ニュース
» 2009年12月16日 13時54分 UPDATE

トレンドマイクロが企業向けMacにセキュリティ新製品、対応OSも拡充

トレンドマイクロは、企業向けのウイルスバスターでの対応OSを拡充した。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは12月16日、企業向け統合セキュリティ対策製品での対応OSの拡充を発表した。新たにMac向け対策のプラグイン製品「Trend Micro Security for Mac」を22日に発売する。

 Trend Micro Security for Macは、Mac OS X 10.4〜10.6およびOS X Server向けにマルウェア対策やWebセキュリティ機能を提供する。「Trend Micro Client/Server Suite Premium」のプラグインとして提供し、価格は同製品のライセンスに含まれる。ウイルスバスター コーポレートエディションで一元管理ができる。

 また、ウイルスバスター コーポレートエディション 10では、Windows 7(XPモードを含む)とWindows Server 2008 R2(Hyper-V 2.0を含む)、VMware ESX/ESXi 4.0に、中小企業向けの「Trend Micro ビジネスセキュリティ 6.0」では、Windows 7、Windows Server 2008、同R2(Hyper-Vを含む)、VMware ESX 3.0/3.5、VMware Server 1.0.3/2.0.1、VMware Workstation 6.0/6.5へ、1月までに順次対応する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ