以外のサーバは2けたのマイナス成長で、UNIXサーバスーパーコンピュータなどは前年同期比で30%以上のマイナスとなった。

 ベンダー別のシェアで首位を獲得したのは、富士通。メインフレームの大型案件、x86サーバで複数の案件があり、上位6社で唯一のプラス成長だった。2位はNEC、3位は日本アイ・ビー・エムが続いた。

2009年第3四半期 国内サーバ市場ベンダーシェア 2009年第3四半期における国内サーバ市場のベンダーの出荷金額シェア(出典:IDC Japan)

関連ホワイトペーパー

サーバ | メインフレーム | 富士通 | NEC(日本電気)




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ