ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メタボリックシンドローム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メタボリックシンドローム」に関する情報が集まったページです。

医療技術ニュース:
メタボリックシンドロームの未病を科学的に検出
富山大学は、動的ネットワークバイオマーカー理論に基づくデータ解析により、メタボリックシンドロームの未病を科学的に検出した。予防および先制医療への活用が期待される。(2019/7/16)

「ラジエーションハウス」3話 マンモグラフィだけでは見つからない乳がんがある――検査の大切さを訴えた神回
「現実がよくわかった」「検査の予約を入れた」の声。(2019/4/29)

医療技術ニュース:
肥満を調節する新しい酵素を発見、肥満予防に期待
東京大学は、脂質の一種とこれを生合成するL型酵素の働きをマウスを使って調べ、このL型酵素が肥満を調節する新たな酵素であることを明らかにした。(2019/3/4)

意外と知らない:
健康診断と人間ドック、どう違うの?
健康診断は、国が会社に対して実施を義務付けています。しかし定期健診には健康診断と人間ドックの2つがあります。何がどう違うのでしょうか。(2019/2/26)

ランニングにハマっていった女性たち:
「東京マラソンの仕掛け人」に聞く“ブームの作り方”
東京マラソンに構想段階から携わり続け、日本のランニングシーンを作り上げてきた早野忠昭氏に、マラソンブームをいかにして生み出したのかを聞いた。(2019/2/15)

お腹まわりを計測する牛革「スマートベルト」発売
メタボ対策に。食べ過ぎも計測できる。(2018/11/27)

朝食を抜くと太るメカニズム、名古屋大が解明 原因は「体内時計の乱れ」
名古屋大学の研究グループが「朝食を食べないと体重が増える」メカニズムを、ラットを使った実験で解明したと発表。(2018/11/2)

常見陽平のサラリーマン研究所:
なぜか心をざわつかせる「マラソン社員」から何を学ぶのか
SNSを見ていると、「マラソン社員」がたくさんいる。大会に当たった写真を掲載して、実際に走っている写真をアップして、その後の食事シーンも紹介する。そうした人たちから、非ランナーは何を学べるのか。(2018/10/12)

ディルバート(571):
最強。職場のメタボ対策デスク
従業員の健康対策に“ルームランナーデスク”なるものを勧められるボス。確かに、1日に数十キロも走るという“ハムスター並み”に運動できそうですが、職場が別のものに見えてきそうな……。(2018/9/13)

消費者の今を知る:
飲まない若者でも職場の飲み会は重視 縮小するアルコール市場、その活路は?
日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向に。さらには消費されるアルコールの種類も変容している。90年代半ばまではビールが約7割を占めていたが、今では発泡酒やリキュール、その他の醸造酒等が増えているのだ。この市場の活路は?(2018/8/3)

メタボ指導がきっかけ:
大和証券Gが実践、ベテラン社員が活躍し続けるための経営改革とは?
大和証券グループ本社は2008年度から本格的な健康経営をスタート。労働人口が減り続ける中、とりわけベテラン社員の活躍がますます重要になるという課題認識があったという……。(2018/7/12)

女性だけでなく男性も:
すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」
すき家が新作牛丼を発売する。たっぷりのレタスを使用したシャキシャキとした食感が特徴だが、女性だけでなく男性客もターゲットだという。実はすき家は健康を意識した商品開発を進めているが、その背景とは?(2018/5/14)

「おいしくて100キロカロリー」に支持:
大塚食品「マイサイズ」の“ビッグサイズ”な成長
大塚食品の「マイサイズ」が売れている。開発の経緯やこだわり、売り上げが伸びているポイントを担当者に聞いた。(2018/3/12)

都道府県はどこへ向かう:
地域医療構想を3つのキーワードで読み解く
「地域医療構想」に基づいた議論が進んでいる。各都道府県は地域の医師会や医療関係者などと連携しつつ、急性期の病床削減や在宅医療の整備に取り組もうとしているが……。(2017/12/6)

フィットネスのお供に低音マッチョなワイヤレスイヤフォンはいかが? パイオニアとゴールドジムがコラボ
パイオニアブランドから密閉型イヤフォン「E5」(SE-E5T)、およびワイヤレスイヤフォン「E7 wireless」(SE-E7BT)を発表した。IPX4(防沫型)に準拠し、装着性を高めたスポーツ向けのイヤフォンだ。(2017/9/12)

「誰や!パイプ上向けにしたん?」思わぬとこから水が出るドッキリ蛇口を作った大阪の会社を取材した
そっから、水出るんかい!(2017/8/18)

ぽっちゃりニャンコ減量中 体脂肪率とデブ猫愛好家への打率が高い
ねんねこ ころりん すっとんとん。(2017/6/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ニュースリリース(NR)が白状する企業の本質――良いNRはその在り方を表す
ニュースリリース作成力強化は、広報力のみならず、経営力強化にもつながる。(2017/6/15)

あなたの脂肪が地球を救う 消費カロリーの分だけ寄付できるチャリティーアプリがテストユーザー募集中
世界のためにやせよう。(2017/3/9)

医療技術ニュース:
メタボで胆石が増えるメカニズムを解明
東北大学は、メタボリックシンドロームで胆石が増えるメカニズムを、遺伝子改変マウスを用いて解明した。脂肪肝に伴う胆石の病態解明や治療法の開発、ひいては胆のうがん発症予防につながることが期待される。(2017/2/9)

握るだけで身体の状態を読み取る!? ボール型ヘルストラッカー「One X」とは
(2016/12/21)

住めば都? コンビニ暮らし!:
ローソンで1週間ダイエット生活をするといくら掛かって何キロやせるのか検証してみた
コンビニ飯を約700食レビューしてきた筆者がヘルシーコンビニ飯1週間生活にチャレンジしてみました。(2016/12/4)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

仮想環境“健康診断”のススメ【後編】
メタボな仮想化基盤に効く、実績豊富な「健康診断サービス」とは
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。(2016/11/21)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

レベル33で手持ち最強はCP3100のカイリュー ポケモンGOガチ勢の66歳鎌倉市議に話を聞いた
市民の健康促進など、市政に生かす方法を模索中。(2016/10/5)

心がこもった贈り物とは? 敬老の日に渡したいギフト3選
2016年の敬老の日は9月19日。祖父母に贈るものは決まっていますか? 選ぶのに困ったら、長生きのために健康に役立つギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。(2016/9/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ローカル線足切り指標の「輸送密度」とは何か?
「輸送密度が○○人以下の赤字路線」など、赤字ローカル線廃止問題の報道で「輸送密度」という言葉が登場する。この輸送密度という数値の意味は何か。国鉄時代から取りざたされた輸送密度の数値を知ると、現在の赤字ローカル線廃止問題を理解しやすい。(2016/9/2)

セルフサービスBIの「光と闇」(後編):
機能ばかり見ていると、セルフBIの導入は必ず失敗する
さまざまなツールがある中で、どのようにしてBIツールを選べばよいのか。ガートナーの堀内氏は、ツールだけで考えるのではなく、データ活用の体制と業務部門のコミュニケーションがそのカギを握ると話す。(2016/8/24)

歯周病が全身疾患を引き起こす――専門医が語る“本当の怖さ”と対策
かつて「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれた歯周病だが、「もはや国民病といっても過言ではない」状況にあると専門医は指摘する。しかも症状が進むと全身疾患にもつながるという。歯周病の実態と対策とは?(2016/8/19)

これはすごい! 健康に役立つキッチンアイテム
調理家電や食器など、キッチンで活躍するアイテムのうち、健康に役立つものをご紹介します。(2016/7/27)

早稲田大学、メタボリックシンドローム調査アプリ「メタボウォッチ」を開発
早稲田大学が、Appleのオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を活用して、メタボリックシンドロームの大規模調査を行うためのアプリ「メタボウォッチ」を公開しました。(2016/7/19)

たまらないニャ! お役立ち猫ガジェット4選
猫だってガジェットが欲しい。かわいすぎるお役立ち猫ガジェットを紹介します。(2016/7/16)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

5年契約:
通信と人工知能を搭載したマッサージチェアがファミリーイナダから登場
ファミリーイナダのマッサージチェア「ルピナス」は、通信により最新のマッサージプログラムを提供し、ユーザーの体重、血圧、脈拍、筋肉の形/硬さなどからユーザーに最適なモミを提供する、業界初のメディカルチェアだ。(2016/6/30)

医療機器 メルマガ 編集後記:
超高齢化社会の日本を襲う「ロコモ」
発音的にはロコモコ丼っぽくてかわいい感じですが、怖いんです。(2016/6/6)

戦後よりカロリー不足な現代人、真の“健康”とは?
失ってはじめて価値が分かるもの。その1つに「健康」がある。「自分は気を遣っているから大丈夫」だと思っているあなた。その常識、あらためて見つめ直してみませんか。(2016/5/30)

良い仕事は良い食事から? ワーク・フード・バランスとは
食事と仕事のバランス、取れていますか? この機会に見直してみましょう。(2016/5/26)

回し車みたい? メタボな猫にオススメな「キャット・ホイール」
(2016/5/3)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

これがグランプリのお弁当だ 国内最大級の“食べもの”イベント開催
国内最大級の業務用食品、食材、機器、容器の総合イベント「ファベックス2016」が開催された。各ブースで展示されているおいしそうな食べ物を紹介しながら、イベントの様子をお伝えする。(2016/4/15)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28):
今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか
ダイエットシリーズも、いよいよ最終回です。今回は、私が、150日にわたりダイエットを行った結果として得たメリットとデメリットを紹介します。結局のところ、私たちは「ダイエットに失敗する」という運命から逃れられないのかもしれません。それでも、ダイエットに関する情報は日々氾濫し、その市場が縮小することはないように思われます。だからこそ、こう問いかけたいのです。「そのダイエットは、本当に必要ですか?」と――。(2016/3/23)

健診結果を“読み取る”ためのポイント 意味と数値を解説
職場で健康診断を受けた後、しっかりその結果を見ていますか? 中でも、分かりにくい項目を読み解くポイントをお教えします。(2016/3/10)

あの「つば九郎」がアクションフィギュアになって登場 スケッチブックなどのアイテム付きで畜生ぶりを再現可能
2月28日9時6分(ツバクロ)予約受付開始。(2016/2/25)

のり弁は◯◯時代からあった? 気になる発祥とは
Hotto Motto(ほっともっと)がのり弁と牛肉をあわせた商品を展開。今回はのり弁の元祖に迫ってみましょう。(2016/2/23)

福利厚生で遺伝子検査も? 企業のメタボ対策に注目
各企業では、メタボリック対策の福利厚生が実施されています。従業員の肥満解消を促す福利厚生の最新事情とは?(2016/2/22)

ヨーグルトが風邪やインフルエンザ予防に効く理由
風邪やインフルエンザ予防になぜ「ヨーグルト」や「乳酸菌」がおすすめなのか? その理由や効果に迫ります。(2016/2/16)

野菜ジュースは白米を食べる○○分前がベスト!
毎日の生活で栄養を摂取するのに便利な野菜ジュース。ダイエット効果を出すには、白米との関係に気を付けて飲むことがポイントです。(2016/2/1)

どんだけあるの!「○○ダイエット」の歴史をGoogleトレンドで振り返る
過去に流行ったダイエットを、Googleトレンドでそのピークの時期と理由を網羅してみました。「そういえばそんなダイエットあったな……」と懐かしく思うものもあるかもしれません。(2016/1/4)

魚を食べてメタボ解消? 魚の油分が脂肪を燃やすメカニズム、京大が証明
魚に含まれる油分が、脂肪を分解させる「褐色脂肪細胞」の増加を促すことを、京都大学の研究グループが実証した。(2015/12/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。