ニュース
» 2009年12月16日 18時56分 UPDATE

SaaSでメタボ改善 日立が新サービス

日立製作所は、メタボリックシンドロームの改善を支援するSaaSの提供を開始する。

[ITmedia]

 日立製作所は12月16日、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の改善を支援するSaaS(サービスとしてのソフトウェア)を12月17日に提供すると発表した。

 サービスの名称は「はらすまダイエット/保健指導」。90日間で体重を5%減らすプログラムをネットワーク経由で提供する。利用者は、食事制限や運動などのメニューを決め、実施状況と体重を記録していく。専門の指導者からのアドバイスを10日ごとに受けることも可能。

 価格は個別見積もり。2013年度までに100団体に同サービスを販売する。

 日立では約1400人が同サービスを活用。参加者の約50%が目標体重の達成に成功し、平均では4.7キロの体重減少、サービスの利用継続率は約93%だった。

関連ホワイトペーパー

SaaS | 日立製作所




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ