ニュース
» 2009年12月10日 17時34分 UPDATE

アイケイコーポレーション、アリエルのWebグループウェアを採用

アイケイコーポレーションはアリエル・ネットワークのWebグループウェアを採用し、グループウェア上でワークフローの管理をしていく。

[ITmedia]

 オートバイ買取専門店を展開するアイケイコーポレーションは、情報共有基盤にSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型グループウェア「ArielAirOne Enterprise」を採用した。グループウェアを提供したアリエル・ネットワークが12月10日に発表した。

 アイケイコーポレーションはArielAirOne Enterpriseの導入により、申請、承認、台帳管理などのワークフロー環境をグループウェア上に統合。これまで表計算ソフトで管理していた情報をグループウェアで一元管理できるようにする。

 同社は2003年に他社製品のグループウェアを導入し、数百人規模で活用していた。だが人員増でグループウェアの動作が鈍くなり、業務に支障が出ていた。SaaS型を含む数社のグループウェアを検討し、数千人規模でも利用できる拡張性や直感的に操作できるユーザーインタフェースを評価し、ArielAirOne Enterpriseを採用した。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | ワークフロー




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ